好みはあれど……。

 暑い日々が続きますね。8月もまもなく半ば。まもなくお盆がやって来ます。
 みさなんはお盆休みいつからですか?
 東広島道場のお盆休みについては、以下のリンクを参照してください。

 お盆の営業と臨時休業のお知らせ。

 さて、東広島道場では施術の説明時によくiPadの解剖学アプリをお客さんに見せて説明をしたりしています。
 或いは、解剖学アプリと睨めっこしながら施術の方法を考えたりもします。
 主にお客さんに見せるときに使っているのは「Human Anatomy Atlas」で、骨格のモーションを見せる時には「teamLabBody」を利用しています。
 「Human Anatomy Atlas」はフォントが中国字体のものですが、日本語対応。「teamLabBody」は国産のアプリなので日本語に完全対応です。

 自分が施術の参考に睨めっこしているのは「Essential Anatomy」になります。
 これは個人的に自分がお客さんの体を触った時に感じる筋肉の構造と3Dモデルの見た目が一番近い気がするからです。なので主にこちらを使います。
 但し「Essential Anatomy」は英語のみの対応。構造の正確な情報を知りたい場合などは「Human Anatomy Atlas」と併用します。
 また「Essential Anatomy」は筋肉のモーションも見れるのですがビデオ画像のみになります。これに対し「Human Anatomy Atlas」はモーションも3Dモデルで確認できるので、そう言った情報を知りたい時は、やはり「Human Anatomy Atlas」になります。

 他にもいくつかアプリはありますが、そこら辺のレビューは以下のリンクを参照してください。

 やはり……いいものだ。
 これも……いいものだ。
 あれは……いいものだ。

 やはり一番のオススメは「Human Anatomy Atlas」になります。
 その「Human Anatomy Atlas」に新エディションが出ました。その名も「Human Anatomy Atlas 2017」(今までのは「Human Anatomy Atlas ver.8」です)
 値段は期間限定で¥3,000(定価は¥6,000)。期間限定ですが今ならVer.8と同じ値段です。
 定価にして約2倍の価格差になる2017とVer.8。一体何が違うのか?
 操作性であったり3Dモデルであったりという基本的な部分に大きな差はありません。
 値段の差ということで感じるのは、最初から見ることのできるコンテンツの差です。

 Ver.8を本体のみ(¥3,000)で購入した場合、見られるのは体の3Dモデル(骨格や筋肉はもちろん、内臓も)になります。それ以外の筋肉のモーションであったり、骨の細かな情報であったり動画であったりはAPP内課金で別途購入しないといけません。
 Ver.8を定価で全てのコンテンツを購入した場合は、本体(¥3,000)+「骨の境界点など」(¥480)+「筋肉の動き、付着点など」(¥720)+動画色々(種類ごとに細かく別れている。トータルで¥4320)=¥8520になります。

 これに対し、2017では本体購入のみで「骨の境界点など」「筋肉の動き、付着点など」のコンテンツが見られます。
 また、おそらくこれが2017の最大の売りになると思いますが、スライス断面を見ることができます。
 2017では「頭部」「胸部」「腹部」「骨盤」の軸断面が3Dモデルで見られるようになっています(頭部は軸方向と冠状断面と正中面の三種類がある)
 更にそれぞれのモデルの断面に対応したCT画像(もしくはMRI画像)と死体の断面画像が見られます。
 但し数はそれほど多くはありません(各部位で2~6の間)
 APP内課金は動画コンテンツのみ。Ver.8では細かく別れていた動画をひとまとめにして販売しています。
 2017を定価で全てのコンテンツを購入した場合は、本体(¥6,000)+「患者の教育用アニメーション」(¥2,400)=¥8,400になります。
 セール期間の今なら¥5,400ですね。

 ではVer.8と2017。どちらも購入できる現在だと、どちらを購入したらいいのか?
 2017に動作環境が対応しており(iPad Pro、iPad Air、iPad Mini 2以降またはiPhone 5s以降)、セール期間内に買うというのであれば2017がいいでしょう。
 動画を除いたコンテンツをVer.8で購入した場合、¥4,200になります。2017は今なら¥3,000ですから、価格で考えるとお得です。

 逆に定価で購入する場合は2017とVer.8の大きな差である断面図に興味がもてるかどうかで決めるといいと思います。
 筋肉のモーション数や動画コンテンツの内容に大きな差はありません。器官ごとの3Dモデルが用意されていますが、2017ではメニューがスマートになってそれらの3Dモデルにアクセスしやすいことを除けば、Ver.8でも同じものを見ることができます。

 またVer.8をすでに購入している場合、2017を買うのがいいのかという方もいると思います。
 そう言った方も、やはり定価で買う場合と同じく断面のコンテンツに興味がもてるかどうかだと思います。
 上にも書いてあるように、断面図以外のコンテンツに大きな差はありません。
 断面図に興味がないのならわざわざ購入しなくてもVer.8で十分だと思います。
 2017が出た以上、Ver.8が今後アップデートして行く可能性は低いですが、そもそもかなり完成されたアプリですので、Ver.8で十分という人も多いと思います。

 ちなみに3Dモデルで断面図が見たいという人には「ザイゴット」がオススメです。
 こちらはCTやMRIの画像は見られませんが、360度好きな角度で断面図を作ることができます。
 操作系がマウスオペレーション向きのUIなので、iPadみたいに直感的な操作をする端末だと最初は戸惑うかもしれませんが。
 「ザイゴット」のレビューはこちらでやっていますので参照してください。

 Human Anatomy Atlasを比べてみたいという方。
 他にいいアプリを知ってるよ、という方。

 東広島道場でお待ちしております(笑)

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━

←ランキング参加しました。
スポンサーサイト

不具合色々。

※途中に追記があります。

 天気が良いのは嬉しいことなのですが、ふらふらと散歩したくなってしまいますね。
 仕事の関係上ずっと建物の中にいるので、少しストレスが溜まります(笑)

 さて仕事でiPadを使っているのですが、少し前にiOS9が正式リリースされました。
 リリースされたばかりのころは不具合が多発が定番なので、アップグレードを様子見していました。
 ですが先日iOSのバージョンが9.1になったので、少しはマシになったかと思いアップグレード。
 バッチリ不具合が出てきました(T_T)

 それを備忘録代わりに書いておきたいと思います。
 自分のiPad使用用途は解剖学アプリを使ったお客さんへの説明および、自分の学習のため。なのでここに書く不具合も主に利用している解剖学アプリに限定されます。
 iPadで解剖学アプリを使っている人はご参考あれ。

Human Anatomy Atlus
 購入したムービー(体の構造や仕組みなどを解説したもの)の一部が見られなくなりました。
 見られなくなったのは、購入する必要があったもの。最初から見ることのできたムービーはそのまま見られます。
 また、アプリ内ストアから復元しようとすると「iTunseに繋がりません」と表示されます。
 「骨格の境界」「筋肉の動き」(こちらはムービーではなく3Dモデルが動く)などの購入アイテムはちゃんと動作します。

※11/13追記
 11/11にアップデートされましたが、ムービーが見られないという不具合は解消されず。またアプリ内ストアからi「Tunseに繋がりません」というのも変わっていません。
 個人的に一番推しているアプリだけに、残念。

※2016/1/8追記
 2016/1/7にアプリそのものがVer.7からVer.8へバージョンアップされました。
 新機能が追加され、ムービーもちゃんと見られるようになりました。一度アプリをインストールしなおした際、購入アイテムの復元ができなかったのですが、それもできるようになりました。
 iOS9.2ですが、今のところちゃんと動作しています。
 ちなみに2015/11/15と11/21にマイナーバージョンアップが行われましたが、その時の修正ではここで書いている不具合の解消は行われませんでした。
 今回のメジャーバージョンアップで、問題がなくなりました。

teamLabBody
 teamLabBodyは、筋肉が重なっている場所(例えば外腹斜筋・内腹斜筋)や筋肉の境界あたりを選択したときに、どの筋肉を選択するのか簡易メニューがでます。
 その簡易メニュータッチした場所から離れた所に出るようになりました(主に右下)。3Dモデルの表示が小さいと確認できるのですが、拡大表示している時に触ると画面外に表示されるらしく出てきません。

※2016/4/12追記
 3/16にVer.2にバージョンアップされ、UI(操作る時の画面など)が一新されました。
 筋肉が重なった時の表示の不具合はなくなりましたが、そもそも下層の筋肉を選択できるという機能がなくなりました。
 以前のバージョンでは筋肉を選択して、表示・非表示と透過が選べていましたが、今回のバージョンからは筋肉の表示・非表示はレイヤーバーのみでの操作となります。
 スマートフォンでの操作に対応したという話ですが、個人的には非常に使いにくいUIになってしまったと思います。
 また、内蔵に関しては別アプリでのリリースとなりました。
 国産のアプリということで期待しているのですが、他の解剖学アプリに水をあけられた印象です。

ザイゴット
 Anatomyウインドウの表示項目が英語になってしまいました。設定で日本語と英語の切り替えが出来たはずなのですが、その項目も消えています。
 但し、ツールなどのメニューは日本語のままです。

※10/28追記
 10/25のアップデートで、Anatomyウインドウで日本語表示されない不具合は解消されました。
 しかしアプリを立ち上げてすぐは英語表記のままで、設定項目から「日本語」を選ばないと変わりません。また、設定で言語を変えてもアプリを閉じてしまうと、再び設定し直す必要があります。ようするに設定をセーブできません。
 これは他の設定項目も同じで、変更してもアプリを一度閉じてまうとまた設定する必要があります。
 対応は素早かったのですが、設定項目の内容の保持できないのが残念です。 

※11/8追記
 11/7のアップデートで、デフォルトで日本語表記になりました。
 アプリを閉じてしまうと設定項目の保持は相変わらずされませんが、最初から日本語で利用できるので通常の利用ではまず問題ないと思います。
 今回挙げたアプリの中ではザイゴットの対応が一番早かったです。それだけでも非常に好印象でした。

Essential Anatomy
 こちらも購入したムービーの一部が見られなくなっています。黒い画面のまま時間が経つと再生ボタンが表示されるので、一応再生はされてるのかな?
 こちらは安売りの時に本体とAPP内課金をまとめ買いしたので、見れているムービーが最初からあったものなのかどうかは分かりません。

 いずれも基本的な機能は問題ない動くようです。なのでお客さんへの説明として使う分には今のところ大丈夫(一部ムービーが見られなくてちょっと困った時がありましたが)
 でも購入したものがちゃんと動かないというのはやはり気分のいいものではないですね。

 現時点では9→8へのOSのダウングレードはできません(;´д`)トホホ…
 もう少し早く(iOS9.01の辺りまでで)アップグレードして確認していれば、iOS8に戻せたのに。

 各社みなさん、できるだけ早くiOS9に対応してください。お願いしますm(_ _)m

 上記のアプリを使っているよ、という方。
 もっといいのがあるよ、という方。

 東広島道場でお待ちしております(笑)

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━

←ランキング参加しました。

いいものだらけ。

 朝晩が、ホント涼しくなりましたね。
 昼間との気温差が激しいですので、体調を崩されないようにお気をつけください。

 さて昨日のこと、Appleの新製品発表会が行われました。
 iPhoneの新機種とか、気になっている人も多いんじゃないかと思います。
 自分はBlackBerry派なので(未だにBB9780使ってます)iPhoneには興味はないのですが、仕事用にiPadを使っているのでiPad関連はやはり気になります。
 そんな中、以前より噂されていた12.9インチサイズの「iPad Pro」が今回の発表会に登場したようです。なかなか興味深いデモンストレーションもありました。
 それは3D4Medicalという会社が作った3Dの解剖学アプリ「Complete Anatomy」を使ったデモです。

 iOS用の解剖学アプリというのは色々な会社が出していますが、この3D4Medicalもそのうちの一つです(自分がオススメする「Human Anatomy Atlas」はVisible Bodyという会社が出しています)
 この「Complete Anatomy」は大画面であるiPad ProとApple Pencil(タッチペン)を使うことを前提に開発したとのこと。
 デモを見ている限りだと非常に魅力的です。思わず衝動買いしてしまいそうです。
 自分のiPadには解剖学アプリを入れて、それを使ってお客さんへ施術の説明をしたりします。だから尚のこと気になる(笑)
 お金無いけど(´・ω・`)

 ちなみに、現在自分のiPadに入れてる解剖学アプリについては以前の記事に書いています。

 「透視力」男女共に第3位。
 やはり……いいものだ。
 これも……いいものだ。

 3Dモデルなので拡大縮小・回転が自由自在。見せたい部分をピンポイントで見せられるのが解剖学アプリの良い所です。
 そう考えると12.9インチという大画面は、お客さんに見せるのに非常に便利……なんですが、さすがにそこまでいくとタブレット端末のお手軽さが犠牲になってしまうんじゃないかと思ってました。
 持ち運ぶこと。そして第三者に画面を見せるこを考えると、やはりiPadの9.7インチがベストではないかと。
 実機を触ってみるまでなんとも言えませんが、大きすぎると気軽に持ち運べないよなぁ。逆に言えば、まず携帯しないというのであればアリかもしれないけど。
 しかし、デモを見ると欲しくなってしまう不思議(購買意欲を誘うためのプロモーションもあると思うので、当たり前ですが)

 基本的に注目していたのはiPad Proなのですが、それ以外にも気になるものはありました。
 それは新技術である「Force Touch」。これは指で押す時の圧力を感知してくれるというもの。画面を強く押した時と軽く押した時の違いを、ちゃんと認識してくれる技術です。
 MacBookのタッチパッドではすでに採用れてる技術なんですが、iPadの画面で使えることにより色々な操作ができるようになります。例えば楽器演奏アプリ。特に鍵盤楽器は押すときの強さによって音の大きさを変えたりでkるようになります。
 これが解剖学アプリにどう活かされるかはまだよく分かりませんが、直感的なUI(ユーザーインターフェイス)を備えたアプリは、恩恵もでかいのではないかと思います。

 iPad Proの発売日は11月25日。予約は12日から。
 今回買うことはないとは思いますが、使っているアプリの機能が新機能に対応してそれがないとダメになったりするころには考えないといけないのかもしれませんね。

 Appleの発表会行ったよ、という方。
 iPad Proを購入予定だよ、という方。

 東広島道場でお待ちしております(笑)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━

←ランキング参加しました。

これも……いいものだ。

 雨や曇りが続くと、朝晩が涼しいですね。
 気温差が激しいので体調の管理には、みなさん気をつけて下さいね。

 さて、少し前に「Human Anatomy Atlas」という解剖学アプリが良いですよというのを書きました。

 あれは……いいものだ。
 やはり……いいものだ。

 自分はタブレット端末にiPadを使ってますので、アプリはiOS版になります。
 このアプリは非常によく出来ていて、日本語にも対応してくれたおかげでほぼ不満はないアプリです(フォントを日本製のものに変えて欲しいけど……)
 ところでこのアプリ、5月にセールで安売りしていたいんですね。知らなかった……。
 アプリ内課金のコンテンツも値下げしてたみたいで、安売りしてるならムービーをアンロックしたかった(´・ω・`)

 で、ついこの間のこと、別のアプリを知りました。
 「ザイゴット」というアプリ。
 こちらは法人向けのweb版と個人向けのiOS版があります。
 色々調べているとちょっと良さそうなので購入。アプリマニアになっちゃいかんのですけどね(^^;)
 なぜ良いと思ったかというと、各パーツをツールパレットを使って名前で選択できるんです。
 「Atlus」も検索を使って見たいパーツ名を入力すれば名前で選択できますが、「ザイゴット」はツールパレットに全部名前が出てくるのでそれを選択するだけ(もちろん、名前を入れて検索できます)
 ちなみに「Atlus」と似た操作感の「TeamLabBody」は検索を選ぶと名前が最初から出てきます。

 これは図鑑的な使い方をするには非常にいいUI(ユーザーインターフェイス)です。
 「Atlus」や「TeamLabBody」がタブレット特有の触って操作することに特化した直感的なUIなのに対し、「ザイゴット」は(もちろん3Dモデルの操作そのものは触ってできますが)ツールから選んでいくというどちらかというとマウスで操作するPC寄りのUIになります。
 だから3Dモデルの表示・非表示はオブジェクトを選択して、ツールパレットのアイコンを選択するという手間はあります。
 あと、好きな角度・方向から断面図が作れる機能はいいですね。内蔵なども表示させれば解剖学の本も顔負けの断面図が作れます。
 そういった意味でも図鑑的な使い方ができるいいアプリです。
 ただ残念なことに「ザイゴット」のiOS版には各器官の解説がありません(web版は触ったことがないので不明) ですから図鑑的な使い方にができると言っておきながら、解説は見られないので絵目録に近いという方がいいかもしれません。

 また「Atlus」に比べて少しモデルの構成が少々大雑把です。例えば頭蓋骨はいくつものパーツが組み合わさって出来ています。「Atlus」はちゃんとパーツを分けていますが「ザイゴット」は頭蓋で一つのモデルにしてあります。また細かい神経の走行や筋肉のパーツ数などにも多少の違いはあるようです。
 あと「ザイゴット」にはモーションがありません。「Atlus」には筋肉のモーションが(課金でアンロック)。「TeamLabBody」には骨のモーションがあります。

 では「ザイゴット」「Atlus」「TeamLabBody」のどれが良いのかというと、用途によりけりとしか言えません。
 個人的なオススメはやはり「Atlus」です。モーションがいらなければ「ザイゴット」が次点。
 「TeamLabBody」は骨のモーションが見たいのであればオススメします。

 解剖学アプリで悩んでいる人の参考になれば幸いです。

 「ザイゴット for iOS」の実物が見たい方。
 もっといいアプリを知っているよ、という方。

 東広島道場でお待ちしております(笑)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━

←ランキング参加しました。

やはり……いいものだ。

 今週の水曜日のこと。東広島は昼間の天気もよく、更には夜も天気が良い日でした。
 夜空が澄んでいるとでも言えばいいんでしょうか? 三日月でしたが、星がよく見える夜空でした。
 そしてひと際明るい星が一つ。国際宇宙ステーションが、日本の上を通過していたんですね。かなり明るいので見て驚きました。
 宇宙にあるモノが肉眼でも確認できるってのも、なんだか不思議な感じですね。

 さて、「Human Anatomy Atlus」っていう解剖学アプリがいいよ、という記事を以前書きました。

 あれは……いいものだ。

 骨や筋肉だけでなく、内臓まで3Dモデルになっている解剖学アプリです。
 アプリとしての出来も良く、惜しむらくは日本語に対応していないこと。でも日本語対応外というだけで購入しないのはもったいない……みたいなことを書いていたと思います。
 その「Atlus」が先日のアップデートで日本語対応になりました! これで英語アレルギーの人もOK。個人的に一番オススメできる解剖学アプリです。
 ただ……フォントがなんか変(´・ω・`) あと、できればアプリ内で言語切り替えができると嬉しです。英語名を確認したい時も、ごく希ですがあるので。
 しかし日本語に対応してくれたのは素晴らしい! 今後のアップデートでさらにブラッシュアップしてくれる……といいなぁ。でも日本のユーザー少なそうだし、誤記以外の修正は望めないかなぁ。
 円安を受けて4月の頭にiOSのアプリは値上がりしましたが、これなら値上がり直後に買ってたとしても十分元は取れます。それくらい嬉しいアップデート内容です。

 「Human Anatomy Atlas 3D」の実物が見たい方。
 もっといいアプリを知っているよ、という方。

 東広島道場でお待ちしております(笑)

~~ GWの営業 ~~

 4/29 通常営業
 4/30 通常営業
 5/1  通常営業
 5/2  通常営業
 5/3   定休日 
 5/4   休業  
 5/5   休業  
 5/6   休業  

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
←ランキング参加しました。
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

KenbikiNeko

Author:KenbikiNeko
腰痛・肩こり・頭痛・関節痛なんでもござれ。
東広島の腱引き屋です。
猫が好き。自転車いじりが趣味。

ランキング参加しました。
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる