施術メモ:腰の痛み(姿勢から来る痛み)

【プロフィール】
 40代男性。

【来店理由】
 連絡をいただいた時は、ご本人はぎくり腰と言っておられました。
 しかし来店は自転車で。歩行も典型的なぎっくり腰とは遠い状態でした。

【施術内容】
 基本施術と腹筋の調整をメインに。
 お腹を突き出す姿勢により骨盤がひどく前傾していたので、その修正。

【運動指導】
 丹田腹筋運動と姿勢の指導。

この方はかなり痩身なのですが、お腹を突き出すような姿勢(極端に言うと前に向かって「く」の時)のため腹部がポッコリ出ているような印象を受けました。
またそれに伴って骨盤がひどく前傾しており、強度の反り腰になっていました。
よくぎっくり腰になるとのことですが、それはぎっくり腰というよりも姿勢の悪さからくる慢性痛ではないかと推測しました。
腰に限らず姿勢などによって局部的な負担が起こっている場合、その場所は休む間もなく活動している状態です。
働き続けると体を壊すのと同じように、筋肉が疲労から回復できなければなんらかの障害を起こしてしまいます。
「よくぎっくり腰になる」という方や「長時間働く(立ってでも座ってでも)と夕方以降に痛みが出る」という方は、姿勢も気にしてみるとよいのではないかと思います。


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
ランキング参加しました。
スポンサーサイト

施術メモ:腰の痛み(座った状態から立ち上がると痛い)

【プロフィール】
 40代男性。

【来店理由】
 大学時代(20年近く前)に重いモノを持ち上げて腰を痛めてしまう。
 当時は若かったので、すぐに治るだろうとそのまま放置。以来、20年近く腰痛に悩まされる。

【施術内容】
 一度、脚を曲げて(しゃがみや座り)から立ち上がるとかなり痛みを感じているようなので、最初は浮き腰も視野にいれていた。しかし、前屈ではまったく痛みはなし。反った時に痛いということでした。
 腰の調整時に腱引きで言うところの左の二本目にズレ。それ以外は大きなズレなどもなく、腹筋の調整と腱引きで言うところの横靱帯の調整で終了。
 ちなみに整形ではヘルニアと診断されていた。

【運動指導】
 腹筋が使えていなかったので、脚上げ腹筋を指導。

※この方の場合、痛みの一番の要因は腰の腱のズレ。そして腹筋が上手く使えていないことでした。
以前に接骨院で腰痛が軽い時に腹筋を鍛えろと言われたらしいのですが、問題は腹筋の「ある・なし」ではなく、腹筋を使えて「いる・いない」です。いくら腹筋を鍛えて筋肉がしっかりついていても、それが使えていなければないのと同じです。逆に言えば、ないなりに腹筋と背筋のバランスをとってあげるだけでも腰痛の緩和・予防になります。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
←ランキング参加しました。

施術メモ:腰痛(朝起きると痛かった)

【プロフィール】
 30代男性。

【来店理由】
 朝起きたら腰が痛む。しばらく動いていると痛みは減るが動くのに支障がある。

【施術内容】
 一回目。
 基本施術で腰の腱を入れ調整を行います。確認後痛みが残ります。
 腰の腱の調整だけで痛みが取れない場合、色々な要因がありますがその一つに腹筋とのバランスがあります。
 そこで腹筋調整を行うのですが、腹筋の調整の時に上向きになって脚を伸ばした状態で挙げてもらうという動作があります。このお客さんは、これが最初はできなかった。
 この場合、大腰筋の変調も疑いがでて来るので検査を行い調整もしました。その後、運動指導を行い腹筋を使って脚を挙げるという動作を脳に再プログラムしてもらいます。
 脚を挙げるのは可能になりましたが、挙げる角度によっては痛みが出ます。
 日常生活に支障がない程度までは改善したので、運動指導をして後日来てもらうことに。

 二回目。
 6日後に来られました。
 一回目に指導した運動をしっかりやってくれていたようで、前回の施術から2~3日後には脚をしっかり挙げても痛みを感じなくなったとのこと。
 基本施術をして全身調整をしてから終了です。

【運動指導】
 一回目の時に、脚挙げ腹筋を指導。鍛えるための腹筋ではなく、腹筋下部を使うことえを学習させるための運動です。
 その結果、腹筋の使い方(他の筋肉との連携)が上手くできるようになり、痛みが出なくなりました。
 このように指導した運動を続けてもらうことにより筋肉のバランス(使い方や連携)が良くなるので、事情が許す限り指導した運動をしてもうと施術の効果が高まります。
 また、予防にもなります。

 運動指導についてはこちらも参考にしてください。
 ちょうど、このお客さんのことも取り上げています。

 鍛えない運動?

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
←ランキング参加しました。

施術メモ:腰痛(臀部付近の痛み)

【プロフィール】
 40代男性。

【来店理由】
 腰の左側に痛みがあり、色々な所へ行ったが改善しなかった。

【施術内容】
 一回目。
 詳しく聴いてみると、痛みは臀部寄りに出ている。
 臀部寄りの痛みということで腰の腱を入れ、臀筋調整まで行って確認。痛みは減少。
 今度は、前屈で痛みが発生するようになる。これは最初になかった痛み。
 そこで今度は大腰筋の検査と調整。すると二度目の検査(施術後の確認)の時に左の股関節に痛みが出る。
 これも最初の検査では出なかった痛み。さらに股関節(大腿骨頭側の調整)を行うと痛みは消失。
 左の大腿裏(ハムストリングス)と両脚の下腿が気になったので調整。特に下腿は巻きの状態が悪かった。
 最終的に腰~脚の調整が終わった時点で確認してもらうと、主訴であった腰の痛みもほぼ消失。敢えて気にするならというレベルまで減少。
 運動指導をして様子をみてもらうことに。

※調整していくごとに新しい痛みが出たり、痛みの場所が変わったのは施術によって筋バランスが変わっている証拠になります。それは施術の読みが当たっているということでもあります。腱引き療法は手順を追って施術を行う(アルゴリズムを考える)ことにより改善を目指します。

 二回目。
 痛みの方はなくなったが、左臀部にまだ違和感があるとのこと。
 座骨神経の位置が今一つだったので調整。脚の調整で膝押しというのがあるのだが、その時に左脚の反応が変だった(こっちの圧に対して痙攣っぽい反応を起こす)
 股関節に対する圧への反応なので、もう一度、大腿骨頭側を調整。
 歩いてもらって違和感もなくなったので終了。 

【運動指導】
 一回目の時に、ハの字屈伸運動を指導。これは足をスキーのボーゲンのようにして、両膝をくっつけるように屈伸するというもの。
 これにより拇指丘側に体重をかけるクセがつく。
 この方の場合、腰痛の原因は下腿の巻き状態が悪かったことから足の安定にあると推測。人間は二足歩行なので足裏がセンサーになり常に情報を脳に送っている。
 その情報を元に体全体のバランスをつくるので安定していないと足より上で調整をとろうとします。この方の場合はそれが腰だった(特に股関節)のでその箇所に無理が出てきていたと思われます。
 二回目に来られた時は、見本にしたいくらい仰向けのなった時の足がまっすぐになっていました。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
←ランキング参加しました。
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

KenbikiNeko

Author:KenbikiNeko
腰痛・肩こり・頭痛・関節痛なんでもござれ。
東広島の腱引き屋です。
猫が好き。自転車いじりが趣味。

ランキング参加しました。
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる