2015年3月の伝承会。

 3/29(日)は広島伝承会でした。
 次回は4/26(日)になります。場所はアステールプラザを予定しています。会場となる部屋に関しては、当日に受け付け横にある電光掲示板でご確認ください。「筋整流法 伝承会」で表示されると思います。
 参加希望の方や見学希望の方は本部広島道場広島むらもと道場東広島道場のいずれかへ問い合わせください。

 さて実はワタクシ、先月の伝承会は私用でお休みさせていただいてました。なのでブログの方では先月は書いていませんでした。
 でも毎月きちんと開催されてますよ、広島伝承会。
201503広島伝承会

 そして今月は体験施術会の参加者が多かったです。
 広島伝承会の開催される日の午前中には、体験施術会が行われています。腱引きを受けてみたいんだけど、各道場に行くのは難しいという方。もしくはどんなものかお試しで受けてみたいという方はぜひお越し下さい。
 予約制となっております。直接申し込むか、東広島道場へご連絡ください。

 伝承会の方は腱引き師コースの方と診断師コースの方を中心に進んでいきました。いつも行われる前半の動画は肩や脚(膝)の施術を、師匠が行った際の解説つきで視聴。
 「ドコ」が「ナニ」を「ドウシテ」いるのか。その「ドウシテ」の「そもそもの原因」がナニなのか。それを生理学の方面から説明し、解析し、施術することによって劇的な改善を見込めます。
 腱引きはこうして理詰めで考えることのできる、数少ない伝統療法だと思います。
 理論はもちろん、そのための考え方がないと応用というのは効きません。その考え方を教えてもらうことによって個人はもちろん、全体としても進化していくのです。
 療法・療術に興味をお持ちの方、腱引きは習うことができます。ぜひお越し下さい。
 伝承会は見学自由です。

 あと今回ではしっかり「Human Anatomy Atlus」の普及ができたのが良かったです(笑)
 この記事にも書いてあるように、良いアプリです。惜しむらくは日本語に対応していないこと。
 やはり「日本語に対応してればね」という意見は多かったです。でも日本語に対応していないから「買わない」というのはもったいない。3Dモデルを見て確認したりする分には、ぶっちゃけ英語関係ないです。筋肉の名前知りたいとちょっと困るけど(´・ω・`)
 これ、腱引き師必携にしましょう(笑)

 今までとは違う〝何か〟を求めている方。
 「Human Anatomy Atlus」をその目で見てみたい、という方。

 広島伝承会でお待ちしております。
 もちろん、東広島道場でもお待ちしております。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
←ランキング参加しました。

あれは……いいものだ。

 久しぶりに晴れたと思ったら翌日から二日連続で雨模様。
 そして本日は快晴。晴れ間はしばらく続くようです。これで一気に桜の開花が進みそうですね。

 さて、少し前に自分は道具を使わない施術をする手技療法家であり続けたいという記事を書きました。

 手技療法。

 施術そのものに関してはそうなのですが、関連事項に関しては道具に頼ることもあります。
 その一つがお客さんへの説明。
 「どういう状態で不調が起こったのか」「どういった施術をしたのか」「どんなことに気をつければいいのか」……等々、腱引き療法は伝えるということを重視しています。
 腱引きは350年続く武術の活法を源流としており、その考え方は当時のものを色濃く残しています。しかしそれを解剖学や運動学といった観点から検証し、現代の言葉に置き換えて説明できるのが筋整流法の腱引き療法です。
 そこら辺は、サイトのコラムにも書いています。

 その説明で納得できる?

 で、そう言った説明の時に活躍するのがiPadなどのタブレット端末。
 腱引きは筋肉の調整がメインなので「どこの筋肉に原因があったのか」「どの筋肉をどのように調整したのか」などを説明するのに、見せながら説明できる解剖学のアプリは必須と言っていいです。
 特に人体を3Dモデルによる表示ができるアプリがあるので、それを見せながら説明するとお客さんの理解度が深まります。
 理解度が深まるということは結果的にお客さんが自分の体を気にするようになり、体のメンテナンスにも繋がってきます。
 以前は解剖学の本を使って説明していました。解剖学の本には写真や詳細なイラストを用いており、体の各部の説明なども載っていたりします。ただ、そう言った本は高価です。
 自分はそこまで高価な本はもっておらず『ボディナビゲーション』というのを使っていました。この本は非常に良くできており、最初のころに体の構造を勉強をするときに役立ちました。
 ただ、本では見せられる箇所に限界がある。イラスト(or 写真)のある方向からしか見せることができないのです。
 その点、3Dモデルを使った解剖学アプリは360度どの方向からでも見せることが出来ますし、拡大・縮小もお手の物。アプリによってはモーションを備えたものもあり、動きの説明にも非常に便利だったりします。

 最初に使っていた(というか今でも使っていますが)のが「teamLabBody-3D Motion Human Anatomy-
 これは国産のアプリで、筋肉と骨格の3Dモデルが見られます(血管と神経も表示される)。もともと無料で公開されていたweb版(現在は公開終了)があり、そこからiOSやAndroidなどを使ったタブレット端末のアプリとして発売されました。
 動作も軽く使い勝手もよく、このアプリの為にiPadを購入したと言っても過言ではないです。
 お客さんに見せた時の評判もよく、実際にこのアプリを購入された方もいらっしゃるほどです。以前にも記事にも書いたのですが、それがちょうど二年前になります。
 ただ、このアプリは筋肉と骨格がメインで内蔵などは表示されません。将来的にはそういった3Dモデルが実装されるようですが、現段階ではまだ未定。
 腱引きは筋肉の調整がメインとは言え、体というのは全部が繋がっています。ですから内蔵なども見られた方が都合がいい場合もあるのです。

 そんな中見つけたのが「Human Anatomy Atlas – 3D Anatomical Model of the Human Body」というアプリ。
 こちらは内蔵などかなり細かい(なんと皮下包まで!)ところまで3Dモデルで表示されるアプリです。そのぶんちょっと重いですが(^^;) また「teamLabBody」で実装してほしいと思った機能のいくつかが、こちらのアプリでは実装されています。
 例えば必要な部分のみを表示したビューをお気に入りとして登録できる機能。筋肉を表示させた状態でのモーションを見せる機能(課金により見られるようになります)などです。
 このアプリは2007年が初登場なので、「teamLabBody」よりも歴史は長くUI(ユーザーインターフェイス)もよく練られています。解剖学のアプリとしては非常に完成度が高い。
 このアプリに欠点があるとすれば日本語に非対応であることと、アプリの容量が大きく動作が重くなりがちなことくらいでしょうか。
 日本語に非対応であるため、各筋肉の名前や説明は当然のことながら英語です。ですのでその辺りを見ようとすると英語が出来ない人(自分の事です ^^;)は辞書とにらめっこすることになります。
 また体の働きを説明した動画もあるのですが(課金で全部見られるようになります)、それも全部英語です。あとクイズもありますが、それも当然英語(^^;)
 但し、操作そのものは直感的にできるので英語が出来なくても困りません。
 自分は3つのアプリ(「Human Anatomy Atlas」「Muscle Premium」「Skeleton Premium」)が同梱されたバンドル版を購入しましたが、「Human Anatomy Atlas」のアプリ内課金で機能解除したもので十分かもしれません(結局、自分はモーションの機能を課金で購入してそれをメインで使っています)
 「Muscle Premium」「Skeleton Premium」共にそれぞれ筋肉と骨格についてより詳細な説明や多くのモーションがあったりしますが、複数アプリを立ち上げてそれぞれ切り替えながら見るのはちょっと不便です。また、各アプリの容量がそれなりにあるので、切り替え時にアプリの再読込が起きてしまうことが多いです。ただ、これはワークメモリが拡張されたiPad Air2でなら解消されるかもしれません(自分のは第四世代のiPad)
 なのでどこまでの情報を必要とするかによって、買うアプリを考えた方がいいんじゃないかと思います。

 英語アレルギーでないのならば「Human Anatomy Atlas」はオススメしたいアプリです。もちろん、日本語対応で高機能な「teamLabBody」もオススメですよ。
 あ、今回紹介したアプリは全部、iOS版だけでなくAndroid版もあります。なのでiPad以外のタブレット端末をお持ちの方でも大丈夫(必要スペックのせいで対応できない場合もあると思いますが)

 「Human Anatomy Atlas 3D」の実物が見たい方。
 もっといいアプリを知っているよ、という方。

 東広島道場でお待ちしております(笑)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
←ランキング参加しました。

まだまだ寒いですね(´・ω・`)

 まだまだ寒暖の差が激しい日が続きます。みなさん、お体にお気をつけて。

 さて、3/15(日)は久しぶりに東広島運動公園のフリーマーケットに行ってきました。
201503フリマ

 今年初です。そして3月半ばとは言え寒かった(´・ω・`)
 途中、日が照り出すとかなり暖かかったんですが、ほぼ一日中曇りだったのでやはり寒い。昨年末の時よりは暖かかったですけどね。
 そのせいかフリマそのものも、来客が少ない状態でした。
 ところで「東広島運動公園フリーマーケット」で検索して来る方がちょくちょくいらっしゃいます。
 参加が目的なのか買い物が目的なのかは分かりませんが、簡単な説明を書いておきます。

 「東広島運動公園フリーマーケット」の正式名称は「ダイナミックのみの市」と言います。
 毎月開催されるイベントで、東広島運動公園は第三の土日。それ以外にも瀬野川河川敷(海田)と呉ポートピアパークの会場があり、それぞれ第1・第2の土日に開催されます。
 出店受付は当日申し込むタイプ。出店料とスペースの大きさ、車の乗り入れなどは会場によって違いますので出店したいという方は、一度フリマに行って参加受付で話を聞いてみてください。
 ちなみに「東広島運動公園フリーマーケット」は、出店スペースに車の乗り入れができます。あと、骨董関係が多いのが特徴です。

 フリマに出店してみたいんだよね、という方。
 出す方も買う方も得意な、フリママスターだよよいう方。

 東広島道場でお待ちしております。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
←ランキング参加しました。

手技療法。

 3月も半ばになりました。これから三寒四温を繰り返して、月末あたりから桜の開花がポツポツ見られると思います。
 春到来ですね。

 さて、突然ですが腱引きというのは手技療法です。何をいまさら……という言葉が聞こえてきそうですが(笑)
 ではこの手技療法とは具体的に何か、皆さんは言えますか? 文字通り、〝手技〟による〝療法〟なんだろうって?
 身も蓋もない言い方をすればその通り(笑)
 wikipediaの手技療法の項目にもあるように、『器械や道具、鍼、灸などを一切使わずに素手だけで行う。』療法のことです。
 方法としては様々。『「触る・なでる・揉む・叩く・擦る・押す・身体の他動的操作および自動運動とその誘導」など皮膚上からの物理的刺激・心理的暗示』とあるように、色々なアプローチの方法があります。
 共通するのは道具を使わずに、物質的肉体へ働きかけるというものです(ここでの心理的暗示は肉体からのアプローチによるものと見なします)
 自分が『腱引き療法』を選んだ理由の一つが、この手技療法である……ということです。
 手技(道具を一切使わない)ということは、自分の身一つでできるということです。そして場所を選ばない。
 まぁ場所については、ある程度の広さがいるのと、内容によっては寝てもらう必要があるのでラグがあった方がいいてのはありますが(^^;)

 療術に限れば「○○がない(持ってきていない)からできない」というのを自分は言いたくありません。何処にいても、施術ができる状態でありたい。
 もちろん腱引きだって万能ではないので、全ての状況に対応できるわけではありません。それでも、腱引きは多くの可能性を秘めてると思います。その思いはこのブログのタイトルでも主張しています。
 自分の手の届く範囲内であれば、腱引きができる。それは大きな可能性である、と。だから半径82.5センチであっても広大無辺なのです。まだまだ実力不足なのは否めないので、現時点では理想ということではありますが。
 もちろん道具を使う療法を否定しているわけではありません。それに専用の道具がなくても替わりに使えるものがあるのなら使ってもいいと思っています。それこそマクガイバーのように(ちょっと古いか ^^;)
 ただ専用にしろ代替にしろ、その道具がないとそもそも施術ができない――逆に言えばその道具さえあれば施術はできたのに――という状況になるのが、自分は嫌なのです。

 道具というのは効率よくできるように、あるいは素手ではできないことをできるようにするために作られます。
 ですから先にも書いたように、道具を使うことそのものを否定はしません。使った方がいいことだってもちろんあります。
 ただ自分はいつまでも手技療法家であり続けたいな、と思うのです。

 エネルギーワーク系のヒーリングならできます、という方。
 他の手技療法を使っています、という方。

 東広島道場でお待ちしております。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
←ランキング参加しました。

何年経っても……。

 雨が降るとまだ寒いですね。しばらくは朝晩と昼との温度差が出てくる時期です。
 体調管理には気をつけましょう。

 さてここ最近のこと、アカウントだけ残して使わなくなったSNSにインする機会がありました。昔流行っていた某SNS。
 そうすると、昔の日記なんかをおもむろに読み始めたりするわけです(笑)
 以下の写真はその日記の一つに掲載していたもの。
ママチャリハブ

ママチャリチェーン

 これ自転車の部品です。それも所謂ママチャリの。
 1枚目は自転車のハブ軸です。ハブというのはホイールの中心にある部品で、スムーズに回転させるための部品になります。その中心にあるのがハブ軸。
 ハブとリムをスポークという細い棒状の部品で繋いだものがホイールで、これにタイヤを填めて車輪になります。
 二枚目は自転車のチェーンとハブ軸。そしてベアリングの玉です。

 でこの写真を載せた日記を書いたのが約4年前。その時点でこの自転車は購入してから20年が経過しています。
 20年間ノーメンテ。シングルギア用のチェーンが余っていた(ママチャリは変速がないタイプ)ので、チェーンの溝幅とコマ数が合うようなら再利用しようとチェーンを外してみたのが最初。
 するとチェーンが思いの外綺麗だったので「これは」と思い、ハブまで分解したわけです。
 チェーンは一部スムースに動かないコマがあったり僅かに錆びてたりしてますが、それでも綺麗なものです。ハブ軸もグリスでシールドされてたとはいえ錆もありませんでした(おそらくステンレス製)。
 屋根のある場所で保管していたとはいえ、これはなかなか驚異的です。
 現在ホームセンターなどで売っているママチャリ(シティサイクル)は1万円以下のものが多いんですが、当時はママチャリタイプの自転車でも3万~5万の価格レンジ。それなりに良い素材を使って、自転車のパーツは作られていたんだなと思います。
 チェーンの洗浄と注油。ハブのグリスアップ。それだけでも見違えるほどよく走るようになりました。
 それから4年。いたずらでブレーキが切られたりしましたが、今でも現役です。4年間ノーメンテですが(苦笑)
 多分、自分が自転車に乗れなくなるまで使うんじゃないかと思います。ヘタしたら、自分よりも長生きしそうですね(笑)
 これなら中学当時に通学用で使っていた自転車も残しておけばよかった……と当時は(今でも)思ったものです。
 ちなみにこの時、ママチャリを改造しようと思ってパーツをいくつか仕入れていたのですが、結局やらずじまい。機会があればやってみたいですね。

 当時の日記を読んでいて思ったのですが人間の体も同じじゃないのかな。と。
 ろくすっぽメンテナンスしなくても、人間は何十年と動き続けることができます。新陳代謝で回復するシステムがあるとはいえ、それだけ人間の体というのは案外丈夫にできています。
 でもメンテナンスをしてあげることによって、人間ももっと快適に過ごすことができます。
 生きている以上、死というのは避けることはできません。しかしその死の瞬間まで、元気に過ごすことは不可能ではないのです。
 だから体のメンテナンスという考えが、もっと世の中に浸透してくれたらと思います。
 このブログで何度か言っているように、まず自分の体というのを気にしてあげてください。どんな小さなことでもいいんです。健康に直結しないことでもいいんです。
 まずは自分の体を気にする。そこから始めてみてください。それも立派に体のメンテナンスに繋がります。
 そして腱引きで体のメンテナンスのお手伝いをすることができます。

 うちのお客さんで「どこか悪くないと来たらいけない気がする」と言われた方がいらっしゃいます。
 何処に行っても変わらなかった症状が改善すると、それなりに酷い症状でないと来てはいけないと考える方がいらっしゃるのです。
 そんなことはありません。月に1度でも構いません。もしくは数ヶ月に1度でも構いません。
 どこも悪くなくても、体のメンテナンスに来てみてください。
 それが難しいというのであれば、指導した運動をしっかりしてみてください。それだけでも体のメンテナンスに繋がります。
 そして普段から自分の体を気にして「少し変だな」と思ったら来てみてください。きっとアナタの体は常に語りかけているはずです。

 そう言えば最近、体を労っていないなぁという方。
 定期的にメンテナンスできるところを探しているんだよね、という方。

 東広島道場でお待ちしております。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
←ランキング参加しました。
プロフィール

Ko-No

Author:Ko-No
腰痛・肩こり・頭痛・関節痛なんでもござれ。
東広島の腱引き屋です。
猫が好き。自転車いじりが趣味。

ランキング参加しました。
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる