ぎっくり腰にも種類がある?

 天気の移り変わりが激しいと、寒暖差も大きく感じます。
 昨日は雨でしたが、今日はついに雪になりました。((((;゚Д゚))))

 さて、先日のことですがぎっくり腰のお客さんが来ました。
 荷物を持ち上げようとしてギクッとなったとのこと。
 但し、このお客さんは腰を伸ばすことはできても腰を曲げることができない。また脚をしっかり挙げて歩くことができない状態でした。
 普通、ぎっくり腰と言えば腰を曲げたまま伸ばすことができない状態を思い浮かべる方が多いんじゃないでしょうか?
 このお客さんの場合はむしろ逆です。
 腱引き療法では、この状態を〝浮き腰〟と呼びます。
 ちなみにぎっくり腰というのは俗称で、正式な病名や症状名ではありません。もし症状名を当てはめるとしたら「急性腰痛症」ということになりますが、急性腰痛は適用範囲が広すぎて(腰痛の症状も色々あるので)、ぎっくり腰はやっぱぎっくり腰の方がしっくりくるよなぁと個人的に思います。
 また腰痛にも色々な定義があって急性腰痛の他には慢性腰痛という分類もあります。そのあたりの事はごく簡単にですが、ホームページのコラムにも書いてますので読んでみてください。

 で、この浮き腰なのですが施術の基本は変わりません。まず腱引き療法でいうところの腰の四本の腱を引きます。
 この時点では浮き腰というのはまだ仮定の域を出ていませんので、運動指導と確認を行ってもらいます。
 通常の(?)ぎっくり腰であれば、これだけで劇的な変化が出ます。
 今回は腰の腱を引いた後でも「腰を伸ばす・反らす」ことに関しては問題ないので、浮き腰特有の検査を行います。
 やはりクロと出ました。ここでようやく、来たときのお客さんの姿勢や話を聞いたことと合わせて、浮き腰であると確信できます。
 そうなると浮き腰に対応した施術を行い、何度も確認してもらって微調整を行います。
 最終的に、普通に歩いて帰れるようになりました。

 この浮き腰というのは日本では、昔は珍しい症状でした。理由は昔の生活様式。
 日本は〝しゃがむ〟という行為が頻繁に行われる生活様式でした。しゃがむというのは、脚を深く曲げるということです。この脚を深く曲げた時に関係してくる筋肉が、浮き腰の原因です。
 日本も生活様式が西洋化してきていますので、最近はこの浮き腰の方も増えています。しゃがむという生活をしなくなったせいで、関係してくる筋肉が鍛えられなくなったからです。
 更には増えるどころか、通常のぎっくり腰と浮き腰の症状を併発している方もいます。
 今回は本当に典型的な浮き腰でした。

 ちなみにこのお客さんはご夫婦で来られました。奥さんがぎっくり腰。旦那さんは慢性の腰痛と四十肩。
 旦那さんの腰痛の方は、腰そのものよりも背中を支えている脊柱起立筋の一部の問題でした。
 こんな風に、腰痛一つをとっても色々な症状や原因があるんですね。

 腰・肩・膝の痛み。慢性の頭痛を抱えているんだよね、という方。
 色々なところに行ったんだけど良くならなかった、という方。

 東広島道場でお待ちしております。

~~ 年末年始の営業 ~~
  12/29  休業
  12/30 通常営業
  12/31 18:00まで
   1/1   休業
   1/2   休業
   1/3   休業
   1/4   休業
   1/5  18:00まで

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
ランキング参加しました。
スポンサーサイト

全ての事象には必ず理由がある。

 なんか毎回書いてる気がしますが、雨降りません。ホントに梅雨なんでしょうか……。
 本日ハ快晴ナリですよ?
 雨続きも嫌ですが、梅雨時期くらいはしっかり降らないと、ねぇ?

 さて、先日のことですが反ると腰が痛いというお客さんが来ました。
 反ると痛いのはぎっくり腰なんかで多いんですが、このお客さんは普通に動く分にはなんともないそう。
 ただ、練習後に痛みが酷くなるとか(このお客さんは中学生で部活は野球部です)。

 話を聞くと「朝起きたら痛かった」「練習中に痛めた記憶はない」等々。
 事前の確認を行って施術に入ります。
 腰の腱は特にずれていない模様。基本施術後の確認でも痛みは残る。
 腱引き療法で「横靱帯」と呼んでいる部分を調整してみるが、効果は今ひとつ。
 背筋とのバランスをとるために腹筋調整をしてみるが、こちらも効果は今ひとつ。
 反って痛いんだから、筋肉が縮んでいるときに当たってるってことだよなぁ。
 前屈ではなんともないということからも、問題は筋肉の収縮時に起こっているハズ……。

 ということで、横靱帯部分をこれ以上調整しても意味はないと思い(実際ここまでで何度か調整してます)、逆に背中を肩方向へと伸ばしてやることに。
 探っていくと第12肋骨のちょい下あたりからなにやら横方向にプニプニした感触が……。
 というわけでこいつを調整してから確認すると……
 「痛みが減りました」
 そこでその周辺を徹底的に調整しみるとほぼ痛みはなくなったとのこと。

 調整した部分で横方向の筋肉……すぐに思い浮かぶのは肋間筋関係。
 そこで寝ていた時(俯せて寝てるそうな)、あるいは痛いと思って起きた時に体を捻ってたりした?……と聞くと覚えはない。あとは……
 「風邪かなんかひいて咳き込んだりした?」
 「あ、風邪はひいてませんが、先週はずっと咳がでてました」
 「寝てても咳き込んだりしてた?」
 「はい」
 m9(゚д゚)っ ソレダッ!!

 咳をするだけでも結構な負荷が体にかかるというのは以前にも書きました。
 これが寝ていて体が固まっているときに起きれば当然ずれてくる筋も出るわけで……。
 では今回ずれていたのはどの筋肉か?
 最初は肋間筋だと思っていたのですが、teamLabBodyで見てみると横方向の筋肉は肋間筋よりも表層に下後鋸筋があるんですね。
 これは脊柱起立筋郡の上層に位置していますので、これがズレていると脊柱起立筋郡の押さえが変わってきます。
 押さえが変われば反った(収縮した)時の膨らみと位置関係が変わってくるわけで……。
 こういった筋肉同士の関係で、バランスが変わって痛みが出たりするんですね。
 人間の体って「実に面白い」(福山ボイスで再生お願いします)
 こんなこと言われても、痛い方はそれどころじゃないでしょうが。

 タイトルでピンと来た方。
 ドラマ、原作問わず『ガリレオ』好きな方。
 東広島道場でお待ちしております(笑)

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━

←ランキング参加しました。

トイレの神様。

 この間、朝のラジオで「トイレで長居してしまう時、やっていることTOP3」というのをやっていました。
 「雑誌を読む(第3位)」「漫画を読む(第2位)」を抑えて堂々1位に輝いたのは「メール、ネット」。
 携帯やスマホ・タブレットが普及した現代では、家だけでなく職場や学校の個室トイレで……と言う人も増えているんでしょうね。

 さて、こうやって長居できてしまう理由ってなんだと思います?
 え? その答えがランキングの結果だろって?
 確かにそうなんですが、ではなぜトイレで雑誌(漫画)が読めるのか。またはメールやネットができるのか。
 色々な答えがあると思うんですが、どれにも共通していることがありますよね?

 個室だから?
 そうですね。でも、もう一つあります。
 それは、座れるからです。
 設問では洋式トイレという限定はしていませんが、最近のトイレってほぼ洋式ですよね。昔と違って、和式を殆どみない。
 今は下手したら和式トイレを知らない子供もいるんじゃないかな。
 それくらい、洋式トイレが普及しています。
 そして洋式トイレは和式と違って、椅子のように座って使います。
 これが、トイレでついつい長居してしまう大きな原因ではないかと思うんです。

 この椅子に座るという習慣は、現代の我々の生活にも根付いてしまっています。
 日本はもともと床に座る生活でした。正座であったり、あぐらであったり、必ず脚を深く曲げてしゃがむという動作が日常の中にありました。
 それが、西洋化が進み椅子で座る文化が普及してくると、しゃがむ動作をほとんどしなくなった。
 このしゃがまない文化が根付くことによって、ぎっくり腰などの腰痛にも変化が起こっています。

 ぎっくり腰というと、どんな状態を思い浮かべますか?
 多くの人が、腰を曲げて伸ばせない状態を思い浮かべるのではないかと思います。
 でも、最近は逆に腰を曲げると痛いという人も増えています。
 腱引き療法では曲げることの出来ないぎっくり腰のことを「浮き腰」と呼んでいます。
 昔は珍しい腰痛だったようで、腱引きでは10年にひとりなんて言われていました。
 実際、特定の年代以上のぎっくり腰では、曲げて痛いという人はほとんどいません。
 しかし、逆にある年代以下だとこの浮き腰が急に増えます。
 それは、椅子に座る生活に慣れた世代です。もっというと、しゃがむことあまりしなくなった世代。
 生活様式の変化は、私たちの健康にも影響を及ぼすんですね。

 腰を曲げたら痛いんだよね、という方。
 東広島道場でお待ちしております。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━

腰痛と運動指導。

 今朝、天気は良かったのですが雪がチラチラ。
 その様子を見ていると頭の中に『なごり雪』が流れて来ました。
 まだ二月なんですけどね(笑)

 さて、前回の続き。
 ガッテンでは腰痛を改善する秘策というのを発表しています。
 この秘策が、見ていて筋整流法の運動指導に通じるものがあるなぁと思う、と前回書きました。
 秘策の詳細はリンク先を確認してもらうとして、簡単に言うと「良い姿勢でウオーキング」です。
 では自分はどこに共通点を見いだしたのかと言うと(『』内はリンク先のサイト内の言葉です)……

 まずは姿勢を良くするための『歩く前におなかと背中を伸すポーズ』
 肘を曲げて、肘先が肩の高さまで上がるようにするポーズです(リンク先にイラストがあるので確認して下さい)
 肩を上げてストンと落とす。するとお腹も背中も伸びた状態で落ち着きます。
 コレを見て、腱引き師の人は何かに似てると思いません?
 そう、バンザイ運動に似ているんです。
 バンザイ運動は、両手をバンザイした状態から垂直に肘を曲げ、二の腕が水平になるまで降ろします。
 そして、両方の肩胛骨を背骨側(体の中心)に寄せて五秒間キープ。
 その後、力を抜いてストンと腕を落とします。
 筋整流法ではコレを肩こり解消の運動として指導します。腰痛解消の運動としては屈伸運動ですね。
 「バンザイ~」や「肩胛骨を寄せて云々」の違いはありますが、姿勢の制御という意味では同じ結果を生みます。
 ちなみに東広島道場では、肩こりの解消だけでなく姿勢の矯正としても指導します。
 肩胛骨を寄せることで胸を張る形になり、自然と背中が伸びます。
 普段から姿勢に気をつけろと言っても、なかなか難しい。
 ならばちょっとした休憩の合間に何度もバンザイ運動をした方が、矯正になるはずです。バンザイ運動はやってみると気持ちいいですしね。

 次に『適度に腰の筋肉に負荷がかかる姿勢を保つ』の〝適度に腰の筋肉に負荷〟の部分。『歩く前におなかと背中を伸すポーズ』の〝おなかと背中を伸す〟と言うところにも注目です。
 これを実際に行うとどうなるか。腹筋にも適度な負荷がかかるはずです。
 要は、腹筋と背筋のバランスをとってあげるわけですね。
 腰痛には腹筋を鍛えるといいと言うのは昔から言われていましたが、筋力よりは腹筋と背筋のバランスの方が大事です。筋力が無いなら無いなりに、両方のバランスをとって上げればいい。
 師匠も常々言っているように、腹筋の働きをちゃんとするだけでも腰痛は変化します。
 実際、当道場に来られたお客様のなかにも、腹筋の調整で腰痛が改善したという方も複数いらっしゃいます。

 そして最後に『また、姿勢を保つことに集中することで、「腰が痛くならないかな、大丈夫かな」という不安や弱気を頭から追い出す効果があります。』の〝頭から追い出す効果〟の部分。
 少々こじつけ感はありますが、ちょっと言い替えてみれば分かると思います。
 〝頭から追い出す〟のではなく、痛くない姿勢や動きを〝頭(脳)に覚え込ませる〟のです。或いは通常の動きをしても腰が痛くないということを〝頭(脳)に自覚させる〟と。
 こうしてみると施術を同時に行うという条件は付きますが、筋整流法でいうところの〝脳の動作プログラムを書き換える〟ということに通じていると思いませんか?

 結局何が言いたいのかと言うとガッテンの「腰痛解消のための運動」には、筋整流法でも取り入れている考え方が全部入っているんだぞ、と。
 それはつまり「筋整流法の運動指導は理にかなっている」ということです。
 筋整流法の運動指導はどれも単純な運動ですが、自信をもって運動指導すれば良いのです。

 え? むりやり共通点や類似点を上げてるだけだろうって?
 でもね、「やってる事は違うけど目的は同じ」とか「考えは違うけど同じ結果になった」とか経験ありません?
 複雑な行為でも極限まで単純化してった場合、こうすれば必ずこうなるという必然が出てきます。
 その必然が含まれていた場合、見た目には違っても同じ結果が生まれるわけです。
 この必然を武術では〝理合〟と言います。そして理合を体現するために、技があります。
 それは療術でも一緒だと、自分は考えます。
 ある症状に対し、改善するための理合がある。それを体現するための技は腱引きなら腱を引くことであり、運動指導なのだと。
 師匠がよく言う「俺たちは理に叶ったことしかしない」というのは、こういうことなのではないかと自分は思ったり。

 バンザイ運動やスパイラル運動……等々、色々な運動指導が筋整流法にはあります。
 それは施術を受けるという受動的な行為と同時に、自ら運動をするという能動的に改善していける方法もあるということです。
 腰痛・肩こり・関節痛、その他の不調……悩む前に来てみて下さい。
 東広島道場でお待ちしております。

 って、なんかタイトルとはかけ離れた締めになっちゃいましたね(笑)


━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━  

腰痛色々。

 二月も半ばを過ぎましたね。
 昔から、「一月は往ぬ(いぬ)」「二月は逃げる」「三月は去る」と言われています。それだけ時間が経つのが早く感じるということですね。
 時間が経つのが早いと言えば、歳を重ねてくると一年が過ぎるのが早いという話も聞きます。
 それは人生経験が増え、新しいこと、また刺激が減ってきているから……なんてのどこかで聞いた気がします。
 個人的には、歳を重ねてくると人生の残りの時間を意識し始めるからじゃないのかなぁ、と思ってみたり。

 さて、今月の6日にNHKの番組『ためしてガッテン』で腰痛特集をやっていました。
 ガッテンは腰痛特集をよくやりますね。それだけ腰痛に対する要望(というか、需要?)が多いんでしょうね。
 録画したのをようやく見ることができたので、そのことについて少々。

 前半は「死に至る腰痛」の話。
 このあたりはもう、医師とかの専門家じゃないと手が出せない領域の話なんで怖いなぁと思いながら見てました。
 疾患のあるなしを、病院で確認してもらうと言うのは大事ですね。
 詳しく知りたい方は、上のリンク先をチェック。

 そして後半は通常の腰痛(って言い方も変ですが)の話でした。
 通常の腰痛に関しては『驚異の回復!腰の痛み』『腰痛&手の痛みに新技 ついに劇的回復!』でもやってますね。
 通常の腰痛であれば、腱引きが得意とするところです。
 今回にも紹介された「腰痛を改善する秘策」については、見ていて筋整流法の運動指導に通じるものがあるなぁと思いました。
 それが何か……は次回用のネタにして(笑)、番組内で腰痛は「温める」 or 「冷やす」をやっていたのでそのことを。

 番組内では「腰痛温め派」の代表に指宿温泉の砂むし(お客さんと砂かけさん)をあげ、「腰痛冷やす派」の代表に早稲田大学ウエイトリフティング部をあげていました。
 結論を言えば、現時点では腰痛には温めるがベターとのこと。
 その根拠として「腰痛診療ガイドライン2012」に載っている〝温熱療法は急性および亜急性腰痛に対して短期的には有効である〟というのを根拠としていました。
 これに対し〝寒冷療法の腰痛治療に対する質の高いエビデンス(根拠)は存在しない〟とのこと。
 また、同じ温める方法であっても慢性腰痛には〝温熱療法の慢性腰痛に対する質の高いエビデンス(根拠)は存在しない〟らしいです。

 ところでこれ、気付いてる人いるかもしれないんですが〝なぜ温めると良いのか〟について一言も言及してないんですよね。
 件の本にはその根拠が書いてあるのかもしれないけど、番組内では一言も言っていない。
 これは冷やすことにつても同様です。
 ウエイトリフティング部の人たちが腰を冷やす(アイシングする)本当の目的は「トレーニングによる細胞の損傷を最小限に抑え痛みの発生を予防する」と番組内で言っていました。
 ではなぜ冷やすこと(アイシング)によって〝細胞の損傷を最小限に抑え〟ることができるのか?
 また、腰が痛いからアイシングしている人がいたはずですが、その人はアイシング後に痛みはなくなったのか否か(番組内では冷やして痛みを抑えるって言ってましたね)
 前者は今回の議題とは直接関係ないんで突き詰める必要はないと思うけど、後者は温めることと合わせてちゃんと検証しないと駄目なんじゃないかなぁ。
 以前はガッテンってそこまで突き詰めてたように思ったんだけど、違ったっけ?

 ガッテンでは腰痛ストレス説を唱えているみたいなので、温かい→心地よい→ストレスが減る→脳の側坐核が働くという流れで痛みの減少を示しているんでしょうか?
 そう言えば、webサイトの湿布の項では〝こうした「温感」「冷感」の心地よさが痛みを和らげてくれるのです。〟と言ってますね。
 温湿布をしても温感か得られるだけで実際に温かくなっているわけではないそうです。
 ちなみに東広島道場では、温湿布ではなく張るカイロをすすめています。温めることが目的なら、実際に熱を発するものでなければ意味はないですよね。

 腱引き的には慢性であれ急性であれ、ズレてしまった腱(筋肉)を定位置に戻してあげないと、痛みは改善しないと思います。
 ズレてしまった腱(筋肉)は腰の曲げ伸ばしを行うことで膨らみ、神経節に当たりやすくなります。神経節に当たれば当然痛みが発生するという考えです。
 ちゃんと調整した後に温めてあげればいいんじゃないかな。
 筋整流法では、施術後はお風呂に入って体を温めてもらうように伝える――というのは何度もブログで書いています。
 体内循環を良くすれば、老廃物の排出もはかどるし血流が巡れば細胞の修復もはかどります。
 腱引きは筋肉の位置を整えることにより体内循環が良くなりますから、それを促進する意味でもお風呂に入って温まるのは良いことです。

 まだまだ寒い時期が続きますね。
 腰痛でお悩みの方、東広島道場でお待ちしております。


━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━  
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

KenbikiNeko

Author:KenbikiNeko
腰痛・肩こり・頭痛・関節痛なんでもござれ。
東広島の腱引き屋です。
猫が好き。自転車いじりが趣味。

ランキング参加しました。
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる