施術メモ:臀部(股関節周り)の怠さ

【プロフィール】
 40代女性。

【来店理由】
 以前より臀部に怠さを感じており、マッサージなどで楽にはなるが改善しきらない。
 また車の運転などで長時間座った状態から立ち上がると、鼠頚部から上に痛みを感じる。

【施術内容】
一回目。
 最初は大腿骨頭と寛骨臼との位置関係を疑い軸調整。長時間座っていて痛みが出ることから、大腰筋の調整を行う。
 歩行時の違和感が減ったところで様子を見てもらうことに。

二回目。
 2週間後に来店。前回の施術後、臀部の怠さはかなり軽減したとのこと。
 立った状態で靴下を履く動作をした際、曲げると左股関節に痛みが出る。また、運転などで長時間座った後もまだ痛みが出る。
 左の大転子位置を調整。大臀筋と小臀筋の調整。この調整で靴下を履く動作で痛みは出ず。
 下腹部の腹直筋を調整。日常動作で動いて貰って下腹部がスッキリした感覚が出たとのことなので様子をみてもらうことに。

【運動指導】
 丹田腹筋運動を指導。腰の筋肉を柔らかくするエクササイズ。

局所的にみれば、この方は股関節の位置ズレを起こしていたのだと思います(特に左側)。
位置ズレを起こしたことで臀筋に余分な緊張が生まれ、固まります。臀部が固い状態で座るなどした場合、股関節を屈曲させる筋肉にも余計な負担がかかります。そうした緊張の連鎖によって筋肉の動きが悪くなった為、臀部の怠さと長時間座った状態からの姿勢の変化で痛みが出たのだと推測しました。
個人的にはこういった背景には腰の筋肉の固さも関わっているのではないかと、最近は考えています。
腰椎近くに触れて歩くと、背筋が歩行に合わせて動いているのが分かります。腰は下からの衝撃を吸収し、上のバランスを取っているのです。
腰の筋肉が固まってしまうとこの衝撃を吸収する動作ができません。すると腰より下の関節(股関節や膝関節、足関節)でバランスを取ろうとします。
今回の場合は股関節に負担が集中して、軸ズレを起こしたのではないかと思います。
ちなみにこの方はピラティスをされておられるせいか、上半身(特に肩を含む上肢周り)の状態は良好でした。


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
ランキング参加しました。
スポンサーサイト

腱引きって痛いよね。

 先週末から続く大寒波。今日で一応の収束はするようですが、また木曜から寒波が来るようです。
 みなさん、積雪での移動は気をつけてくださいね。

 さて「腱引き療法の施術は痛い」というのは、度々このブログでも取り上げています。
 また実際に施術を受けた方でも、腱引きは痛かったといわれる方が多数いらっしゃいます。

 東広島道場では腱引きが痛い理由として「筋肉の状態が悪い(疲労が溜まり過ぎている)」からという説明をしています。
 我々腱引き師はピンポイントで筋肉に触れることができるよう訓練します。指の先で筋を捉えて引くためです。
 また痛みと言うのは、体からの警告です。上に書いたように疲労が抜けきっていない状態の筋肉にピンポイントで触れた場合、体(脳)はその筋肉の状態が良くないことを「痛み」として教えてくれます。それだけ筋肉が刺激に対して過敏になっているんですね。ちなみに、この「刺激に対して過敏」と言うのは、病などで体が弱っている時にも起こります。
 腱引きの施術が痛いのはピンポイントで筋肉に触れている証拠でもあるのです。
 ではこの「筋肉の状態が悪い(疲労が溜まり過ぎている)」をもっと具体的に言うとどういう状態なのか?
 簡単に言うと常に緊張した(緩むことのできなくなった)、酸欠状態の筋肉ということです。

 筋肉というのは縮むことによってその力を発揮します。筋肉にできるのは、この〝縮むこと〟だけです(細かいこと言うと縮むのを〝やめること〟というのもできます)
 そして人間の体というものは相反する筋肉を交互に縮めること(反対の筋肉は縮むのをやめること)によって骨格を動かし、運動というものを行います。
 また同じ動作を続けていると、常に使われる筋肉は発達していきます。筋トレが一番分かりやすいですね。
 それと同時に効率よく筋肉を動かすように神経も発達し、その順序(プログラム)が作られます。

 このように人間は外部環境に適応できるように、その体を〝ある程度〟変化させることができます。
 特定の職業に従事する人が、特徴的な体つきをしているように。スポーツの競技種目によって選手の体型が変わるように。
 人間は必要とされる環境に応じて体を変化させることができるのです。

 それは人間(というか生命全体)のもつ優れた点なのですが、反面デメリットも抱えています。
 例えば以前にも少し書いた「スマホ首」(いわゆるストレートネック)
 上記したように人間は必要とされる環境に応じて体を変化させます。
 「スマホ首」の例で挙げれば、スマホやPCなどの影響で前屈みになって前を見る(首を突き出した状態)を続けます。
 すると人間は特定の姿勢をずっと続けることでそれを維持する方向に筋肉を使います。
 本来であれば首の骨によって支えられてる頭の重さを、首を突き出すことによって骨という〝支柱〟を使わずに筋肉という〝ロープ〟のみで頭の位置を維持しようとするのです。

 生活という〝環境〟によって変化した姿勢(筋肉の使い方)を、今度はスマホやPCを利用しない時でも維持するようになります。
 すると本来はしなくてもよい緊張を首~肩周りの筋肉は強いられます。そうなると肩こりはもちろん、首の緊張にによって血流が悪くなり頭痛まで引き起こしてしまいます。
 これは脳の働きで考えれば当たり前のことで、機能的に間違ったことはしていません。
 脳は常にその時の状態でベストが出せるように、体を調整しています。同じ姿勢を続けていればその姿勢(与えられた条件)を維持するのにもっとも筋肉バランスが取れた状態を作り出します。
 脳にとってはその姿勢が歪んでいるかどうかは関係ないのです。

 ……と、ちょっと脱線しますがここまで読んでこう思った人いません?
 「環境によって脳は体を変えているのなら、脳(中枢)って環境からの刺激(末梢)に支配されてない?」と。
 これは考え方にもよるのですが、一つの真実を突いていると個人的には考えます。脳(中枢)は確かに体の機能を支配しています。恒常性を保てるのも脳が各器官に対して指令を出しているおかげです。
 でもそれは環境であったり体の状態であったり、いわゆる末梢からの入力によって反応しているからとも言えます。
 末梢からの刺激に対して、中枢は変化するための指令を常に出しているのです。逆に言えば体の状態を変化させるには末梢からの刺激が有効と言えないでしょうか?
 もちろん脳内麻薬によって痛みを感じなくさせるなど中枢からのアプローチで末梢からの情報を遮断するということもできます。或いは集中していて呼びかけに反応しない、など。
 ですが末梢からの刺激による反応が、個人的には末梢からみていく腱引きの施術の効果の高さに繋がっているのではないかと思っていますが、またの機会に。

 さて、話は戻ります。
 環境によって変化が常態化した筋肉は、言い換えれば緊張を常に強いられているとも言えます。
 緊張した筋肉は内部の毛細血管が萎縮し血流が悪い状態になります。そして筋肉の血流が悪くなる(これを虚血状態と言います)になると、酸欠がおき発痛物質が作られると言われています。
 この発痛物質がもたらす痛みで、脊髄反射によって持続的な筋緊張を繰り返す(痙攣ですが持続的なので筋肉は固まります)「筋スパズム」を引き起こす可能性もあります。
 特に「筋スパズム」になった場合、筋肉は拘縮しその部分を抑えただけでも痛みは出ます。
 また、筋肉の虚血状態(筋スパズムにならなくても)は痛の閾値が低くちょっとした刺激に対しても痛覚と認識します。
 ですから腱引きの指使いによるピンポイントの刺激は、低くなった閾値を簡単に飛び越え強い刺激(痛み)として感じてしまうのです。

 逆に腱引きによって筋肉の血流が改善されれば、痛みの閾値は上がります。
 実際、うちのお客さんで稲刈りで体を酷使したあと(筋肉の状態が悪い)に来るとすごく施術を痛がりますが、それ以外の時に来たら一定のポイント以外で痛がることはありません。むしろ「痛きもちいい」そうです。

 こうした筋肉の状態を引き起こすのは、もちろん脳からの指令(或いは末梢からの刺激)になります。
 筋肉の緊張を強いているのはあくまで脳(中枢)ということにです。
 しかし最近では違う見方も出ています。
 それは何かと注目される筋膜などの体を覆うコラーゲン組織。
 このコラーゲン組織(筋膜・骨膜や腱など)による筋肉への影響の考え方などは、個人的に腱引きの運動指導に通じる面白い話題ではないかと思います。
 その辺りは次回に。

 痛い施術でも大丈夫です、という方。
 施術が痛いのは嫌だけど少しでも早くよくなりたいという方。

 東広島道場でお待ちしております。


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
ランキング参加しました。

営業開始の挨拶と臨時休業のお知らせ。

 本日(1/4)より、2017年の営業を開始致します。

 私には目指している施術の形というものがあります。
 辿り着きたい境地があります。
 悔しいですが、まだまだそこには至っていません。

 ですから他ではなかなか見かけない腱引き療法に特有の一撃改善をしても、淡々としていることがあります。
 お客さんからしてみれば、自分とのテンションに差があって戸惑うこともあるかと思います。

 しかしそれは私の行った施術に自信がないのではなく、まだその先があると思っているからです。
 施術の可能性もそうですし、私自身もです。

 もちろん一撃改善とはいかず、通っていただく場合も多々あります。そういうときは私の力不足で申し訳ないと思います。
 少しでもよくなるように全力で施術させていただきます。

 これからも精進して行きますので、よろしくお願い致します。

 なお、今月は1/21(土)1/23(月)臨時休業とさせていただきます。
 ご迷惑をおかけいたします。

 寝正月だったから運動不足で体が重いという方。
 今年こそ体をしっかりメンテナンスしていきたい、という方。

 東広島道場でお待ちしております。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━

←ランキング参加しました。

施術メモ:腕の痛み(指先に痺れ。背中の痛みあり)

【プロフィール】
 30代男性。

【来店理由】
 今年の4月に左肘が痛み出し、8月には指に痺れ。10月から左の肩甲骨付近の痛みと腕に神経痛の症状が出る。
 来店時は何もしていなくても痺れや神経痛が出る状態。

【施術内容】
一回目。
 前腕の状態があまり良くなかったので、まずそこから調整。屈筋群を念入りに調整する。
 次に肩甲骨周り→首周りと施術をしていき、最後に肘周りの調整を行う。
 何もしていない状態で痛みはなくなる。力の入れ具合で多少痛みあり。痺れ感はほぼなし。

二回目。
 二日後に来られましたが、翌日の夕方までは問題なし。朝起きたら悪い状態に戻っていたそうです。
 今回は前腕の状態は悪くないので、軽く調整。前回とほぼ同じ調整をして同じくらいの改善までいけたので様子をみてもらうことに。

【運動指導】
 自分でできる、前腕の調整法を指導。
 また二回目の時に上半身が右側に傾いており(調子が悪くなると顕著になるらしい)右腰の筋肉も固まったいたので、筋肉を柔らかくする運動を指導。

この方は防水の職人さんで、以前は前腕の痛みで来られていました。
人間の骨格は関節を通じて運動的な連鎖を起こします。関節を限界まで絞れば、次の関節へ力は伝わります(筋肉による連鎖もありますが、今回は無視)。
逆に言えば関節には〝遊び〟が少しあり、それがクッションになっているということです。
最初の肘の痛みによって、前腕の酷使の影響が肘を通り越して肩(周辺の背中周りの筋肉含む)へと進み、最終的に神経痛を引き起こすことになったのだと推測されます。
今回の件では4月の時点(遅くとも8月の時点)で来ていただいていれば、戻りの少ない改善が期待できたと思います。
現在、三週間は来られていません。状態が酷くなれば来る方なので改善して良い状態が持っているのかもしれません。
しかし少々の不調でも仕事ができれば我慢して働くタイプの方なので、心配でもあります。
年齢に関係なく、普段から体のメンテナンスをするように心がけてもらいたいです。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━

←ランキング参加しました。

歳を〝とる〟? 歳を〝重ねる〟?

 この所、寒い日が続いています。雨が降ったりするとより寒く感じるんですが、今朝は窓に水滴がついていませんでした。
 この時期は、雨の方が暖かいのかもしれませんね。

 さて、最近よくお客さんに言っていることがあります。それは「普段から体のメンテナンスをするのは大事」です。
 と書くと「そろそろ体をメンテナンスしないといけない年齢だから……」なんて思う方もいらっしゃると思います。実際、一定年齢以上のお客さんは前記のようなコトを言われます。
 でも年齢に関係なくメンテナンスをしてもらいたいというのが、こちらの本音です。

 若い頃は回復が早いので、特に何もしていないという人も多いと思います。実際、若ければ新陳代謝も活発で免疫力も高いので、寝るなどの休息だけで回復します。
 そして体も良く動く。でも歳をとればとるほど、若い頃のように動けなくなる。寝ても疲れがとれない。ああ、歳をとる(老化)って嫌だなぁ……。
 しかし若い頃に比べて調子が悪くなっていくのは、なにも老化のせいだけではないんです。

 原因の一つとしてあげられるのが〝体のクセ〟。特に体の〝使い方〟のクセです。
 人間、最初は真っ新な状態で生まれて来ますが、生活をしていくとそれに合わせた体の使い方になってきます。
 最近だとよく言われるのが「スマホ首」いわゆる「ストレートネック」です。
 これはスマホやPCなどの影響で、前屈みになって前を見る(首を突き出した状態)ために起こる障害です。
 人間の体は特定の姿勢をずっと続けると、それを維持する方向に筋肉を使います。
 スマホ首の例で言えば本来、首の骨によって支えられてる頭の重さが首を突き出すことによって骨という構造ではなく首の筋肉(含む僧帽筋)によって頭の位置を維持しようとします。
 それはやがて、スマホやPCを利用しない時もその姿勢を維持するようになります。
 すると本来はしなくてもよい緊張を首~肩周りの筋肉は強いられます。そうなると肩こりはもちろん、首の緊張にによって血流が悪くなり頭痛まで引き起こしてしまいます。

 例としてスマホ首を挙げましたが、こういった体のクセは普通に生活をしているだけでも出てきます。
 よくテレビを見る人は、テレビとの位置関係によって顔や体の向きにクセが出てきます。歩くときに重心が何処か(左右の脚だけでなく、足裏の位置)に片寄ることでもクセがでてきます。
 障害などは起きてなくとも、仕事で特定の動きしかしなければその動きに特化した筋肉が発達します。そして筋肉のバランスによって体の使い方にクセがでてきます。
 そういった体の使い方のクセが体に備わった機能を存分に使ったクセであるならばよいのですが、現代は使うべき機能を使わないようなクセをつけてしまっていることが多いのです。
 ということは本来の機能を使わずに、体に無理をさせているということです。普段から無理な体の使い方をしていれば疲労が蓄積していきます。それも何十年という単位で。
 そして限界が来たとき、故障となって体に表れます。

 体のメンテナンスをするということは、疲労からの回復という効能があります。しかしもう一つの効能として体のリセットというのがあるのです。
 上記のスマホ首の例であれば東広島道場では〝兜返し〟と呼ばれる腱引きの技を使って、筋肉の使い方と頭を位置を正します。つまり首周りのリセットです。
 更には運動指導を行い、自力でリセットする手段を教えます。
 しかし人間、クセというのはなかなか無くなりません。それが何十年も続いたものであれば尚更。
 ですから若いうちから体のメンテナンスをして、体の負担になるクセをなくすようにしてほしいのです。

 「歳を〝とる〟」という言い方があります。多分、多くの人がこの言い方をすると思います。
 ですが私は「歳(年齢)を〝重ねる〟」という言い方の方が好きです。
 「歳(年齢)を〝重ねる〟」とは上記の例でいえば体のクセによって疲労を重ねる……と書くと、あまりいいイメージはわきませんね(笑)
 でも、重ねるのは何も疲労だけではありません。人間は生きていけば〝経験を重ね〟ます。それは誕生日からまた新たに一年が始まるのではなく、今までの積み重ねの延長であると言えます。
 今までの積み重ねという意味では日々の食事もそうですね。食べたものが体を作る。
 そうやって重ねてきた結果が病気や怪我の多い人生ではなくより良いものである為にも、「体のメンテナンス」をしてもらえればと思います。

 イベントや試合。トレーニング後に体のメンテナンスできる所を探しているんだよねという方。
 自分でできるメンテナンスの運動が知りたいという方。

 東広島道場でお待ちしております。

~~ 年末年始の営業 ~~

 12/29 通常営業
 12/30  休業(大掃除)
 12/31  休業
 1/1     休業
 1/2     休業
 1/3     休業

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
ランキング参加しました。
プロフィール

KenbikiNeko

Author:KenbikiNeko
腰痛・肩こり・頭痛・関節痛なんでもござれ。
東広島の腱引き屋です。
猫が好き。自転車いじりが趣味。

ランキング参加しました。
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる