施術メモ:肩の痛み(後ろに回すと痛い)

【プロフィール】
 30代男性。

【来店理由】
 肩の痛み(左肩)を感じ、他の整体院へ。
 四十肩ではないかと言われ通院するが改善具合が芳しくないので当店へ。

【施術内容】
 まず前提として「腕を伸ばしたまま後ろに回す(肩の伸展位)と痛い」「前方や横から腕を上げるなどの動作はできる」。
 そして「痛くなる前に、左側臥位で頭を腕で支える(いわゆる涅槃のポーズ)」をとって長時間タブレットを操作していた、があります。

一回目。
 腱引きの考える四十肩・五十肩のチェックポイントに引っかからなかったので、四十肩・五十肩ではないと推測。肩と体幹を連絡する筋肉(前方と後方の筋肉)を中心に調整。
 痛みは消えたので様子をみてもらうことに。

二回目。
 半月後に来店。前回の施術後、一週間はなんともなかったとのこと。
 その後、痛みが再発し始める。痛みの度合いが酷くなったので来店。
 前回は痛い動作をした時に全体的に痛いと感じていましたが、今回は後ろ側が主に痛いとのこと。
 触診で大円筋・広背筋の上腕骨に付着する辺りに強いつっぱりを感じたのと、痛みは肩の伸展位で出るためこの二つの筋肉を調整。また烏口腕筋に固さがあったので、その部分を調整。
 つっぱりも消え、痛みもなくなったので様子を見てもらうことに。

【運動指導】
 腋窩側の筋肉に対するセルフケアを指導。

前提にあるように通常動作は可能であることから、一般的に言われる四十肩や五十肩ではないと推測しました。
 腱引きには四十肩・五十肩と病院で診断された人に対して行う肩上げの施術があります。施術前の検査だけでなく、施術をする際も細部をチェックしながら行います。
 実際、このお客さんはそのチェック項目にも引っかからなかったので、一般的に言われる四十肩ではないと思います。
 今回の原因は涅槃のポーズを長く続けることによって、左腋窩の筋肉が伸ばされすぎてしまい常に筋肉が無駄に緊張していまった為ではないでしょうか。
 恐らく上記のポーズの時、肘をつく位置が通常よりも遠い位置にあったのだと推測されます。
 そうなることで上腕骨に付着する、体幹からの筋肉(今回は特に大円筋や広背筋)が必要以上に伸びまいと筋紡錘を働かせ、通常の長さにもどることができない(緊張したまま)状態になります。
 また大円筋や広背筋の上腕骨の付着部位の緊張が、筋肉全体というよりは細い筋のようなつっぱりだったので、筋肉というよりは筋外膜の緊張ではなかったのかと推測されます。
 筋外膜は筋肉を包む膜組織です。この膜は瞬間的な張力には強い抵抗を示します。しかし長時間、張力をかけ続けると変形してしまします。
 そして膜が強く引っ張られることによって中身の筋肉は動きを制限させられます。
 今回の場合で言えば、通常よりも肘位置の遠い状態で涅槃のポーズをとり続けたために筋膜の変形も起きたのでしょう。
 また大円筋や広背筋は、肩の伸展に関係する筋肉です。筋膜のつっぱりによって緊張方向に制限させられたため、肩の伸展で痛みが出たのだと思われます。
 この変形は可逆性なので、調整によって元の状態へ戻すことは可能です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
ランキング参加しました。
スポンサーサイト

施術メモ:肩の痛み(五十肩)

【プロフィール】
 50代女性。

【来店理由】
 腕を挙げたりはできるが可動域が狭く痛みを感じる。

【施術内容】
 腱引き療法で行う五十肩施術の後、肩甲骨周りを中心とした調整を追加。
 最初の2回は劇的な変化はなく(可動域が少し広がる)、最終的に5回ほど来ていただくことになりました。

【運動指導】
 手のひらを上にした状態での腕の挙げおろし。
 肩甲骨の可動を確保するためのバンザイ運動。

このお客さんは普通の五十肩というよりも、肩甲骨の可動が極端に悪い為に肩に可動制限と痛みがあるという印象でした。
なので、ローテーターカフを中心とした調整と運動指導により少しづつ肩甲骨の可動を取り戻してもらうようにしました。
まずは大雑把に筋肉の調整をして少しでも動かす。そして可動域が広がり始めると細かい筋肉の調整に入る……という形で複数回調整させていただきました。
病院で五十肩と診断されて、長引いている方はお近くの腱引き療法を受けてみてください。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━

←ランキング参加しました。


施術メモ:肩の痛み(五十肩?)

【プロフィール】
 60代女性。

【来店理由】
 左肩の痛みで手を挙げることができなくなり、病院を受診。
 リハビリである程度挙がる(但し日常生活には支障あり)ようになったが、二ヶ月経過してもそれ以上は変化が見られないため来店。

【施術内容】
一回目。
 基本施術と腱引き療法の肩上げ施術を行いました。
 腱引きでは肩の不調は前腕の捻れからくると考えています。なのでまず前腕の捻れを解いて、末端からアプローチしていきます。
 1度目の調整で腕の挙上は前方および横からは楽に挙がるように。最初は後ろに手を回すのが難しかったのですが痛みは残るものの、回せる状態になりました。
 その後細かい調整を行いほぼ痛みなく動かせるようになったので様子を見てもらいました。

二回目。
 前方と横からの挙上は問題ないとのこと。後ろに手を回す時に、まだすこし堅いとのことでした。
 やはり前腕の捻れを解くことを中心に、丁寧に前回と同じ施術を繰り返します。最終的に腕を後ろに回した際に肩の前側に違和感が残るとのことでしたので、二頭筋の調整を行いました。
 これでどの方向も違和感がなくなりました。

【運動指導】
 捻れを伴わない状態での腕の上げ下ろしを指導。

病院での診断名を聞いていないのでわかりませんが、本人から肩板断裂などの話は出ていないので恐らく五十肩と診断されているのだと思います。
腱引き療法では肩の不調の場合は基本的に前腕(末端)からチェックしていきます。今回の場合は典型的な前腕の捻れからくる肩の不調でした。
調整後は日常生活に支障のないところまで回復。指導した運動をしてもらえば肩の可動域は回復すると思います。
指導した運動は前腕の骨格に捻れの無い状態(手のひらが上)で、腕を伸ばして上げ下ろしをしてもらうというものです。
前腕の捻れが起こっていないため筋肉の捻れもなく肩までの筋の通りが良いので、この運動を繰り返すことにより筋肉の位置関係も自分の体で調整してくれます。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━

←ランキング参加しました。

施術メモ:肩の痛み(肩関節前方部分に腫れがある)

【プロフィール】
 60代男性。

【来店理由】
 以前より(一年以上前)肩を動かすと痛かった。ここ数週間が酷く、寝ていても痛みで起きることがある。

【施術内容】
 来店された当日に病院にて骨に異常がないことは確認済み。但し注射を打たれた(何の注射か不明)とのことなので、晴れている部分を流すだけで他は一切触らず(筋を引くこともせず)。翌日に改めて来ていただくことに。
 翌日聞いてみると、眠ることはできたとのこと。前日腫れていた部位も、腫れがほぼ引いた状態になっていた。
 二回目(実質一回目)の調整は腫れていた部分を中心に二頭筋の長頭・烏口腕筋などを。腕を上げる動作では痛みを感じなくなる。
 三回目(実質二回目)の調整で肩甲骨周り(主に棘上筋など)を。前回わずかに残っていた、肩を大きく回した時の痛みもなくなりました。

この方のように事前に病院でレントゲンやMRIを撮ってもらうのは重要なことです。こちらは医療的な診断は下せませんので、病院で特に異常(骨など)はないと診断してもらった上での施術が理想的です。
その際、薬を投与された場合は日を改めていただければと思います。どうしても当日に施術を希望される場合は「投与されたのはどのような薬なのか?」「体に刺激を与えても大丈夫か?」などの確認を、病院でしていただければと思います。
但し、場合によっては今回のように施術をお断りする場合もあります。

【運動指導】
 肩周りの筋肉が細分化できていないので、腕の回内・回外運動を指導。肩が内側に巻き込む感じが強いので、バンザイ運動も指導。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━

←ランキング参加しました。

施術メモ:肩の痛み(力を入れると痛い)

【プロフィール】
 30代男性。

【来店理由】
 肩に力が入る作業をすると痛みが出る。日常生活では問題なし。
 ベンチプレスで一度持ち上げるのを失敗してから痛みが出るようになった。

【施術内容】
 基本施術で肩周りの筋肉の分け。
 痛みが出るのは三角筋の鎖骨部なので、鎖骨周りの筋肉の細かい調整をメインに行う。
 鎖骨と肩甲骨の間に違和感が残るとのことなので、僧帽筋との被りを調整。改善。

【運動指導】
 肩が少し丸くなっていて、僧帽筋の被り強いのでバンザイ運動を。
 また、肩を含む腕全体の筋肉の細分化を脳に覚えてもらうために肘の回内・回外運動を指導。
 肘の回内・回外運動についてはこちらを参照。

動かせることに気づくと……。


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
←ランキング参加しました。
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

KenbikiNeko

Author:KenbikiNeko
腰痛・肩こり・頭痛・関節痛なんでもござれ。
東広島の腱引き屋です。
猫が好き。自転車いじりが趣味。

ランキング参加しました。
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる