施術メモ:脚の痛み(長時間立てない・歩けない)

【プロフィール】
 70代女性。

【来店理由】
 長時間立つことができず、少しでも長く歩くと右脚(臀部~下腿)に痛み。
 病院にて脊柱管狭窄症と診断。手術をするが改善はせず。
 ブロック注射なども効果はなし。

【施術内容】
 左腰部の筋肉が固く、側湾の症状あり。

 腰部の筋肉を柔らかくするための施術。左脚の股関節の軸調整と各関節部分の調整。
 浮腫みもみられたので、浮腫みの除去。
 痛みは消えて歩行の問題なくなったので様子をみてもらうことに。

【運動指導】
 腰部の筋肉を柔らかくする運動。股関節の状態を保ってもらうための足踏み運動。
 浮腫みをとるためのセルフケア。側湾症に対するストレッチを指導。

この方は前回の記事のお客さんと症状はほぼ一緒です。違うのは前回の方が痛みの主訴が右脚にあったのに対し、この方は左脚であることぐらいです。側湾の症状も左腰部の筋肉の固さも同じでした。
ただ、こちらのお客さんの方が症状の年季が入っているため、触診での見立てはこちらの方が酷い状態でした。
施術に関してもほぼ同じものを行います。脚部の施術が右か左かの違いのみです。運動指導もしかり。
上記したように、このお客さんの方が状態は酷いので改善しきるまでに時間はかかると思います。
前回も今回も、症状の改善という意味では一度の施術で可能です。しかし良い状態を維持していくためには不調を引き起こした体の〝クセ〟を変えていただく必要があります。
でなければ短期間で〝戻って〟しまいます。それは今までの体の使い方によって局地的に無理がきていたからです。慢性症状で明確な原因が思いつかない場合、疲労という負債が溜まって最終的に今の状態になったと思ってください。


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
←ランキング参加しました。
スポンサーサイト

施術メモ:脚の痛み(長時間立てない・歩けない)

【プロフィール】
 70代女性。

【来店理由】
 長時間立つことができず、少しでも長く歩くと右脚(臀部~下腿)に痛み。
 病院にて脊柱管狭窄症と診断。手術をするが改善はせず。

【施術内容】
 左腰部の筋肉が固く、側湾の症状あり。

一回目。
 腰部の筋肉を柔らかくするための施術。右脚の股関節の軸調整と各関節部分の調整。
 浮腫みもみられたので、浮腫みの除去。
 痛みは消えて歩行の問題なくなったので様子をみてもらうことに。

二回目。
 約3週間後に来店。前回の施術の翌日から痛みの戻りはあり。
 今回の施術もほぼ前回と同じ。但し、施術をした感じでは脚の状態などは悪くない。
 痛みが消えたので、様子をみてもらうことに。

【運動指導】
 腰部の筋肉を柔らかくする運動。股関節の状態を保ってもらうための足踏み運動。
 浮腫みをとるためのセルフケア。側湾症に対するストレッチを指導。

この方の場合、脚の痛みの一番の原因は浮腫みではないかと思います。ですので脚の痛みのみを取り除くのであれば浮腫みの除去で事足ります。
つまり脊柱管狭窄症は直接の原因ではなかったと推測できます。実際、手術によって脚の痛みはなくなっていません。
しかしこの方は側湾の傾向にあり、左腰部の筋肉が固く、右腰部は若干の固さはあるが左よりは柔らかい状態です。
この側湾の症状が手術以前からなのかは分かりません。ですが筋肉の状態から腰による衝撃の吸収やバランスの維持が難しいため、腰より下の関節でバランスを取る必要があります。それは脚部で無理をしているということです。
この方の場合は、左脚よりも右脚で体を支え・歩くことが多かったので負担がかかり浮腫みが酷くなったのだと推測されます。
方針としては腰部の筋肉の柔軟性を取り戻し、少しでも脚部の負担を減らすことです。理想は側湾の改善を目指すことです。その為には施術に来ていただくのも大事ですが、指導した運動を少しずつでいいから続けていくことです。
それにより施術後の良い状態を維持できるようになります。
東広島道場ではお客さんと協力して早期の改善を目指していきます。


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
←ランキング参加しました。

施術メモ:腰の痛み(姿勢から来る痛み)

【プロフィール】
 40代男性。

【来店理由】
 連絡をいただいた時は、ご本人はぎくり腰と言っておられました。
 しかし来店は自転車で。歩行も典型的なぎっくり腰とは遠い状態でした。

【施術内容】
 基本施術と腹筋の調整をメインに。
 お腹を突き出す姿勢により骨盤がひどく前傾していたので、その修正。

【運動指導】
 丹田腹筋運動と姿勢の指導。

この方はかなり痩身なのですが、お腹を突き出すような姿勢(極端に言うと前に向かって「く」の時)のため腹部がポッコリ出ているような印象を受けました。
またそれに伴って骨盤がひどく前傾しており、強度の反り腰になっていました。
よくぎっくり腰になるとのことですが、それはぎっくり腰というよりも姿勢の悪さからくる慢性痛ではないかと推測しました。
腰に限らず姿勢などによって局部的な負担が起こっている場合、その場所は休む間もなく活動している状態です。
働き続けると体を壊すのと同じように、筋肉が疲労から回復できなければなんらかの障害を起こしてしまいます。
「よくぎっくり腰になる」という方や「長時間働く(立ってでも座ってでも)と夕方以降に痛みが出る」という方は、姿勢も気にしてみるとよいのではないかと思います。


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
ランキング参加しました。

施術メモ:肩の痛み(後ろに回すと痛い)

【プロフィール】
 30代男性。

【来店理由】
 肩の痛み(左肩)を感じ、他の整体院へ。
 四十肩ではないかと言われ通院するが改善具合が芳しくないので当店へ。

【施術内容】
 まず前提として「腕を伸ばしたまま後ろに回す(肩の伸展位)と痛い」「前方や横から腕を上げるなどの動作はできる」。
 そして「痛くなる前に、左側臥位で頭を腕で支える(いわゆる涅槃のポーズ)」をとって長時間タブレットを操作していた、があります。

一回目。
 腱引きの考える四十肩・五十肩のチェックポイントに引っかからなかったので、四十肩・五十肩ではないと推測。肩と体幹を連絡する筋肉(前方と後方の筋肉)を中心に調整。
 痛みは消えたので様子をみてもらうことに。

二回目。
 半月後に来店。前回の施術後、一週間はなんともなかったとのこと。
 その後、痛みが再発し始める。痛みの度合いが酷くなったので来店。
 前回は痛い動作をした時に全体的に痛いと感じていましたが、今回は後ろ側が主に痛いとのこと。
 触診で大円筋・広背筋の上腕骨に付着する辺りに強いつっぱりを感じたのと、痛みは肩の伸展位で出るためこの二つの筋肉を調整。また烏口腕筋に固さがあったので、その部分を調整。
 つっぱりも消え、痛みもなくなったので様子を見てもらうことに。

【運動指導】
 腋窩側の筋肉に対するセルフケアを指導。

前提にあるように通常動作は可能であることから、一般的に言われる四十肩や五十肩ではないと推測しました。
 腱引きには四十肩・五十肩と病院で診断された人に対して行う肩上げの施術があります。施術前の検査だけでなく、施術をする際も細部をチェックしながら行います。
 実際、このお客さんはそのチェック項目にも引っかからなかったので、一般的に言われる四十肩ではないと思います。
 今回の原因は涅槃のポーズを長く続けることによって、左腋窩の筋肉が伸ばされすぎてしまい常に筋肉が無駄に緊張していまった為ではないでしょうか。
 恐らく上記のポーズの時、肘をつく位置が通常よりも遠い位置にあったのだと推測されます。
 そうなることで上腕骨に付着する、体幹からの筋肉(今回は特に大円筋や広背筋)が必要以上に伸びまいと筋紡錘を働かせ、通常の長さにもどることができない(緊張したまま)状態になります。
 また大円筋や広背筋の上腕骨の付着部位の緊張が、筋肉全体というよりは細い筋のようなつっぱりだったので、筋肉というよりは筋外膜の緊張ではなかったのかと推測されます。
 筋外膜は筋肉を包む膜組織です。この膜は瞬間的な張力には強い抵抗を示します。しかし長時間、張力をかけ続けると変形してしまします。
 そして膜が強く引っ張られることによって中身の筋肉は動きを制限させられます。
 今回の場合で言えば、通常よりも肘位置の遠い状態で涅槃のポーズをとり続けたために筋膜の変形も起きたのでしょう。
 また大円筋や広背筋は、肩の伸展に関係する筋肉です。筋膜のつっぱりによって緊張方向に制限させられたため、肩の伸展で痛みが出たのだと思われます。
 この変形は可逆性なので、調整によって元の状態へ戻すことは可能です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
ランキング参加しました。

施術メモ:臀部(股関節周り)の怠さ

【プロフィール】
 40代女性。

【来店理由】
 以前より臀部に怠さを感じており、マッサージなどで楽にはなるが改善しきらない。
 また車の運転などで長時間座った状態から立ち上がると、鼠頚部から上に痛みを感じる。

【施術内容】
一回目。
 最初は大腿骨頭と寛骨臼との位置関係を疑い軸調整。長時間座っていて痛みが出ることから、大腰筋の調整を行う。
 歩行時の違和感が減ったところで様子を見てもらうことに。

二回目。
 2週間後に来店。前回の施術後、臀部の怠さはかなり軽減したとのこと。
 立った状態で靴下を履く動作をした際、曲げると左股関節に痛みが出る。また、運転などで長時間座った後もまだ痛みが出る。
 左の大転子位置を調整。大臀筋と小臀筋の調整。この調整で靴下を履く動作で痛みは出ず。
 下腹部の腹直筋を調整。日常動作で動いて貰って下腹部がスッキリした感覚が出たとのことなので様子をみてもらうことに。

【運動指導】
 丹田腹筋運動を指導。腰の筋肉を柔らかくするエクササイズ。

局所的にみれば、この方は股関節の位置ズレを起こしていたのだと思います(特に左側)。
位置ズレを起こしたことで臀筋に余分な緊張が生まれ、固まります。臀部が固い状態で座るなどした場合、股関節を屈曲させる筋肉にも余計な負担がかかります。そうした緊張の連鎖によって筋肉の動きが悪くなった為、臀部の怠さと長時間座った状態からの姿勢の変化で痛みが出たのだと推測しました。
個人的にはこういった背景には腰の筋肉の固さも関わっているのではないかと、最近は考えています。
腰椎近くに触れて歩くと、背筋が歩行に合わせて動いているのが分かります。腰は下からの衝撃を吸収し、上のバランスを取っているのです。
腰の筋肉が固まってしまうとこの衝撃を吸収する動作ができません。すると腰より下の関節(股関節や膝関節、足関節)でバランスを取ろうとします。
今回の場合は股関節に負担が集中して、軸ズレを起こしたのではないかと思います。
ちなみにこの方はピラティスをされておられるせいか、上半身(特に肩を含む上肢周り)の状態は良好でした。


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
ランキング参加しました。
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

KenbikiNeko

Author:KenbikiNeko
腰痛・肩こり・頭痛・関節痛なんでもござれ。
東広島の腱引き屋です。
猫が好き。自転車いじりが趣味。

ランキング参加しました。
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる