営業時間変更のお知らせ。

 下記日程の営業時間を変更させていただきます。

 9/13(水) 午前のみ営業(~12:00まで)
 9/14(木) 13:00より営業。

 ご迷惑をおかけいたします。
 よろしくお願いいたします。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━

←ランキング参加しました。
スポンサーサイト

腱引き師になりたいと考える方へ。

 朝晩は涼しくなりましたが、日中がマダマダ暑いですね。
 突然の雷雨も多いようですのでお気をつけください。

 さて、一昨日のことですが「腱引き療法について話を聞きたいので時間はとれますか?」というお電話をいただきました。
 話しぶりから施術の希望者という感じではなかったので「どのようなことをお聞きになりたいのですか?」と問うと「筋整流法の施術者(ようするに腱引き師)になりたい」とのこと。
 生憎と23日は所用で午後休業。また翌日の24日は午前休業のため、24日の午後1時からお話を伺う(こちらが話す?)ように予定を組んでいました。
 しかし残念ながらご来店いただけず、予定変更などのご連絡もいただけませんでした。
 同業他社の方なのか療術業とは無関係の方なのかは存じません(予測だけはできます)が、何らかの理由で来店できないのであればご一報いただきたかったというのが本音です(なぜわざわざ、このようなことを書くのかは後述します)

 そんなわけで今回は本日、腱引き療法の学習希望者に話す予定だった内容を書いてみたいと思います。
 腱引きを学ぶ方法は、現在三つあります。
 「本部での集中合宿」「各地で開催される伝承会」「各道場(もしくは有指導資格者)への弟子入り制度」の三つです。
 それぞれの細かい内容についてはリンク先の記事と、その記事でリンクされているものを読んでみてください(下記リンク以下は読んでいただいたことを前提に話を進めていきます)

 合宿もあるでよ。

 ここでは2017年8月現在、腱引きを学びたいという人に向けて三つの中から私が個人的にベストだと思う順に述べたいと思います。

 私が一番お勧めするのは「本部での集中合宿」です。特に、〝本気で〟腱引き療法を学びたいのなら「本部での集中合宿」を一番にお勧めします。
 理由は〝集中〟合宿の名前の通り、ひと月半みっちり〝腱引き漬け〟になることです。また最近はカリキュラムも充実しており、合宿でしか受けられない講義(柳生心眼流講座や医師によるホメオパス講座。薬剤師による漢方講座)などがあることです。
 またひと月半、共に学ぶ仲間と顔を合わせ続けるというのも大きいことだと思います。
 現在、第23期集中合宿の参加者を募集しています。
 金額と時間が許すのであれば、ぜひ「本部での集中合宿」に行っていただければと思います。

 次点が「各地で開催される伝承会」になります。伝承会は定期的に開催されるもので、ほぼ決まった日に開催されるので働きながら学ぶ人でも予定が組みやすいという利点があります。
 また基本的にどの伝承会に出ても大丈夫なので、ちょっとした連休が取れたなら遠方の伝承会に顔を出してみるということも可能です。

 最後が「各道場(もしくは有指導資格者)への弟子入り制度」になりますが、私はこれを個人的にはお勧めしません。
 理由は、受講者が一定の段階まで進むと〝伝承会への参加が必須〟となるからです。それ以外にも弟子入りした場合は、最初の座学で伝承会に参加しますし、試験は基本的に伝承会で受けることになります。
 詳しくはリンク先を読んでみてください。

 2016年1月の伝承会。

 つまり伝承会への参加が可能な環境であるなら「各道場(もしくは有指導資格者)への弟子入り制度」で学ぶメリットは(伝承会参加が必須である限り)薄いと私は考えます。
 但し「各道場(もしくは有指導資格者)への弟子入り制度」を利用してもメリットが大き場合があります。
 一つは基本上級施術士(もしくは診断師)以上のカリキュラムを、合宿のセパレートコースで受ける場合。
 もう一つは弟子入り先の「各道場(もしくは有指導資格者)」が伝承会の〝主催者(もしくは開催者を兼ねている)〟場合です。

 一つ目ですが集中合宿は応募人数によって開催するか否かが決まります。
 ひと月半は時間が取れないが、二週間単位であれば時間が取れる場合、最初からすべてセパレートで受けると次の合宿までにずいぶん間隔が空いてしまう可能性があります。
 それなら合宿に行くまでの間に基本1級(もしくは基本上級)まで取得しておけば、合宿までの間隔をうまく縮めることができます(伝承会のみの参加だと合宿に間に合わない可能性がある)

 二つ目ですが、普段はを弟子入り先で修練することで基本1級(もしくは基本上級)までを伝承会のみ参加よりも短期間で取得。その後のカリキュラム(特に診断師以上)は伝承会で……とシームレスに受けることが可能です。
 2016年より本部主催の伝承会だけでなく個人(道場)主催の伝承会も増えていますので、主催者(もしくは開催者を兼ねている)所に弟子入りすれば伝承会に参加しているのとなんら変わりはありません。
 また、受講生が一人しかいない場合でも伝承会というのは開催可能です。ですから近くに参加できる伝承会はないが道場はある……という場合は一度問い合わせてみると良いかもしれません。但し、コースによっては主催はできても開催はできない場合があるので、費用面などで受講生が一人では伝承会の主催に踏み切れない所もあると思います。

 いずれにせよ腱引き療法を学びたいのであれば(特に療術業に携わる方で自分の施術として取り入れたい方)、集中合宿もしくは伝承会に参加するのが一番だと私は考えます。
 こういった技術は本気でなければ学ぶと言っても長続きしません。東広島道場では今まで三人の方が弟子入りしました。
 最初に弟子入りされた方は、最初の座学で伝承会の参加。その後、1回当道場で受講しただけであとは来ていません。基本2級すら取得していないのです。
 二人の方は基本上級までは取得していただきました。一人は転勤間近の方でしたので、最初から基本上級までを目標としていました。その後転勤先で伝承会などがあれば、診断師以上を受けるということでした。
 もう一人の方は診断師以上は伝承会参加が必須となった時点で、時間が取れないと諦められたようでした。
 一番最初の方は、酷な言い方ですが本気度が足りなかったのではないかと私は思います。

 そして本気度という意味では、冒頭の問い合わせて来た方も足りていないように私は感じました。
 のっぴきならない事情があったのかもしれません。しかし来ないのは(なんらかの理由があるでしょうから)仕方ないにしても、キャンセルの連絡すらないというのははっきり言って非常識です。
 またそういう方が本気で腱引き療法を学びたいと思っているかは、私は疑問に思います。
 もしそれでも「自分は本気で腱引き療法を学びたいと思っている」と主張されるならば、セパレートでも良いので都合をつけて集中合宿に参加されるのが一番良いと思います。

 伝承会や弟子入り制度のように学ぶ側の自由を許容している場合、やはり大きく問われるのは学ぶ側の姿勢です。学ぶ側の自由を許容しているということは、言葉は悪いですが逃げる自由も許容しているということです。
 もちろん一つのことを学び続けるか否かは本人の自由です。学ぶ価値がないから辞めてしまうというのもアリです。
 ただ学ぶ前から中途半端なことをされるようでは、(厳しい言い方ですが)結局中途半端になるのではないかと思います。
 それでも学びたいと少しでも思うのならば、やはりある意味逃げ場のない集中合宿という環境に身を置くのが一番良いと、私は考えます。

 今回はたまたま冒頭のようなことがあったので、このような締めになりました。しかしこれは件の方だけではなく、これから腱引き療法を学びたいと考える方にも知っていただきたいと思います。
 当然ですが、腱引き療法を学ぶ目的はなんであっても構いません。また目指すところが腱引き師でなくても構わないと思います。
 腱引き療法で開業したいのか、新しくメニューとして取り入れたいのか。はたまた開業などはせず、技術として知っておきたいだけなのか……なんでも構いません。
 要は自分の目標を定めて、それに合った方法で学んでいただければと思います。
 その為に情報収集をしたいというのであれば、私でよければいくらでもお話します。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
ランキング参加しました。

営業時間変更、およびお盆休業のお知らせ


 8/9(水) 午前のみ営業(~12:00まで)
 8/10(木) 13:00より営業。

 6/23(水) 午前のみ営業(~12:00まで)
 6/24(木) 13:00より営業。

~~ お盆の営業 ~~

 8/11  ~17:00まで営業
 8/12  休業
 8/13  休業
 8/14  通常営業
 8/15  13:00より営業
 8/16  通常営業

※8/11は予約状況によっては17:00よりも早めに閉める可能性があります。
当日予約の場合は必ず電話にてご確認ください。

 よろしくお願いいたします。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━

回数券という商品(あるいはシステム)

 梅雨が明けて以来、すっかり暑くなりましたね。
 熱中症などにはお気をつけください。

 さて、前回からの流れで回数券について書きます。
 回数券というと、みなさんは〝何の〟回数券を思い浮かべますか?
 このブログを読みに来ているということで整体・治療院などの回数券を思い浮かべる方も多いと思います。
 公共交通機関の回数券を思い浮かべる方もいるでしょう(私はこれです)

 この回数券。経営する側からするとなかなか〝おいしい〟商品となります。なにが〝おいしい〟かというと、まとまった金額の売り上げになるからです。
 回数券はその多くが10回分の料金を先払いすることで1回分無料となるシステムです(中には「5回分の回数券で、1回無料ではなくトータルで支払う金額が割引される」というものもあるようです。ですが今回は10回分で1回無料を例として話を進めます)
 回数券を購入する場合は10回分の売り上げが「その日に」出ることになります。
 東広島道場の基本料金¥4,000を例にあげると、¥4,000x10=¥40,000の売り上げが一度に発生するわけです。
 しかも回数券には有効期限が設けられており、有効期限を過ぎても利用しなかった分の返金は受け付けていないのが普通です(もちろん例外はあるでしょうが)
 つまり回数券は売ってしまえば、「利用する・しない」にかかわらず売り上げが保証される商品(システム)なのです。これって経営側にしてみればかなり助かることです。
 逆に言えば購入者は期限内に最低10回は利用しないと元がとれない計算になります。プラスおまけの1回を利用して初めてお得になるのです。

 こう書くと「回数券って実はお得ではないの?」と思われる方も多いでしょう。「お得」か「お得じゃない」かの二択しか回答がないのであれば「お得」と言えます。
 しかし回数券を「お得」と言うには条件が必要になります。
 ひとつはそのお店を定期的に利用することです。回数券に設定された有効期限内に購入分通うのか? 確実に通うのであれば「お得」になります。
 そしてこれが一番大事な条件だと思うのですが「何か」と比べて回数券の方が「1回分無料」や「料金が安い」などの付加価値があるかです。この「何か」とは「そのお店の通常料金を回数券に設定された回数分払った場合」になります。
 例えば¥4,000の10回分回数券の場合¥4,000x10=¥40,000。付加価値はこの回数券で11回受けられる(つまり1回無料)とします。
 ということは¥40,000で11回受けられるので¥40,000÷11=¥3,637(端数切り上げ)。通常よりも1回辺り¥363(¥4,000-¥3,637)の「お得」ということになります。
 有効期限内に11回通うのであれば確かに回数券は少しだけですが確かに「お得」です。
 逆に言えば、回数券の枚数分使い切らなければ「お得」どころか「損をする」のです。
 なので整体や治療院などで回数券を勧められた場合は即決せずに、よく考えてから購入されることをお勧めします。

 と、ここで「これ計算方法間違ってない?」と思った方いませんか?
 10回分の回数券で11回受けられるのなら¥40,000(¥4,000x10)と¥44,000(¥4,000x11)で比べるべきじゃないの? ならトータル金額で¥4,000まるまる得をしている。
 そう考えた人もいるでしょう。
 更には上記に加え、¥40,000-¥4,000=¥36,000。¥36,000÷10=¥3,600で1回あたり¥400(¥4,000-¥3,600)の「お得」じゃないの?
 という人もいるでしょう。
 どれも間違いではないです。単にどこに注目して「お得」という価値を見いだすか……の違いです。
 前者も後者も受けた回数ではなく、支払う金額に注目した計算方法です。最初にあげた例は11回受けるという回数を主眼にした計算方法になります。

 ちなみに経営側は一番割引金額が大きく見える「1回分無料」か「トータル金額で¥4,000お得」を言ってくるでしょう。
 意地悪な消費者は一番割引額の少なく見える「1回辺り¥363お得」を言うかもしれません。
 でも¥40,000という、トータルで支払う金額には変わりはないのです。なのに「1回分無料」か「トータル金額で¥4,000お得」の方が「1回辺り¥363お得」よりも割引額が大きく感じます。
 この「嘘は言っていない。けど価値観を誘導している」というのはよく見かける手法です。
 整体などの料金はほとんどが言い値です。価格はサービスを提供する側が決めます。
 材料費などはないので原価はありません。単純に技術料と施術にかける時間などがあるだけです。もっというと光熱費や賃貸なら家賃などの経費もありますが、そこまで考えて料金設定をしているところは少ないと思います。
 ですから施術料を高額に設定することもできれば、クーポンなどで初回のみをとんでもなく安く設定してお得感を演出することもできるわけです。
 そして「嘘は言っていない。けど価値観を誘導している」というのは料金に限った話ではありません。
 それはどういうことかと言うと……次回以降に(笑)

 何処に行っても良くならない、という方。
 今までとは違う何かを求めている方。

 東広島道場でお待ちしております。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
ランキング参加しました。

高いか安いか?

 梅雨が明けましたね。そろそろ夏休みに突入という方も多いんじゃないでしょうか?

 さてここ最近、料金について複数のお客さんと話す機会がありました。その会話の中で、改めてブログなどで書いておいた方がいいかなということがいくつか出てきました。
 なので今回は料金(お金)のお話です。 

 料金についてはブログでも何度か取り上げています。

 料金について(カテゴリ)

 東広島道場ではどういった料金システムなのか? ぜひ上のリンク先カテゴリを読んでみてください。
 特に「こちらでも補足。」はしっかり読んでみてください。ブログの記事は2014年のものなので現在とは少し違う部分もあります。
 しかし「割引期間と割引料金」という考え方は変わっていませんので、整体などを料金(というか〝支払うお金〟)で選ばれている方は、しっかり目を通されることをお勧めします。

 単純に1回の施術料金ということで考えた場合、東広島道場の料金は高いのか安いのか?
 料金を設定した私の立場からすると基本料金である「一般 ¥4,000」というのは「安い」と言い切れます。
 ここで言う立場というのは小規模ながら店舗を一つ経営するという立場です。そして施術という「労働力」を提供するという立場です。
 経費を考え、またそれなりの時間をかけて施術(および運動指導)をしていると、お支払いいただく対価としては十分「安い」と考えています。

 では逆にお客さんとしてはどうなのか?
 お客さん自身の考え方(自分の体に対してお金をかけるという意識があるか)にもよりますが、普通は1回¥4,000は「高い」と思われるでしょう。或いは「高い」とまではいかなくても「それなりの出費」と考える方が大多数だと思います。
 そして「高い」と思われた方は恐らく「何か」と比べて「高い」と感じているはずです。
 その「何か」の多くは鍼灸・接骨院やマッサージなど「保険診療」で受診可能なサービスだと思います。或いは「何分いくら」のリラクゼーションと比べて……です。
 もちろんそうじゃないという方もいらしゃるででしょう。しかし「支払う金額」を単純に「高い」と考えた場合は、殆どの方は「何か」と比べています。

 ちなみに、こちらの行うサービスの対価としては「高い」と考える方もいらっしゃると思います。
 東広島道場で提供しているサービスは「施術を行い改善のお手伝いをする」と「運動指導をして改善のお手伝いをする」ことです。
 そういったサービスを受けて「高い」と考えられた場合、残念ながらお客さんの求めていたものと東広島道場で提供しているサービスが合致しなかった場合があります。
 その辺りの話は「YOUは何しに整体へ?」に書いてありますので、記事に載っているリンクと合わせてぜひ読んでみてください。
 最初に書いたように、今回は「料金(お金)」の話をします。

 話は戻りますが私の立場では「安い」と考えていても、お客さんから考えた場合「高い」もしくは「それなりの出費」と思われる方が多いのは承知しています。
 一度の施術で一般に言われる〝完治(もしくは根治)〟……というのは理想です。しかし一度の施術で改善はしても〝完治(もしくは根治)〟に至らない場合というのも多く存在します。
 東広島道場では整形外科的な症状(腰痛や膝痛など)で来られる方が多いのでその症状に限定して言いますが、上記のケースの多くは主訴が慢性の症状であった場合です。
 慢性とは多くの場合、症状が出始めてから3ヶ月(もしくは6ヶ月)以上続くことを言います。
 慢性の症状の場合は1回の施術で改善(もしくは寛解)はできても、また〝戻って〟しまう場合が多いです。
 その理由は「体の使い方やクセ」にあると個人的には考えています。特に「明確な理由が思い当たらず〝気づくと痛みが出ていた〟」という場合は特にそうです。また急性(症状が出始めてから3ヶ月未満)であっても「明確な理由が思い当たらず〝気づくと痛みが出ていた〟」という場合は「体の使い方やクセ」の結果ということもあります。
 この辺りの理由については後日改めて書きますが(本来、このネタで記事を書くつもりでした)、そういった「体の使い方やクセ」を変えてもらうために「運動指導」があると考えています。

 そして筋力の低下や運動機能の低減が問題で指導した運動が上手くできない場合。もしくは「体の使い方やクセ」が強かったりして〝戻り〟が早すぎる場合などは、一定の期間通ってもらう必要があると考えています。
 そこで考えたのが「割引期間と割引料金」という考え方です。これは単純に料金を安くしようと思って考えたのではありません。
 通ってもらうことで指導した運動(セルフケア)ができるように。近い頻度で何度も施術を受けて調整することによって、「体の使い方やクセ」を少しでも早く矯正できるように。
 そのために通ってもらいたいし、実際そういった方は通うことで徐々に良くなっています。
 しかし通ってもらうのに毎回¥4,000というのは負担になります。ですから、通ってもらう場合は一定期間内であれば少しでも安くするために「割引期間と割引料金」というのを設定しているのです。
 逆に言えば一度の施術で日常生活に支障のないくらいの改善(もしくは寛解)し〝戻り〟のない方や、指導した運動をしっかいこなせる方は割引期間内に来店する必要はありません。
 決して続けて来た方がお得」や「低料金」をウリにするために設定しているわけではないのです。
 また、とにかく安い所で整体を受けたいという人の為でもありません。初回は¥6,000で基本はあくまで1回¥4,000ですし、その金額に恥じない施術をしているつもりです。
 あくまで体の状態が酷く、一度の施術では日常生活に支障のないくらいの改善(もしくは寛解)が難しい方の為に設定しているのです。

 なにより割引期間内に来店してもらう回数が多いほど、私は損をしています。
 例えば¥4,000を払って割引期間内にもう1回くれば¥2,000です。トータル¥6,000(¥4,000+¥2,000)で、1回辺りの料金は¥3,000(¥6,000÷2)です。3回くればトータル¥8,000(¥4,000+¥2,000+¥2,000)で、1回辺りの料金は¥2,667(¥8,000÷3 端数切り上げ)です。
 仮に割引期間を設定していない場合2回くれば¥8,000で3回くれば¥12,000。2回で25%。3回で33%の損をしているのです。
 それでもこの料金システムに拘っているのは、体の状態が酷い方はできるだけ多く通ってもらい少しでも早く良くなってもらいたいからです。
 では「体の状態が酷い方は割引期間を無くしてもっと安い料金設定にすれば良いじゃないか」という意見もあるでしょう。
 しかしそれは残念ながらできません。なぜなら、私が生活していかなければいけないからです。
 この料金システムは東広島道場を始める際に悩みに悩んで決めた料金システムです。
 そのことについては以前ブログにも書きました。

 「価値観。

 リンク先と合わせて読んだ上で、料金システムについてはご理解いただければと思います。
 今後、この料金システムを見直すこともあるでしょう。しかしその時は、今よりも「安く」なることはないと断言させていただきます。
 ちなみに今回、お客さんとの会話の中で「回数券」の話が出てきました。「回数券」というシステムと比べても、東広島道場の料金システムは「安い」と断言できます。
 というか「回数券」って経営側が得するだけで、購入したお客さんにはたいしたメリットはありません。
 せっかくですから、次回はそのことについて少し書いてみます。

 何処に行っても良くならない、という方。
 本気で良くなりたいと考えている方。

 東広島道場でお待ちしております。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
ランキング参加しました。

検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

KenbikiNeko

Author:KenbikiNeko
腰痛・肩こり・頭痛・関節痛なんでもござれ。
東広島の腱引き屋です。
猫が好き。自転車いじりが趣味。

ランキング参加しました。
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる