臨時休業のお知らせ。

 誠に勝手ながら、12/3(水)は臨時休業とさせていただきます。
 ご迷惑をおかけいたしますm(_ _)m

 年末年始の休業に関しては、後日ブログやサイトにてお知らせいたします。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━

←ランキング参加しました。

スポンサーサイト

抜き足。差し足。忍び足。

 11月も終わりますね。今年も残すところ、あとひと月。
 年末の大掃除の前に、体調を整えましょう!

 さて、こちらの続き。
 踵〝から着いて〟歩くこというのは今でこそ一般的な歩き方とされていますが、じつはこの歩き方は靴ありき。洋装ありきの欧米人が行う洋式(?)の歩き方になります。
 踵から着地して順に指先まで接地して蹴り出す、いわゆる「後方蹴り出し」を推進力とした歩き方です。そして残した脚を真っ直ぐ伸ばして(膝は曲げない)、蹴り出した後は振り子のように脚が後方から前方へと移ります。見た目にもダイナミックで「颯爽と歩く」という表現にふさわしい歩き方になります。また振りだした脚と逆の手を腕腰の捻りによって腰の捻れも生まれます。
 ウォーキングで推奨される歩き方と言えば分かりやすいでしょうか(ウォーキングの場合は肘を軽く曲げて腕を振りますが)

 これに対し、〝片脚を前に出す〟ことによって進んでいるのが和式(?)の歩き方。いわゆるすり足での歩き方です。前に出した脚を(膝を)軽く曲げ、前足に寄せるように後ろ足を運びます。後ろ足で蹴らないんですね。そして腰より上は殆ど動かない。
 この歩き方は草鞋や下駄などの鼻緒がある履き物や着物、いわゆる和装に適した歩き方になります。歌舞伎や能の歩き方を想像してもらうと分かりやすいと思います。
 「しゃなりしゃなり歩く」と言う表現は、この歩き方で行う方がしっくりくると個人的に思います。
 ちなみに「すり足」と言うと文字通り足裏を摺って歩く人もいますが、自分は武道をしていた頃に僅かに足を浮かせた状態で進めると教わりました。そしてつま先(前足部)と踵(後足部)をほぼ同時(もしくは足裏全体を同時)に着くようにします。当時は「畳の上に濡れた和紙を敷いて破かないように歩け」なんてことを言われていました(そういう練習をしたことはないですが ^^;)
 すり足をすることによって姿勢の制御に大腰筋を使うので、加齢による衰えに負けない足腰を作れるという効果もあります。また脚を上げる際は普通に膝を少し曲げて行うのですが、この脚を引き上げる動作で「大腰筋を使って行う」としている空手の先生もいらっしゃるようです。その先生の直弟子の方に見せていただきましたが、普段の歩き方から大腰筋を意識して使っておられました。

 じゃあ、この二種類の歩き方のどっちがいいの? ってことですが、それぞれに利点があります。また生活様式が西洋化した現代の日本では(洋装の生活でのあるので)、場面によってこの二つを使い分けた方がいいのかもしれませんね。
 個人的な意見を言わせてもらえれば、和式をベースとした洋式との折衷案を勧めます。
 和式のように足を運び(引きずらないすり足)、腰の捻りを推進力に加える。但し、腰の捻りは表に出さない――つまり表面上は捻らない(体内で処理をする)――という歩き方です。
 これは以前にブログに書いた、動きというのはまず背骨というか体の中で処理するという考え方です。
 この歩き方は、以前に「スワイショウ」と呼ばれる手を振る気功の横回転をしてた時に気づいた歩き方になります。何をどう気づいたかは、またの機会に。
 こうなってくるともう身体操作の話になってくるのでアレですが。でも、歩行って全身のバランスを取りながら歩いているから、足運びだけの話でもないんですよね。足は歩行時のキネマティックチェーンの起点になるから大事なのは間違いないんですが、上半身の形状によっては下半身の動きも変わってきますし。そうなってくると、突き詰めていけば歩行だけでなくすべての動きに含むまれる極シンプルな身体操作が極意になるのではないかと思います。
 世に出ている身体操作の中で言えば、個人的には栢野氏の提唱する「体幹内躁法」の「釣り合い歩行」が理想の歩行に近い気がしています。

 ウォーキングが趣味なんだ、という方。
 濡れた和紙ですり足の練習をしたよ、という方。

 東広島道場でお待ちしております。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
←ランキング参加しました。

今年もすごいぞ、板鍋山登山マラソン。

 天候に恵まれたこの三連休。みなさんは、どのように過ごしましたか?

 さて、昨日の11/23(日)は、東広島は豊栄町で行われた『第三回板鍋山登山マラソン』で腱引き屋台を出していました。
 当日は霧深い朝ながらも晴天に恵まれた大会当日。
板鍋山20141123-1

 東広島道場はテントの半分をお借りすることができました。
板鍋山20141123-2

 登山マラソン参加者は、過去最高の280名あまり。認知度が高まったおかげか、年々参加者も増えているようです。
板鍋山20141123-3

 そして今回も、スペシャルゲストランナーは「三原の鉄人」トライアスリートの福元哲郎さんでした。
板鍋山20141123-4
 残念ながら、昨年お見かけした「広島の赤い組長」ことRCCアナウンサーの本名正憲さんは今回参加されませんでした。

 また昨年と同じく、東広島社会福祉協議会主催の「go! PICNIC in TOYOSAKA」も同時開催。
板鍋山20141123-5
 写真にある太鼓演奏や、子供たちのダンス。アマチュアバンドの演奏(今回は6バンド)などなどイベントを盛り上げるための仕掛けが盛りだくさん。
 もちろん、「広島スーパーカークラブ」や旧車の展示。デコトラの展示など昨年以上に展示も多かったです。
 下の写真は東広島社会福祉協議会のイメージキャラクター「こころん」。全国区への進出を狙っているそうです(笑)
板鍋山20141123-6

 登山マラソンとは直接関係ないですが、個人的に気になったのは「板鍋山登山マラソン」の企画発案者である美乃地域センター長のひと言。
 今後、板鍋山を利用したイベントは登山マラソンだけでなく〝自転車によるヒルクライムイベント〟や〝ドリフト三輪車〟によるイベント(レース?)などを考えているとのこと。
 〝自転車によるヒルクライムイベント〟は興味あります(笑)

 肝心の腱引き屋台の方ですが、今回も約10名の方とご縁を持たせていただきました。
 頭部の施術を受けた方が、腱引き療法の「天窓押し」を体験された際に「頭からスーッと何かが下がっていくようだった」と言われていました。
 腱引き療法では、頭部調整の際に天窓(腱引き独特の呼び方です)の調整により、脳脊髄液の交換を行います。
 この際に使う技が「引き入れ 引き抜き」。この時の〝入れていく〟感覚を、感じ取られたのだと思います。
 腱引き療法では頭部調整により、頭痛の改善や頭がすっきりしたという効果が期待できます。また副交感神経が優位になりますので、自律神経へアプローチすることにもなります。
 腱引きが対応できるのは、なにも腰痛や肩の痛みだけではありません。基本施術による全身調整は、人間の体が引き起こす様々な不調に対応できるのです。
 どんな不調でも構いません、ぜひご相談ください。
 そして腱引きを一度お試しください。

 毎週同じ所に半年以上通っても良くならなかった方。
 趣味ではなく、本気で良くなりたいと思って治療院を渡り歩かれてる方。

 東広島道場でお待ちしております。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━

←ランキング参加しました。

踵をついて歩く。

 『からだ会議 in 草津』が迫ってまいりました。
 「からだ会議 草津」で検索するとちょっとダケ情報が出てきます(笑)
 内容は各先生方による講演や、〝ぶっつけ本番・一流の施術家がその場で改善〟コラボトリートメントラリー
 更には、特別セッション「あなたのその肩挙げてみせます。新kenbiki理論による肩挙げ祭り」(勝手に命名 ^^;)
 そして22日と23日にそれぞれ、特別対談が行われます。
 22日は『スポーツ選手のケガからの復活』と題して、アルペンスキーの岡部哲也さんと師匠の対談。
 23日は『伝統療法の可能性を探る』と題して、『前十字靱帯断裂と診断された少女への施術』の中で実際に施術を受けた女の子が師匠と対談します。こちらは現役の医師でもあり腱引き師でもあるK先生の解説が聞けます。
 世間では三連休。その中の二日間11/22-23日で開催です。特に予定がない方や、草津近郊の方はぜひ行ってみてください。

 東広島では、11/23日は豊栄町で『第三回板鍋山登山マラソン』が開催されます。
 筋整流法 東広島道場はこちらに出店いたしますので、当日イベントに参加される方やお近くに来られる方はぜひお立ち寄りください。

 さてここ最近、脚部の不調で来られる方が続きました。
 不調の箇所としては様々で、「膝」「脛」「足の甲(というか骨の間)」「脚全体が痛い」……などなど。もちろん調整箇所や原因は人それぞれなのですが、共通していることもありました。
 その一つが歩き方。上記の人たちはほぼ決まって踵を〝ついて〟歩いていました。……と書くと当たり前じゃないかという言葉が聞こえそうですね(笑)
 ではこう表記してみるとどうでしょか? 踵を〝突いて〟歩いていました、と。
 まだピンと来ませんか? では、これではどうでしょうか? 踵〝で突いて〟歩いていました。

 これはパッと見、歩き方としては普通に踵〝から〟〝着いて〟歩いているのですが、まるで踵を地面に食い込ませるように(突くように)歩いているのです。
 ですから特に踏みしめているわけでもないのに、足音が響く場所であればドシンドシンと音を立てて歩くことになります。靴を履いていれば靴底がクッションになるのでさほど気にならないのですが、素足(もしくは靴下のみ)で室内を歩く時は音が出るのでわかります。
 では踵を〝突いて〟歩くと何がいけないのかと言うと、着地の衝撃がそのまま脳へと伝わります。正確には膝もあるし股関節もあるし、背骨のアーチもあるし……で衝撃を緩衝する場所はたくさんあるので、そのままと言うのは言い過ぎです。でも、通常の歩き方よりも体に負担が掛かることは間違いないです。
 そうするとどうなるか? 勘の良い方はもう気づいていると思いますが、膝や腰といった部分を痛めやすくなります。場合によっては首なども。
 もちろん、前述した不調の原因が全て歩き方にあった……というわけではないです。しかし、原因の一端であった可能性はあります。

 人間というのは二足歩行をする生き物です。その場合、当たり前ですが地面と接地しているのは足の裏です。足の裏とうのは非常に重要なセンサーになっており、地面の状態を確認し、倒れないように体のバランスを制御します。
 足の裏は接地面の反応力を受け取る基底面となっているのです。そして、人間の体はすべてキネマティックチェーン(運動学的連鎖)によって、機能的に連結・連動しています。
 ということは、足の裏の状態が体全体の姿勢に対して大きな影響力をもっているのです。
 ちなみに人間の足は22個の骨から構成され、解剖学的には前足部(指骨から中足骨)・中足部(楔状骨・舟状骨・立方骨)・後足部(距骨と踵骨)に別れます。そして足底全体(もしくは前足部や後足部)が内反(内側を向いている)してたり外反(外側を向いている)かによって、様々な影響があると言われていますが、今回は割愛。

 一連の症状の中で踵を突いて歩くことの悪影響を一番受けていたと思われるのが、「足の甲(というか骨の間)」が痛いと言われていた方。ヒールの高い靴を履いて歩いていると、ピリピリした痛みが出るというものでした。
 通常は踵から着地して順に指先まで接地して蹴り出すのですが、この方の場合は指先を十分に使うことなく蹴り出していました。そのため足の骨間筋が十分発達せず、前足部が非常に薄いタイプの足になっていました。
 そうなると足の指で掴むという動作が苦手になります。つま先立ちで体を支えるのが難しくなるのです。また足底全体を使えないので、片脚立ちでのバランスも取りにくくなります。
 十分発達していない筋肉で無理をすれば……というわけです。
 踵から接地した、つま先までちゃんと使って歩いていればこのような症状に悩まされなかった……かどうかはさすがに断定できません。前述の内反や外反の問題もあるでしょうから。しかし、きっかけではあったと思います。
 いずれにせよ足底がちゃん使えるというのは大事じゃないかな、ってことで。

 あと、踵〝から着いて〟歩くことについても思う所があるのですが、これは次回以降のネタで。
 キーワードはすり足と大腰筋。

 長い間、脚の不調に悩まされているという方。
 色々なマラソンの大会にエントリーしているんだ、という方。

 東広島道場でお待ちしております。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
ランキング参加しました。

施術メモ:脛の痛み(踏み込むと脛の外側が痛い)

【プロフィール】
 小学生男子。

【来店理由】
 空手を習っており、形の稽古などで強く踏み込むと脛の外側に痛みが出る。

【施術内容】
 踏み込んだ際に痛みが出るということと、脛の外側ということで腓骨のズレを疑う。
 また踏み込みの際に、足の外側が出ていると稽古中に注意を受けたとのことで、足首周りからの影響を疑う。
 長・短の腓骨筋とヒラメ筋の調整を行い、痛みが脛の前方へと移る。前脛骨筋の調整をして終了。

※この子は脛以外にも、軽度の捻挫や突いた時の前腕(肘)の痛みなどで都合4回ほど通われました。
脛に関しては初回と四回目の二回ほど施術しました。
翌日の試合では、試合後に痛みはでなかったとのことでした。


【運動指導】
 普段の歩き方が踵重心なので、ハの字屈伸を指導。
 武道に限らず、つま先(拇指丘)にちゃんと体重が乗る歩き方が理想的です。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
ランキング参加しました。

画期的……なのか?

 いよいよ迫ってきました、『第三回板鍋山登山マラソン』。
 今のところ、当日の天気は悪くないようです。参加されるみなさん、会場でお会いしましょう!
 腱引き屋台(?)でお待ちしております。

 さて、今回は自転車ネタ。
 こんな記事を発見。一日限定で、サイクルトレインならぬサイクルシップ。
 自転車をそんまま持ち込んで、海の上を一気に移動できて、行動範囲も広がる……んですが、船に関してはフェリーがあるからなぁ。確か、とびしまオレンジライドでもフェリーを使ったサイクルシップが出てたハズ。
 いや、確かに観光船(遊覧船)にそのまま持ち込めるというのはいいことだし、観光船(遊覧船)を使ったサイクリングツアーとかも企画できてたりと夢は広がるんですけどね。
 ただ、個人的にサイクルトレインほどのインパクトを感じないのはなぜなんでしょうか(^^;)

 まぁなんにせよ、こうやって自転車利用の裾野が広がっているのはよいことです。
 そう言えば最近、自転車に乗ってないなぁ。

 自転車で全国を旅したよ、という方。
 輪行旅行は任せてという方。

 東広島道場でお待ちしております(笑)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
ランキング参加しました。

肩挙げ祭り。

 11月の第三週目に突入です……と書くと早い気がしますが、今月は第一週が土曜日の一日だけだったので気分的には第二週です。
 年の瀬が迫ってきてますね。大掃除などで忙しくなる前に体調を整えておきませんか?
 今年の不調は今年のうちに、ですぞ。

 さて、今月の22-23日に群馬県の草津において『からだ会議』が開催されます。
 場所は「草津音楽の森国際コンサートホール
 毎回の目玉としては〝ぶっつけ本番・一流の施術家がその場で改善〟コラボトリートメントラリーがあるのですが、今回は更に特別セッションがあります。
 「あなたのその肩挙げてみせます。新kenbiki理論による肩挙げ祭り」です(勝手に命名 ^^;)
 四十肩・五十肩はもちろん、色々な理由による肩の不調で可動域が落ちているなどお悩みの方はぜひ草津のからだ会議に行ってみてください。
 ちょうど世間では三連休ですし、ドコか行きたいと思われた方はぜひ。
 ポスターの画像を載せているブログがありましたので、気になる方は読んでみてください。

 からだ会議(草津)筋整流法 大室道場

 そして東広島道場は、11/23に『板鍋山登山マラソン』に出店します
 こちらの目玉はちょっと豪華なDVD。当日イベントに参加される方はもちろん、近郊の福富の道の駅まで来られる方はちょっとだけ足を伸ばして腱引きを受けてみてください。
 イベント限定のお試しワンコイン施術をしております。

 年末に向けてこれから忙しくなるんだよね、という方。
 マラソン大会前の調整や終了後のメンテナンスができる所を探している、という方。

 東広島道場でお待ちしております。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
ランキング参加しました。

新スタッフ紹介。

 この所東広島では天気に恵まれ、晴れ(もしくは曇りのち晴れ)の天気が続いています。
 先日あった後の十三夜は綺麗な夜でした。
 さて、東広島道場に新スタッフが来ました。
 新スタッフは。。。





 小柄で。。。





 色白でちょっとメッシュが入っています。。。





 そして人を招くプロです。。。





 どんな人にも笑顔を絶やさず出迎えてくれます。。。





 では、新スタッフを紹介します!
三毛招き猫

 招き猫の三毛バージョンです。
 これで道場の招き猫も三匹になりました。きっとじゃんじゃんお客を招いてくれることと思います(笑)
三招き猫

 しかしこの手のネタ記事。毎年同じ時期に書いてるなぁ(最初が11月で去年は12月)
 
 この猫たちに招かれたという方。
 珍しい招き猫を連れているという方。

 東広島道場でお待ちしております(笑)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
ランキング参加しました。

施術メモ:膝の痛み(長時間座っていても痛みが出る)

【プロフィール】
 70代女性。

【来店理由】
 膝の痛みが引かない。一度良くなりかけたのだが、長時間の正座で痛みが酷くなり、完全に正座できなくなった(以前は短時間なら正座できた)。

【施術内容】
 当初は単純に膝周りのスジの問題かと思いその調整ばかりを行う。初回で正座できるまで回復したが、すぐに正座できなくなる。
 何度か通ってもらううちに「膝を曲げても伸ばしても張りがある」という言葉でスジよりもまず浮腫みに問題があると考え脚(の体液)を徹底的に流すように施術。
 また自分でも流してもらうように指導。
 日常動作で膝が痛み出した際も、自分で流すことにより以前のように痛みが続くことはなくなった。
 これにより調子が悪い時はセルフケアができるようになり、一日中痛いままという状態から抜け出せるようになりました。今後の課題は、脚周りの体液の流れを整える(浮腫みにくい状態にする)ことと、浮腫むことによって押しやられたスジの調整し正しい位置をキープできるようにすることになります。

【運動指導】
 運動ではないが、自分で脚の体液を流すというということを指導。

※このお客さんの場合は、スジの位置が悪いのはもちろんなのですが、そうなっている原因(浮腫みによる圧迫)に気づくまでに時間がかかりました。基本施術は(体液の)流れを良くすることができるので、単純に施術しただけでも症状が緩和されます。なので初回はスジの位置の問題とだけ捉えており、位置調整によって正座できるまで改善しました。
しかし浮腫みそのものに注視していなかったため、浮腫むことによってスジを圧迫し再び位置関係が悪化し正座ができなくなりました。
そこで一度しっかり体液が流れる状態をつくり、その後スジの調整を行うという施術方針に切り替えました。
時間はかかりますが、セルフケアの方法を指導することにより相対的な症状の緩和はおこなわれます。
うちに来るまでは〝浮腫みが根本の原因である〟という指摘はどこでももされることはなく、セルフケアの方法も教えてもらえなかったということでした。


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━

←ランキング参加しました。

(ちょっと豪華な)DVDもあるでよ。

 世間では3連休のさなか、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
 お休みを満喫されてる方。お仕事にいそしんでいる方。 どちらの方も、本格的に寒くなってきたのでお体にお気をつけ下さい。

 さて、今年も板鍋山登山マラソンに出展(出店)しますと以前書きました。

 今年も行きます! 板鍋山登山マラソン。

 前回もそうだったのですが、今回もDVD付のパンフレットを無料配布します。
第三回板鍋山登山マラソン用

 今回はちょっと豪華にパッケージ付。これで「貰ったDVDどこやったっけなぁ」という行方不明率が下がります(笑)
 このDVDでは現在公開されている動画の中から選りすぐりのものを収めてあります。
 本部で限定配布のところ、無理を言って少量ですが分けてもらいました。
 東広島道場でも配布していますので、板鍋山登山マラソンまで待てないという方はお越し下さい。
 イベント前なので多くは無理ですが、少しならおわけできます。
 そしてこのDVDを手に入れた方は、ぜひ見てみてください。更には周りの人に貸したりして回し見をしてみてください。
 このDVDの中に『前十字靱帯断裂と診断された少女への施術』も収められています。

 この動画を見た方から「結局、前十字靱帯断裂ではなかったんでしょ?」と感想(?)をいただきました。
 そうです、結果として前十字靱帯断裂ではありませんでした
 でも、この動画で大事なのはそこではないのです。大人二人に抱えられないと歩けない(そして緊急手術しかないと言われた)女の子がその場でぎこちないながらも歩けるようになったことが大事なのではないのです(じゅうぶん凄いことではあるんですが)
 大事なのは師匠があるひと言から「前十字靱帯断裂ではないのではないか?」という疑問を持ったこと。そしてちゃんと徒手検査を行い、「前十字靱帯断裂ではない」と確信を持ったその過程が大事であり凄いことなのです。
 施術したら〝たまたま前十字靱帯断裂ではなかった〟のではありません。もし検査をしてやはり前十字靱帯断裂であったなら、師匠は施術をしていません。
 このことに注目した現役の西洋医からの手紙(メール)もDVDでは公開されています。

 この動画は非常にインパクトのある動画です。実際、医療関係者の方で反感を持った方もいらっしゃいました。
 誤解しないで欲しいですが、現在の医療や他流の療術を批判しているわけではないのです。しかし医療関係者や療術業に携わる方であるなら尚のこと、上記したことに注目して考えてみて欲しいのです。

 これからいろんなスポーツイベントに参加するよという方。
 イベントや試合。トレーニング後に体のメンテナンスできる所を探しているんだよねという方。

 東広島道場でお待ちしております。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━

←ランキング参加しました。
検索フォーム
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

KenbikiNeko

Author:KenbikiNeko
腰痛・肩こり・頭痛・関節痛なんでもござれ。
東広島の腱引き屋です。
猫が好き。自転車いじりが趣味。

ランキング参加しました。
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる