施術メモ:膝の痛み(曲げ伸ばしで痛い)

【プロフィール】
 50代男性。

【来店理由】
 マラソン大会で下りを走った時に左膝に違和感を感じる。
 しばらくはなんとも無かったが、次第に歩くのも痛くなる。

【施術内容】
一回目。
 膝裏の筋肉(特に内側の半腱・半膜様筋と薄筋)の緊張がひどく、下腿(腓骨と脛骨)の捻れがみられたのでその調整。
 膝蓋の動きがしっかり出るようになったところで、体重を掛けない曲げ伸ばしの痛みはなくなる。
 屈伸で膝裏(ふくらはぎ上部)が痛いとのことなので、腓腹筋や足底筋の調整を行う。
 歩くのに問題は無し。屈伸も痛みは少し残るができるとのことなので様子をみてもらうことに。

二回目。
 歩くのは問題なし。体重をかけない状態での曲げ伸ばしも問題なし。
 屈伸時に大腿四頭筋側に痛みが出るとのことなので、近位側から順に調整。すると膝裏(ふくらはぎ上部)に痛み。
 何度か調整するが、最終的に膝蓋上に僅かに痛みが残る調整が本人にとって一番負荷が少ない(軽いジョギングならできる)とのことなのでその状態で様子をみてもらうことに。

【運動指導】
 練習後などで膝裏の筋肉(特にハムストリング側)の緊張を自力でとってもらうために、ケアの方法を指導。

この方は下り坂を走った時に体重の載せ方が悪い時があったのだと思います。
ふとももの内側が筋肉群が緊張していたのと、膝蓋の動きがしっかりしていないので下腿の捻れが今回の痛みの原因だと思います。
一度変わってしまった筋肉バランスは、若い内はすぐに戻るのですが年齢を重ねることで体のクセができてしまい(筋肉が固くなる)戻りにくくなってしまいます。
今回は脚の筋肉バランスが変わったまま何もせずに生活することで余計に捻れ、痛みを誘発するようになったのだと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━

←ランキング参加しました。
スポンサーサイト

施術メモ:膝の痛み(伸ばすと痛い)

【プロフィール】
 10代女性。

【来店理由】
 空手をしており、蹴りの動作をした時に右膝に痛みが出る。

【施術内容】
 蹴りで脚を伸ばしたときだけ痛い(曲げる動作の時に痛みはない)ので、形などで蹴りの動作をしたときに過伸展気味だったのではないかと推測。
 基本施術による膝関節の調整。特に下腿の引き出しと膝蓋骨の動きを出すことを念頭に施術。 

【運動指導】
 スパイラル運動。体の回旋運動など。
 空手をしているとのことなので、今回の不調に関する運動指導よりも普段の体の使い方に関する指導を行う。

空手そのものは以前よりやっていましたが、最近になって組手を始めたとのこと。それまでは形が主だったそうです。
以前、同じく空手をしている小学生の男の子が肘を痛めてうちにこられましたが、その時と同じく関節の過伸展を疑いました。
当てる感覚が分からない状態で蹴りや突きで手足を伸ばすと関節に負荷をかける場合があります。
特に男女問わず幼い時期や女性は関節が柔らかく可動域も広い場合が多いので、力任せに伸ばしてしまうと過伸展を起こす可能性があります。
その衝撃で下腿と上腿との接合部分(いわゆる膝関節)が僅かにズレ、保護するために周りの筋肉を固めてしまい元の位置に戻らなくなったのではないかと思います。


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
←ラ

施術メモ:膝の痛み(正座ができない)

【プロフィール】
 50代女性。

【来店理由】
 転倒し右膝の上あたりが腫れる(転倒の状況が自分でもよく分からないため打撲したのかは不明)。
 一時期、階段を上れない状態だったが歩行はできるまでに回復。病院で膝上の腫れをひかせる為に水を抜いてもらうなどをしていた。
 仰向けなどになり曲げるだけなら90度以上には膝を曲げられるが、体重をかけると曲がらない(正座ができない状態)。
 リハビリを何度か受けたが回復の様子がみられないため来店。

【施術内容】
 体重をかける(正座をする)という要素が加わった途端に曲げられなくなることから、筋肉の収縮指令に問題があると推測。
 脚の基本施術で膝蓋骨の動きを出し、膝の屈曲に関係していると思われる筋整流法でいうところの制御筋の調整を行いました。
 最初の施術で右脚に体重はかけられないが、正座はなんとかできるように。
 大腿部裏の筋肉の張りが強いので制御筋の調整をさらに行い、膝裏の筋肉位置(大腿側と下腿側の筋肉)を細かく調整。
 何度目かの調整で体重をかけて正座ができるようになりました。

【運動指導】
 運動は特に指導をしていませんが、膝裏を刺激して筋肉の緊張をとる方法を指導。
 まだ膝上が少し腫れているので、溜まった体液の流し方を指導。

この方は最初、正座をすると右脚が十分曲がらない。しかし体重をかけない状態(例えば仰向け)だと深く脚は曲がる(正座ができるくらい)という状態でした。
なのでこれは、右脚の筋肉の収縮(緊張)の命令に誤作動が生じていると推測しました。
筋整流法では筋肉の収縮に関して、これを制御しているセンサー的な役割をもつ筋肉があると考えています。それを制御筋と呼び、今回も脚にある制御筋を調整して大腿部裏などの緊張を解きました。
もちろん筋のズレはありますのでそれも調整しました。転倒による打撲などの影響もあると思いますが、本人が状況をまったく理解していない(転倒前の状況と転倒後の痛みしか覚えていない)のでその辺りは推測もできていません。
膝上の腫れに関してですが、まずは自分で流すということを続けてもらえればと思います。
流せば腫れは一時的にひきます。筋や筋肉の(バランス)の調整はしましたので、体液の溜まり具合も変わってくると思います。


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━

←ランキング参加しました。

施術メモ:膝の痛み(しゃがんだ状態で痛い)

【プロフィール】
 40代男性。

【来店理由】
 仕事柄、しゃがんだ状態で作業をすることが多い。
 昨年末より両方の膝が痛くなり、なかなか良くならない。

【施術内容】
 基本施術により痛みの度合いは軽くなる。気になる部分のチェック(腓骨と脛骨の位置関係や膝蓋の動きなど)をするが、大きなズレはない。
 しかし膝の内側、脛骨付近がまだ痛いとのことなので鵞足部分の不調ではないかと推測。鵞足の調整とあぐらが上手くかけないということなので内転筋の調整を行う。
 この調整で痛みはなくなった。

【運動指導】
 歩き方を指導。また入浴時に脚のマッサージをするように指導。

膝に限った話ではないのですが、複雑な筋肉構成をしている関節部分の不調には様々な原因が考えられます。不調を感じるのが膝であっても原因は膝にない場合があるのです。
今回の場合は自分が基本施術の時にチェックする項目に引っかからなかったので、単純に鵞足部分の不調と判断しました。
また、この方はゴルフが趣味で痛くなる前日にもフルラウンドを回られたそうです。そしてラウンド後はいつも脚が疲れていたと言うことでした。
そのことから疲労の蓄積が限界を超えてしまい、また仕事でしゃがむ状態(脚を開く座り方)が多いため、大腿の内側(薄筋や半券様筋だけでなく内転筋など)が固まってしまった(縮んだ状態から戻ることが出来にくくなった)のだと判断しました。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
←ランキング参加しました。

施術メモ:膝の痛み(曲げた状態から伸ばすと痛い)

【プロフィール】
 50代女性。

【来店理由】
 膝を長時間曲げていると右膝に痛みがでる。
 家では正座中心の生活をしているのでつらい。

【施術内容】
 一回目。
 右膝の膝蓋骨の位置が変で動きが悪かったので、膝押しなど基本施術で動きを出す。
 動きが出たことにより痛みがほぼなくなったので、この時は終了。

 二回目。
 当日は良かったが、痛みがまた出る。膝蓋骨を確認するとまた動かなくなっている。
 今回も膝蓋骨の動きを出すことで改善。子供の頃から脚を伸ばした時に膝の皿がよく鳴っていたとのこと。
 この膝の鳴りを目安に(鳴らなくなった時に痛みが出るようになるはず)、様子を見てもらうことに。

 三回目。
 痛みは減ったが、まだ違和感が残るとのこと。膝の皿の動きはちゃんと出ている。
 今回は膝押し中に、下腿の骨(脛骨と腓骨)が前方に動く気配(前十字靱帯断裂のように実際に動くわけではない)があり、この調整で痛みが完全になくなる。
 このことから、膝が過伸展ぎみだったのではないかと推測。話してみると、実際立っていると膝が逆に曲がっているような感覚になることがあるとのこと。

【運動指導】
 立ち方と歩き方。
 立っている時には過伸展にならないように、軽く膝を曲げることを意識して貰う。
 歩いているときはつま先から着地することにより、膝を僅かに曲げて歩くようにしてもらう(踵着地だと膝を伸ばして歩くようになる)

※この方の場合は、長年膝関節の過伸展を続けたことにより膝周りの筋肉及び靱帯が必要以上に緊張(膝関節を守るため)し大腿骨と脛骨の関係が捻れてしまったのだと推測。それにより膝蓋骨の動きが悪くなり、膝の屈曲に影響がでたのだと思います。
また、三回目に大腿と下腿の位置関係が修正できたのは、二回目の施術後に膝蓋骨がちゃんと動く状態で日常生活を続けることができたので、靱帯及び筋肉に余裕ができた(過伸展から守るための緊張が解けた)為だと思われます。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
←ランキング参加しました。
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

KenbikiNeko

Author:KenbikiNeko
腰痛・肩こり・頭痛・関節痛なんでもござれ。
東広島の腱引き屋です。
猫が好き。自転車いじりが趣味。

ランキング参加しました。
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる