2014年6月の伝承会。そして……

 6/29(日)は広島伝承会でした。
 次回は7/27(日)になります。場所はアステールプラザ6F。大練習室を予定しています。当日来られる方は、受付カウンター上にある電光掲示板で会場の確認お願いします。
 参加希望の方や見学希望の方は本部広島道場広島むらもと道場東広島道場のいずれかへ問い合わせください。

 今回の伝承会では診断施術師が一名誕生しました。来月より、腱引き師コースに入ります。
 腱引き師になるための最後の仕上げに、奥義と呼ばれる技術の習得に入ります。腱引き師になるまであと少しです。引き続き頑張ってください。
広島伝承会201406

 そして今回の目玉は、いつも伝承会の最初に行われる師匠の動画解説。今回は「前十字靱帯断裂」と診断されたバレー選手の再診断と施術でした。
前十字靱帯断裂00

 大人二人に抱えられてやってきたこの選手。当初は足を曲げることすらできませんでした。
前十字靱帯断裂01

 しかしこの選手のあるひと言をきっかけに前十字靱帯の断裂に疑問を持った師匠は、徒手検査をすることに踏み切ります。
 検査と触診を行い、今回の原因が前十字靱帯ではないと確信できた師匠は施術を行います。すると曲がらなかった膝がその場で曲がるように。
前十字靱帯断裂02

 筋整流法(腱引き)独自の考え方によるテーピングを行い、最終的に自立歩行ができるまで改善します。
前十字靱帯断裂03

前十字靱帯断裂04

 結果として、このバレー選手は「前十字靱帯の断裂」ではなかったということになります。
 もちろんこれはこの動画のバレー選手のケースであり、全てのケースで今回のようなことが当てはまると言うわけではありません。
 また、検査や触診においてやはり前十字靱帯の断裂という結果が出たのであれば、師匠は決して施術をしません。それは腱引きの領分ではないからです。
 今回のケースでは、なぜ前十字靱帯靱帯の損傷という診断に疑問を持ったのか。どういう検査を行い、どんな理由で最終的に違うと判断したのか。また実際に歩けない理由はなんだったのか。
 そういった説明もきちんとされました。
 腱引きの常識は現代の非常識でもあります。
 でもその非常識に救われる人も、きっとたくさんいるはずです。

 そしてその翌日(本日)に別のイベントがあったのですが、それは次回のネタに(笑)

 今回の記事に疑問や異論のある方。
 逆に興味を持たれた方。

 広島伝承会でお待ちしております。
 見学は自由ですのでぜひ。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━

←ランキング参加しました。
スポンサーサイト

時代と共に変わってゆく。

 もうすぐ6月も終わります。
 一年の折り返し地点に来ました。もう半分……とか思うと、時が経つのが早く感じます。
 よく歳を重ねてくると時間が経つのが早く感じると言います。歳を重ねた分、新しい経験することが少なくなって来るからだ、と言うのは聞いたことがありますね。
 個人的には心のどこかで〝残りの時間〟と言うモノを意識し始めるからじゃないかな、と思ったりしています。

 さて、今回は自転車ネタ。
 こんな記事を発見。自転車免許です。各自治体や警察が独自発行するものなのでもちろん法的効力はありません。
 でも、自転車の交通ルールやマナーを学んでもらうという目的は十分に果たせてると思います。
 特に高校で発行し、この免許がないと自転車通学を許可しない。また特典もある……というのはいいですね。
 自転車に関する取り締まりも強化されてきてますので、キッチリルールを学ぶ機会があるのはいいと思います。

 自転車のルールと言えば、自分が小学生の頃は少し変わったルールがありました(今どうなってるのかは分かりません)。自分が通っていた小学校では低学年の時は道路で自転車を乗ってはいけない、というローカルルール(ハウスルール)です。
 ローカルルールですから当然、適用されるのはその小学校に通う生徒のみ。他の小学校(同じルールがあったかは覚えてないです)の生徒はもちろん、入学前の未就学児にも適用されません。
 そのため、ちょっと面白いことが起きます。自分が自転車に初めて乗ったのが5歳の時。まだ小学校入学前です。
 だから道路でも平気で自転車に乗ってました。でも入学した途端、低学年の間は道路で乗れなくなります。入学式の前日まで乗っていたのに(笑)
 小学校のローカルルールの意義は確か「小さな子供(主に10歳未満)が道路で自転車に乗るのは危ないから」だったような気がします(うろ覚え)。そうなると未就学児も当然駄目ななずですが、そこはローカルルール。
 法律ではないし、条例でもないのでこういう矛盾が出てきます。
 最近は法律で言えば13歳未満の子供にヘルメット着用の努力義務がありますね。これは努力義務なので、着用してる子供としない子供がいますがローカルルールのような矛盾は起きません。

 自転車免許も、それがないと自転車津学不可というのであればある意味ローカルルールです。
 でも今の自転車ブームが定着し、色々な問題が顕在化し始めると、こういったローカルルールや自転車に関する社会通念が条例化や法律化されていくのかもしれませんね。
 まぁその前に、現在の交通ルールをしっかり守りましょうという話もあるんですが。

 小学生の時に同じルールがあったよ、という方。
 自転車免許は持ってないけど「なめ猫」の免許はもってるよ、という方。

 東広島道場でお待ちしております(笑)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━

←ランキング参加しました。

知ることの大切さ。

 梅雨なんですけど、あんまり雨降りませんね。
 もうちょっと雨が続くかと思ったのに。

 さて、6/22(日)は京都に行ってました。
京都タワー

 目的は観光……ではなく『からだ会議 京都』。
 会場の入り口を探してちょっと迷いましたが、無事に到着。
 なかなか盛況で、雨の日曜日にもかかわらず来場者もけっこういました。
 また、韓国から招聘したLEE先生の講演は満員状態でした。
リー先生講演

 個人的にこのイベントで期待していた(一番見たかった)のが「コラボトリートメントラリー(公開施術会)」。
 今回は一部と二部の二部構成でした。
 圧巻だったのは二回目に行われた方のトリートメントラリー。
 トリートメントラリーとは一流の治療家たちが、その場で症状を窺い改善するというもの。やらせナシ。仕込みナシ。ぶっつけ本番の施術を〝公開で〟行うというもの。
 約五分という時間の中で見立てと施術を行い、施術を希望した方の症状を改善します。
 我らが師匠は、腰痛と脚に問題のある方と右肩に右手をつくことができないという方を施術。見事に改善してみせます。
からだ会議京都トリートメントラリー

 また、参加された他の先生方の技のキレも鋭く、施術希望者を次々に改善していきます。
 他の先生方の施術の様子はこちらのブログに写真が載っていますので、ぜひ見てみてください。
 どの先生もスゴ腕ばかりです。

 そしてなによりこのコラボトリートメントラリーで凄いと思ったのが、希望者一人に対して複数の見立てと施術を行ったこと。
 もちろん最初に施術を行った先生によって改善していますが、もう一手欲しいと言うときには別の先生が出てきて施術を行います。
 これがまさしくコラボ!
 からだ会議の主催者である杉本練堂先生(天城流湯治法)が言っておられた「○○が凄い。○○が改善したというのではなく、この症状に対してこんな療法もあるのだということをみんなに知ってもらう」というのにすごく合致した企画だったと思います。

 世の中には色々な選択肢があるのだということを知ってもらうというのは、やはり大事です。
 自分の不調に対し悩み、また改善の方法も分からない。
 中にはネットを駆使して色々調べ、各種の療法に辿り着く方もいらっしゃいます。しかし、そうでない方が大半です。 特に痛みなどの症状はあるが、薬などを使い(あるいは症状は出たままだが)なんとか生活できる……という人に多いです。
 そう言った人たちに知ってもらうためにも、『からだ会議』や『伝統療法カンファレンス』といったイベント。
 また、実際の施術をその場で見られる(受けられる)コラボトリートメントラリーという企画は大事なのだと思います。

 かくいう自分も、こういったイベントとは違いますが選択肢を増やすという意味でフリーペーパーの営業の方へ企画提案したことがあります。
 内容はひとつの症状を決めて数ページの特集(ぎっくり腰や坐骨神経痛など)を組み、その症状に対して各お店や治療院の考えと対応の方法などを載せるというものです。
 当然、読み物の企画ですから症状については編集部が調べて書く。それぞれのお店は特集された症状に対してどのように考えているのか、どのように対処するのかを載せる(但し、広告も兼ねているのでフォーマットを決めた上で掲載料は払う)。
 そう言う企画をしてくれたら、喜んで広告を出しますよ、と。

 これなら読者は単に広告を読むより専門的な分、情報量は増えるので判断材料も増えます。お店側は得意な症状であればアピールもできます。通常の広告よりも差別化できるのです。
 実は以前、別のフリーペーパーで数種類の症状のなかから一つを選び出し一つのお店が取材を受け、予防法などに答えるというものはありました。
 しかしそれでは、選択肢は一つしかありません。おまけに特集自体も小さいものでした。
 いくつか選択肢があり、判断する材料も載っている。その中から自分がこれだ、と思うものを選ぶ……そういうのが大事じゃないのかなと思います。
 知らないと選択すらできないのですから。

 しかし、残念ながらこの企画は編集部には受け入れられませんでした。
 理由は「各お店で言っていることが違ったら読者が混乱するから」でした。
 個人的には療法が違えば考え方も違うのは当たり前。むしろ違うからこそ意味がある……と思うのですが。

 本気で良くなりたいと思って治療院を渡り歩かれてる方。
 痛いのが当たり前、自分は良くならないと思っている方。

 東広島道場でお待ちしております。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━

←ランキング参加しました。

二年の節目のありがとう。

 本日、6/20を持って東広島道場は開業してから丸二年となりました。
 昨年のブログ記事に引き続き、知名度的にはマダマダと言えます。というか、色々とマダマダです。
 「石の上にも三年」の言葉があります。これからの一年間は個人的に勝負の時になるのかな、と思っています。

 この二年間で、腰痛だけでなく肘や膝などの関節痛は筋肉(すじ)の問題ではないか。あるいは動かしにくいのは筋肉(すじ)の問題ではないか……と考えている人が多いことを知りました。
 日本語には「筋違え」という言葉があります。色々な用法がありますが意味の中に「急激に無理な動きをして筋肉を痛めること。」というのがあります。
 〝筋肉を痛める〟とありますが、実際には「筋〝違え〟」とあるように、筋肉(すじ)の位置がずれた(違えた)状態であることが多いです。もちろん、炎症や断裂などによって筋肉組織そのものを痛めている場合もあるでしょう。
 しかし原因がはっきりしない痛みであるならば、それは〝筋肉(すじ)を違えてる〟のかもしれません。違えるのは何も急激な動作だけが原因ではありません。
 生活習慣によって出来た体のクセにより、筋肉(すじ)が違えることもあるのです。

 腱引き療法は骨ではなく筋肉(すじ)をみます。またマッサージのように〝圧し〟たり〝揉ん〟だりしません。
 違えた筋肉(すじ)には腱引きのように〝引く〟という施術が効果的です。「引く」という言葉には「出ているものを近づけ寄せる。」と言う意味があります。
 違えて位置がずれて(出ている)しまった筋肉(すじ)を元に戻す(近づけ寄せる)のが〝引く〟という施術です。
 このブログで何度も言ってますが、腱引き療法は今までの整体やマッサージとは違います。
     
     
  • 湿布や痛み止めをもらって様子見。

  •  
  • テーピングをしておしまい。

  •  
  • ひと月以上痛みが続いている。

  •  
  • 半年以上、同じ所に通っているが良くならない。

  •  
  • 帰り際に次はいつ来るのか聞かれ、通うのが当たり前になっている。

  •  
  • 歳だから仕方がないと言われた。

  •  
  • 一生この痛みと付き合っていくしかないと言われた。


 以上のことに疑問を持たれたのなら、いちど腱引き療法をお試しください。
二年目の窓

 これまで東広島道場に関わって下さった全ての人たちへ。二年分の感謝を込めて――

 ありがとうございます。

 そして――

 本気で良くなりたいと思って治療院を渡り歩かれてる方。
 痛いのが当たり前、自分は良くならないと思っている方。

 東広島道場でお待ちしております。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━

←ランキング参加しました。

10年ひと昔なら20年は……。

 6/15(日)は東広島運動公園のフリーマーケットに出店していました。
 土日の二日開催ですが、東広島道場は日曜のみの参加です。
 快晴とまではいきませんが、天候もよく(むしろ快晴よりは良い?)涼しい風も吹いていました。
 このフリーマーケットには前回も参加しています。

 今回も手伝いは広島のくまモンこと佐藤腱引き師。
 フリーマーケットのお客さんはそこそこいたようですが、腱引きの方のお客さんはさっぱりでした(´・ω・`)
 この日の東広島運動公園では、体育館と外の陸上競技場でイベントが行われていました。
 見学がてら、腱引きの幟を持って練り歩いたので(笑)、見かけた人もいるんじゃないかと思います。
 来月の7/20(日)も参加する予定ですので、当日見かけた方は腱引きを受けてみてください。
 イベント限定のお試し価格となっておりますので、ぜひ。

 話は変わりますが、広島でアジア大会が開催されてから20年経つのですね。
 時の流れは早いなぁ……。
アジア大会跡

 アジア大会で選手でした、という方。
 ボランティアスタッフならやったよ、という方。

 東広島道場でお待ちしております。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
←ランキング参加しました。

波(周波)という世界。

 梅雨入りした割りには、このところ一日中雨という日はありません。
 でも、曇りから短時間の豪雨なんてことはザラ。
 ゲリラ豪雨って、いつくらいから話題になるようになったんですっけ?

 さて、こんな記事を発見。
 脳に微弱な直流電流を流すことで脳神経を刺激して、記憶力を上げたり痛みの緩和を行ったりできるというもの。脳というのは活動する際に、微弱な電気を発生しているというのは周知の事実。脳に張り巡らされた神経細胞を伝い、電気信号が行き来します。
 記憶力云々についてはよく分かりませんが、痛みを消すというのは何となく分かる気はします。
 痛みはその場所(腰痛なら腰。頭痛なら頭)を痛いと感じますが、認識しているのは脳。痛みの原因となっている部分から神経を通じ脳(大脳皮質)の「体性感覚野」へ電気信号として届きます。
 すると体性感覚野では痛みの電気信号がどこから来たかによって、対応する脳の神経細胞が反応します(腰から来た信号であれば、体性感覚野の腰に対応した部分の神経細胞が反応する)
 ではなんらかの方法でその信号に干渉できれば、痛みを感じなくなる……というわけです。
 この「tDCS(transcranial direct-current stimulation)療法」、効果は痛みの消失だけでなく、うつ病の症状の緩和も期待できるとされています。

 ちなみに腱引き療法でも、うつ病の症状の緩和は期待できます。
 特に頭部の施術で行う天窓の調整は脳の活性化を促しますし、腸揉みは自律神経へ働きかけます。
 ……と、ここで文面だけで主張してもなかなか信じられないと思います。
 筋整流法では『うつ病や統合失調症で悩むあなたへ』と題したDVDのプレゼントをしています。このDVDでは師匠の施術によってうつ病から回復した人のインタビューが載っています。
 興味のある方は、リンク先から申し込んで見て下さい。現在、東広島道場へも少し分けてもらえるように交渉中です。
 分けてもらえるようならどこかで告知します。

 ところで、脳というのは活動する際に微弱な電気を発生しているというのは周知の事実……と書きましたが、その電気信号を観測したものに〝脳波〟があります。
 その中でも基本律動と呼ばれているのがみなさんよくご存じのα(アルファ)波、β(ベータ)波、δ(デルタ)波、θ(シータ)波の4つ脳波。この4つの脳波にはそれぞれ生理学的意義の違いがあり、また周波数の違いもあります。
 α波は安静時(リラックス時)に多くでる脳波なのはご存じかと思います。ちょっと前によく「α波が出る音楽」なんてのも流行りました。
 実はα波の発生原因についてはまだ不明で、上記の場合も「音楽を聴いた結果リラックスする=α波が多く出る」のであって「音楽を聴いた結果α波が出る」ではないのが現状。
 例えばα波の出るクラシック音楽なんてのがありますが、クラシック音楽が嫌いな人や聴いてると寝てしまう人(睡眠時にはα波は減少する)だとα波も出ないわけです。
 わけなんですが……ここから先は自分の妄想です(笑) 興味のある人だけお読み下さい。

 個人的には、音楽によってα波が出るというのは可能性としてあるんじゃないかな、と思っています。
 理由は周波数
 上で脳波の違いは周波数の違いでもあると書きました。周波数は音にもあります。ならα波と共鳴(共振)する音というのがあってもいいんじゃないかな、と。共鳴することによりα波が増幅される……という妄想です(笑)
 でもそう仮定すると、同じ音楽を聴いてα波が出る人と出ない人がいるのはおかしいということになります。
 そこでさらに妄想を重ねます(笑)
 周波数というのは様々なものに存在します。音はもちろん電気や光もそう。固体にだって固有振動数として周波数が存在します。
 仮に人間はいくつもの周波数の重なりであるとします。そう考えた場合、一個人の周波数の組み合わせは人それぞれ(体格や筋肉量。神経細胞の数の差など)。だから同じ音楽を聴いても、α波と共鳴する音が脳まで届く人と届かない人が出てくる。組み合わさった周波数によっては、α波と共鳴する音の周波数を相殺してしまい届かない。あるいは音楽のジャンルによっては届くようになる。
 よく他人と波長が合う・合わないの話もそう。嫌な干渉をする周波数を持っている人とは波長が合わないと感じるし、共鳴する周波数を持っている人とは波長が合うと感じる。
 更には嫌な干渉をする周波数に対して意識を合わせないということも実は可能で……なんて考えると面白くないですか?(自分だけ?)
 これ以上妄想を続けると、怪しい系の話になってしまいそうなので止めておきますが(笑)

 ただ電位による干渉というのは筋整流法の中でも常々言われていることで、例えば腱を引くという施術も刺激することによって電位を起こしていることになります。
 人間の体も生体電位によって動くということであれば、周波数(電気)の影響というのもあながち間違いではないのかもしれませんよ?

 電気の関係の資格持ちです、という方。
 黄色い電気ネズミのことならよく知ってるよ、という方。

 東広島道場でお待ちしております(笑)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
←ランキング参加しました。

そうだ、京都に行こう。

 梅雨に入ったせいか、蒸しますね。
 湿気の多い季節になってきました。

 さて、6/22(日)に京都で『からだ会議』が行われます。
 からだ会議については、何度かこのブログでも取り上げています。
 伝統医療と西洋医学のコラボレーション。それぞれの立場から、からだの疑問に答えていきます。もちろん腱引き療法も参加します。
 今までは東伊豆を中心に、北は北海道。南は石垣島。海外ではニューヨークで行われてきました。
 他にも開催地には奈良県の十津川村などがありますが、広島からのアクセスを考えると気軽に行ける場所とは言い難い。
 しかし、今回は京都なのでアクセスも比較的容易になります。
 西日本に住んでいて伝統療法に興味がある方は、この機会に行ってみてはいかがでしょうか?

 このからだ会議では、トリートメントラリーも行われます。
 不調を抱えている方は、ぜひ参加してみてください。〝その場〟で改善してしまうかもしれません。

 伝統療法に興味があるんだよね、という方。
 腱引き療法に興味があります、という方。

 東広島道場でお待ちしております。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
←ランキング参加しました。

スポーツ前の調整。スポーツ後の体のメンテナンスに。

 広島が梅雨入り(リンク先はPDFです)したようですね。
 今年の梅雨はいつ明けるのでしょうか。

 さて、腱引き療法の三冊目の本がついに出ます!
 その名も『実践! 腱引き療法』。出版は一冊目と同じBABジャパン。出る出ると言われつつも、発売延期を続けていた本がようやく出ます。
 まだアマゾンでも予約はできませんし、発売日の確定してませんが、出ます。
 そう、出るんです(しつこい)

 今回の内容はアスリート対応の施術。モデルはなんと、漫画『グラップラー刃牙』のモデルであり総合格闘家でもある平直行氏です。
 一流のアスリートの体をモデルにした、アスリート用の施術を収めたこの一冊。
 興味のある方、いるでしょ?

 と、本の宣伝でも分かるように筋整流法では、プロアマを問わずスポーツをする方のサポートもしています。
 最近だと新宿道場でのプロボクサーのサポート。松戸道場では力士のサポートをしています。
 またボクサーなどの格闘家のサポートに関しては、日本チャンピオンのセコンドにもついている塚本道場がその筆頭と言えます。
 例として挙がっているのは関東圏が多いですが、本部はもちろん全国各地の腱引き道場でもサポートは可能ですし、実際にやっている道場も多数あります。
 東広島道場ではスポーツインストラクターの方が、不定期ですがメンテナンスに来て下さっています。
 東広島近辺で部活やサークル。個人でスポーツを楽しまれている方はぜひ東広島道場へお越し下さい。

 大事な試合を万全な調子で望みたい、という方。
 いつまでもスポーツを楽しみたい、という方。

 東広島道場でお待ちしております。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━

←ランキング参加しました。

「南風」で喫茶店を思い浮かべた人は挙手(=・ω・)ノ

 6月に入りました。初週から天気は崩れています。
 このまま早い梅雨に突入ですかね。

 さて、今回は自転車ネタ。
 こんな記事を発見。日台合作の映画です。それも自転車が題材の。
 主人公の女性が仕事で訪れた台湾で少女や青年と出会い、自転車で旅をしながら成長していくロードムービーです。
 最後はしまなみでのロケもあったとか。
 予告編をみましたが、いいですね。
 今回の自転車ブームはロードレーサー(自転車の種類の方です)が主役ということもあって、漫画や小説の題材もレースだったりが多いです。
 個人的には火野正平さんの『こころ旅』や今回の映画のようにレースではなくただ自転車で旅をする……というのに憧れます。

 台湾と言えば、自転車産業の大国でもあります。
 その筆頭はやはり、台湾の巨人『GAIANT
 東広島にもGAIANTショップがありますね。
 次いで大きいのが『MERIDA』 
 こちらはアメリカのメーカーである『SPECIALIZED』やドイツの『CENTURION』も傘下におさめています。
 そして『Pacific
 近未来的なデザインの「PACIFIC IF MODE」や極小径車と呼ばれる「CARRYME」を制作しています。

 この三つのメーカーに共通しているのは独自ブランドを立ち上げる以前は、OEMでフレームなどの生産を手がけていたこと。
 独自ブランドを立ち上げた今でもOEM生産は行っていますし、特にPACIFICなどは他社から委託生産を受けた自転車をOEM契約で自社製品として販売もしています。
 そういうOEMや委託生産を受注していくことによって、自転車製作のノウハウを手に入れてきたんですね。
 上記メーカー以外にも、自転車の製造を請け負っている工場はたくさんあるはずです。
 自転車製造の技術力は非常に高く、今では台湾は世界の自転車の製造工場とも言えるわけです。

 ところで『南風』って広島では上映しないんですかね(´・ω・`)

 南風と言えば『タッチ』だよ、という方。
 いや沖縄だろ、という方。

 東広島道場でお待ちしております(笑)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━

←ランキング参加しました。
検索フォーム
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

KenbikiNeko

Author:KenbikiNeko
腰痛・肩こり・頭痛・関節痛なんでもござれ。
東広島の腱引き屋です。
猫が好き。自転車いじりが趣味。

ランキング参加しました。
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる