♪なのに~ なぜ~

 10月も終わりますね。今年も残すところあと2ヶ月。
 残りも張り切っていきましょう!

 さて先日のこと、興味深いキーワードで検索を掛けている方がいらしゃいました。
 そのキーワードは「腱引き なぜ」
 なんでこのキーワードが興味深いかというと「なぜ」の後がないからです。このキーワードだと「なぜ」に続く部分が色々と想像できて、思わず妄想してしまいます(笑)
 東広島道場のサイトで検索者の望んだ情報が得られたかは分かりませんが、ここでちょっと「なぜ」に続くキーワードを想像してみたいと思います。

●「腱引き なぜ 痛い」
 よく「腱引き 痛い」というキーワードがあるので、真っ先に思いつくのがこれ。「腱引き 痛い」に関しては、以前にも記事にしましたが、この時は「腱引き(という部位が)痛い」という解釈で書いています。

 腱引き〝が〟痛い? 腱引き〝は〟痛い?

 また「腱引き(という施術が)痛い」と解釈することもできます。腱引きは施術者のスタイルにもよりますが、基本的には少しだけ痛い施術になります。その理由も以前記事に書いています。

 実は……痛いんです。
 
 どちらにせよ「腱引き」と「痛い」はセットのイメージが強いですね(笑)

●「腱引き なぜ 効く(のか)」
 このワードで検索する人は少ない気がしますが、腱引きを受けて劇的に改善した人や施術を目の前で見た人。公開されてる動画を見た人なんかはこれで検索をかけてくるかもしれないですね。
 簡単に言えば、やはり痛みの原因となる筋肉(スジ)へのアプローチであるから。
 ただ、筋肉へのアプローチということであれば、他の療法でも見られる方法です。マッサージなんかはそうですね。
 じゃあ、そういった療法と何が違うのか……その辺のコトも以前記事に書いていますので、よかったら読んでみてください。

 11月になりまして。

●「腱引き なぜ 引く(のか)」
 腱引きは〝揉む〟のでも〝押す〟のでもなく〝引く〟という独自の技術になります。ではなぜ〝引く〟のかというのは、上の「効くのか」と重なる部分がありますので上のリンク先を読んでみてください。
 それ以外の、作用ではなく文化的な背景から引く理由を考察したものがこちら。

 〝ひく〟という文化。

 あくまで個人の考察ですので、話半分に読んでください(^^;)

●「腱引き なぜ 古武術(なのか)」
 腱引きは柳生心眼流という古流武術の活法でした。そのことは柳生心眼流の島津兼治先生とうちの師匠との対談で明らかになっています。
 その模様は『実践 武術療法』という本の中に収められていますので、興味のある方はぜひ。
 古武術の活法ということで「殺活自在」。武術なので〝活殺〟よりも〝殺活〟で殺すという方が先、つまり「殺すことができるから活かすことができる」というのが根底にあります。
 さすがにもうそう言う時代ではないので、腱引きの技を現代でも合うように改良したのが『筋整流法の腱引き療法』になります。

 ちなみに「殺活自在」のことは総合格闘家で漫画『グラップラー刃牙』のモデルでもある平直行氏が詳しいです。氏は『やわらぎらぎメソッド』という古武術を元にした施術法を確立しており、このやわらぎがまさしく「壊せるから治せる」を体現しています。

●「腱引き なぜ 知られていなかったのか」
 腱引きは一度消えかけた療術です。一説には治りすぎて生業として成り立たなかったと言われています。そして知る人ぞ知る……という療術でした。
 今でこそ情報化の時代ですし、交通機関が発達した時代です。ですから良いと聞けば遠くからでもやって来る人はいます。
 しかし昔は自分の住む(それも極狭い)地域の人たちを改善してしまえば、それでおしまい。人は動けるのなら少々調子が悪いくらいでは我慢してしまいます。そうなってくると生業としては成り立たなくなるし、跡を継ぐ人間もいないので衰退していきます。
 もともと武術の活法から来てますから通常習うなら殺法とセットです。そして活法は秘伝になりますから、普通は最後の最後まで教えてもらえない技術です。そうなると武術で立身出世の時代ではないので習う人ももっと減ります。
 活法である腱引きのみを教えてもらえた師匠の師匠(小林先生)は珍しい事例だと思います。

 350年という歴史を持ちながら、腱引き療法が世に出てまだ4年です。
 しかしこの4年間で全国に施術を受けられる場所が増え、徳島大学との共同研究も始まりました。また腱引きを認め習得した現役の西洋医師もいます。NHKの『グレートトラバース』という番組の中でも取り上げられました
 腱引き療法はこれからもっと注目されていくだろうと思います。そして腱引きを騙った療術・療法も出てくるだろうと思います。

 腱引きに似た技術というのはまだどこかでひっそりと伝わっているかもしれませんし、それを伝承した方もいらっしゃるかもしれません。
 またご自身の臨床経験から、腱引きのように筋肉(スジ)の捻れやズレに対するアプローチが有効と気づいた方もいらっしゃると思います。
 それならばなにも腱引きを名乗らずに、学んだ技術や自ら確立した理論を誇ればよいと思います。
 本で、DVDで知った(学んだ)。腱引きに似た施術を昔に受けたことがある(学んではいない)……などなど、色々な理由で腱引きを名乗る方がいらっしゃるようです。
 でも腱引きじゃなくったって、結果が出てるならばそれでいいじゃないですか。こじつけて腱引きを使わなくてもね。(長唄にも唄われたぐらいですから療術としての〝けんびき〟〝けんぺき〟は他にもあったかもしれませんが)

 なんて、まだまだ未熟な自分が偉そうに言うのもアレですが(^^;)

 「なぜ」の後に続くことばを思いついたよ、という方。
 〝腱引き療法〟に興味(受ける or 学ぶ)が出てきたよ、という方。

 東広島道場でお待ちしております。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━

←ランキング参加しました。
FC2 Management

【動画】膝の施術に関しての対談。

 実際に膝の施術を受けた方との対談動画です。
 何処に行っても良くならなかった膝が改善への一歩を踏み出した瞬間と、その後の話を聞ける貴重な動画です。
 「対談2」の中で、師匠がさりげに重要なコトを言ってます。
 このブログを訪れてくれた方の中には、腱引きに興味を持った療術業の方もいらっしゃると思います。そういった方はぜひ傾聴してみてください。





 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━

←ランキング参加しました。

2014年10月の伝承会。

 10/26(日)は広島伝承会でした。
 次回は11/30(日)になります。場所はアステールプラザ4F、美術工作室を予定しています。当日は受付横の電光掲示板にてご確認ください。
 参加希望の方や見学希望の方は本部広島道場広島むらもと道場東広島道場のいずれかへ問い合わせください。

 と、伝承会の話に入る前に……。
 ついにやりましたね、田中陽希さん! 百座登頂。自力による日本百名山走破完了です!
 最後の百座がある利尻島まではカヤックでの移動。歩いて移動もすごいんですが、海峡を人力で移動ってホントこの方はすごいですね。
 東北からゴールまでの模様は11/22放送の番組で明かされるはずです。どんな冒険や出会いがあったのか、今から見るのが楽しみです。
 田中陽希さん、ひとまずお疲れさまでした。
 しばらくはゆっくり休んでください。

 さて今回の伝承会では腱引き師コースが3名となり、新カリキュラムでの講座となりました。
 新カリキュラム前に腱引き師になった我々にも初体験となる講習内容です。
 腱引きの技について、生理学の見地から解明された腱引きが効く理由なども説明。より詳しく学べるようになっています。
 これだと何が良いのか? 習った側もきちんとした説明ができる……というのが良いのです。
 そのあたりのことは、以前の記事にも書いています。

 架け橋になれる?
 2014年7月の伝承会。

 案外見落とされてますが、ちゃんと説明できるというのは大事です。なぜ不調が起こったのか。その不調を改善するために何をしたのか。そして何をすればいいのか。
 腱引きが効くのには理由があります。350年という歴史の中で培われた臨床と、現代の言葉に訳した理論があります。
 このブログにある動画は全て師匠が施術を行っています。肩の調整をしている一連のシリーズは、秋田の医師に講習を行いながらの施術になっています(ですから一部音声を消去しての公開です)
 現役の医師がその場で見て・聞いて納得できるだけのものが腱引きにはあるのです。

 また今回は基本一級の合格者がでました。おめでとうございます。
 腱引きはまだまだ先があります。これからもっと楽しくなるので頑張ってください。

 腱引きに興味のある方はぜひ、伝承会までお越し下さい。見学は自由です。
 そして午前中には体験施術会も行われています。
 今回はうちのお客さんも二名ほど師匠に見ていただきました。初見であるにも関わらず、相手の状態(自分は何度か施術し、お客さんと話しながらようやく知った症状など)を見抜いてしまう師匠はさすがです。
 自分はまだまだ師匠の域には遠いですが、やはり目指すべき頂はここです。
 そしてやはり自分は師匠の腱引きが学びたいんだ、ということを改めて感じた伝承会でした。

 今までとは違う〝何か〟を求めている方。
 何処に行ってもよくならなかった、という方。

 広島伝承会でお待ちしております。
 もちろん、東広島道場でもお待ちしております。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
←ランキング参加しました。

見事な秋晴れ。

 台風19号が去って以来、秋晴れの天気が続きました。
 今週からは天気も下り坂になるみたいですね。

 さて10/19(日)は東広島運動公園のフリーマーケットに参加してきました。
運動公園フリマ201410-1

 天候に恵まれたこの日はお昼前が、一番賑やかでした。
運動公園フリマ201410-2

 アリーナではジュニアバレーボール大会の東広島予選。
 武道場で午前中に合気道の講習会。午後からは空手の講習会。
 あと予定表だと、サッカーや野球の中学生の大会が行われていたようです。

 肝心のお客さんに関しては、腱引きの方はそれほどではありませんでした。
 しかし皆さん興味がるのか、立ち止まる人は多数。声かけさせていただいたのですが、実際に受けるとなると躊躇ってしまう方が多いようでした。
 イベントでは限定お試しでワンコイン施術をしております。
 お試しですので改善を目的とはしませんが、お試し故の気軽さがあります。興味がおありでしたらぜひ受けてみてください。
 当日施術させていただいたお客さんとお話したのですが、東広島は総人口に対して接骨・鍼灸・整体・マッサージ・カイロといった療術業のお店が多いです。個人的には、病院も多いくらいだと思います。
 どこがいいのか分からない、というというのがお客さんの感想でした。
 口コミや紹介、ネットで調べるというのもいいのですが、もう一つこういう機会に受けていただければと思います。そして良いと思ったら、本格的な調整を受けに来て下さい。
 そのためのお試しワンコイン施術なんですから。

 特に長い間通っているけど良くならないという方。お試しで良いので腱引きを受けて見て下さい。短時間での施術ではありますが、僅かな施術で変わっているのに気づくと思います。
 例え施術直後は大きな変化を感じなかったとしても、しばらくすると調子が良くなる方も、今回は数名いらっしゃいました。
 来月は土曜日のみの開催なので東広島道場は参加しませんが、再来月以降に機会がありましたらぜひ受けてみてください。

 あと、来月は『板鍋山登山マラソン』に出店させていただきます。
 当日参加される方や、お近くまで来られる方はお試しワンコイン施術を受けてみてください。

 どこに行っても良くならなかった、という方。
 本気で良くなりたいと思い、治療院へ通い続けている方。

 東広島道場でお待ちしております。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━

←ランキング参加しました。

【動画】五十肩の調整。

 前回に引き続き、五十肩の施術動画です。
 動画にもあるように、秋田の医院で師匠の解説付き施術の模様になります。
 このように腱引き療法では現役の医師がその場で見て・聞いて・納得できるだけの理論構築と体系化ができています。



 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━

←ランキング参加しました。
プロフィール

Ko-No

Author:Ko-No
腰痛・肩こり・頭痛・関節痛なんでもござれ。
東広島の腱引き屋です。
猫が好き。自転車いじりが趣味。

ランキング参加しました。
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる