一歩、一歩。

 本日は快晴。少しずつ暖かくなっていくような気がします。
 でも週末は雨の予報。「春に三日の晴れなし」と言いますから、これからしばらくこんな日が続くんでしょうね。

 さて、毎年恒例のイベントが終わりました。
 勘の良い方はナニが言いたいのか分かると思うのですが、そうです。確定申告です。
 今年もe-tax。便利がいいですよ、e-tax。自分で手続きされる方はぜひ。

 で、前年度の成績(?)なのですが………昨年後半から少し上向いてくれたので、体感としては(僅かなものですが)良い傾向にあります。
 でもちゃんと数字としてみると、やはりダメですね('A`)
 数字として出てくると客観視できるのが良い点なのですが、現実を突きつけられた時の気の落ち込み具合もね(笑)
 まずは三周年となる今年の6月に向けて、一歩ずつ頑張っていきたいと思います。

 確定申告がひと段落ついたよ、という方。
 これからやるんだよ、という方。
 
 東広島道場でお待ちしております。 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
←ランキング参加しました。
スポンサーサイト

モノづくりのワクワク感。

 2月も後半突入です。先週末に「まだまだ寒いですね」と書いていましたが、今週から少し寒さが和らいだ気がします。
 日本の気候的に、すんなり暖かくなってくれるというわけではないのでしょうが(^^;)

 さて、こんな記事を発見。
 東京サイクルデザイン専門学校の卒業制作展です。もうすぐ公開が終わりますが、ちょっと見てみたかったですね。
 3年過程の自転車クリエーションコースの卒業製作ということは、日本初の自転車専門学校が出来てから3年が経ったですね。当時、何度目かの自転車ブーム(今も続いていますが)。
 今まで自転車をフレームから作るというのは、フレームビルダーと呼ばれる人たちに弟子入りするか、海外まで学びに行く必要がありました。その中で学校として学べる場所ができたということで、驚いた記憶があります。
 腱引きを学ぶ前なら、行ってみたかった(笑)
 自転車は乗るよりいじる方が好きな自分としては、こういうのってワクワクします。
 無いものを作るために考えに考えて、試行錯誤を続けて、それがちゃんと噛み合ったときのうれしさといったら(Bromptonの外装化が形になった時は本当に嬉しかった)

 ここの生徒が昨年のサイクルモードにも出展したりと、和製のビルダーが増えていくのは良いことだと思います。
 欧州では、個人のフレームビルダーも多いとのこと。そこまでの需要はなかなかない(日本には競輪競技用自転車の需要がありますが)ので、開業まで至る人は少ないかもしれません。
 しかし、自ら考えた折り畳み自転車を製品化(製作は委託しているはず)した「Riese & Müller」社のBirdy(BD-1)のように、個人ビルダー発の(それもモノづくりの得意な日本人独自の感性で作られた)自転車が世界中で乗られる日が来るかもしれません。
 それって、なんだかワクワクしませんか?

 変わった自転車を持っているという方。
 自転車のカスタムなら任せてという方。

 東広島道場でお待ちしております(笑)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
←ランキング参加しました。

南へ北へ。

 2月も半ばにさしかかりました。まだまだ寒いですね。

 さて、現在本部では第17期の合宿が行われています。いつの間にやら合宿も17期。自分は大阪伝承会→広島伝承会(大阪並行)→本部合宿(第6期セパレート)と渡り歩いたクチなのですが、お会いしたことのない腱引き師の方も増えてきました。
 今年の1月時点で腱引き師の数は208名。腱引き療法を受けることのできる場所も、全国に増えています。
 東広島道場のサイトへのアクセスも色々な県からあったりします。中には海外からのアクセスも。
 スマホや持ち運べるWi-Fiルーターが普及した昨今、必ずしもアクセス解析の地域からとは限りませんが、着実に全国へ広がっているのではないかと思います。
 そんな腱引き療法ですが、今年の4月に北海道へ進出します。
腱引きin北海道
 
 腱引き療法の最初の本『腱引き療法 入門』の初版発行が2010年の4月。腱引き療法という存在が全国に発信されて五年という節目で北海道へ。これで南は沖縄。北は北海道と、まさに全国進出です。
 47都道府県で言えばまだまだ進出していない県は存在しますが、沖縄・九州・四国・本州(各地方)・北海道の主立った場所へ拠点が出来始めています。
 北海道の方はぜひ、この機会に腱引きを体験してみてください。

 東広島近郊でお体の不調にお悩みの方。
 色々な治療院を渡り歩いている方。

 東広島道場でお待ちしております。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
←ランキング参加しました。

施術メモ:バレーボール(左股関節と右足首の痛み)

【プロフィール】
 40代女性。

【来店理由】
 バレーの練習後(もしくは練習の最中)に左の股関節に痛みが出る。
 日常生活を送るにはあまり気にならない。
 また、右足首(内側)にも痛みが出始めた。

【施術内容】
 股関節に関しては、寛骨臼と大腿骨頭の関係性と軸を調整。
 右足首に関しては伸筋と屈筋群との調整。
 計三回の施術で、バレーをしても問題ない所まで改善しました。

【運動指導】
 歩き方の指導。つま先主導の歩き方により、姿勢を保つ時に使う筋肉を変えてもらう。

この方の場合は左股関節の不調がまずあり、それを庇う為に右足首に無理が来たと推測。
理由は不明ですが、股関節は軸ズレを起こしていたのでしょう。バレーのように腰を落とした構えを維持しようとすると、負荷がかかり練習後に痛みが出ていたのだと思います。
そして左股関節が痛い状態で構えようとすると、左脚が踏ん張れないため、右足の土踏まず側に体重をかけた方が安定します(小指側だと外に力が働くため不安定になる)
常に軽く捻った状態で運動をしていたため、足首周りの筋がズレて軽い捻挫になっていたのだと思います。

また、施術を受けて練習すると今までにないくらい動きがよくなったと仰っていました。腱引きはスポーツをされている方のメンテナンスやパフォーマンスアップにもお役に立てます。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
←ランキング参加しました。

〝ひつよう〟と〝かち〟。

 みなさん恵方巻は食べました? 最近は色々なタイプの恵方巻がでてるんですね。
 巻き寿司というだけでなく、スイーツなタイプもあるとか。
 もともと「太巻き(巻き寿司)」を食べるのが良いとされていたはずですが、便乗商品で商魂たくま……ゲフンゲフン。色々と考えるものですね。
 丸ければなんだっていいのかもしれませんね(笑)

 さて腱引きの施術は少しだけ痛いというのは、ブログやコラムによく書いていることです。

 腱引きは痛い?
 実は……痛いんです。

 腱引きの痛みは瞬間的なものなのですが、なぜ痛いのはリンク先を読んでみてください。一つ言えるのは、施術の際の痛みというのは〝必要な痛み〟であるということです。
 意味もなく痛めつけようとして施術しているわけではありませんし、腱引きの施術が全て痛いわけでもありません。
 世の中には痛くない施術というのももちろん存在します。リンク先にも書いてあるように「痛くない」をウリにした整体などもたくさんあります。それを否定する気もサラサラありません。
 ただ、大事なのは「痛いか痛くないか」ではなく、それが施術を行う上で「必要か、必要じゃないのか」だと思うのです。

 この〝必要〟というのは痛みの話だけでなくこちらのブログ記事に書いたことにも言えます。
 この中で『起こってしまった筋紡錘・腱紡錘の余計な反射をいかに解くか。もしくはいかに筋紡錘・腱紡錘の必要な反射を引き出すか』と書いてますが、「余計な反射」と「必要な反射」というのがそれです。
 人間の体というのは常にバランスを取ろうとしています。表面的な筋肉による動作。そして生命維持をしていくための活動もバランスの上に成り立っています。良いときはもちろん、悪い時ですら体は常に頑張ってくれています。
 心と体。常にバランスです。『ベストキッド』のミヤギさんも言っています(笑)
 だから少しでも改善した際は「自分の体を信じてあげて下さい」とか「自分の体を気にするのがメンテナンスの一歩です」というのを書いてきました。信じることで、また気づくことで、よりよいバランスへと導いてくれます。
 そのために必要であれば痛みを伴う施術を行います。また不要であれば、筋紡錘・腱紡錘の反射を解くし、必要であれば逆に反射を起こさせます。

 ちなみに筋紡錘・腱紡錘の反射というのは、腱引き独自の話ではありません。ごくごく基本的な生理学的反応になります。ですから「筋紡錘・腱紡錘」という言葉は使わなくても、この反応に注目した療法というのはあると思います。
 「やってる事は違うけど目的は同じ」とか「考えは違うけど同じ結果になった」とか経験ありません?
 複雑な行為でも極限まで単純化してった場合、こうすれば必ずこうなるという必然が出てきます。その必然が含まれていた場合、見た目には違っても同じ結果が生まれるわけです。
 この必然を武術では〝理合〟と言います。そして理合を体現するために、技があります。
 それは療術でも一緒だと、自分は考えます。
 筋紡錘・腱紡錘の反射というごくごく基本的な反応を利用していれば。方法は違っても同じ結果を生むわけです。 
 また筋紡錘・腱紡錘とは関係ありませんが、理合いが合えばこんな場合こんな場合にも共通項が生まれるわけです。

 とか書くと「痛くない施術でも結果が一緒なら痛い施術は〝必要ない〟んじゃない?」という声が聞こえて来そうですね。
 痛みをまったく感じない施術で改善するならそれが一番でしょう。実際、腱引き師の中には「痛くない腱引き」目指している人もいます。逆に「痛い腱引き」というのを突き詰めている(?)人もいます。または独自のスタイルを貫く人もいます。ぞれぞれが良いと思った施術をしているのです。自分としては、必要な時以外には痛くない施術をしたいです。
 この辺は施術する側とされる側、それぞれが必要だと思うかどうかじゃないかと。意味もなく痛いのは絶対にダメですが。
 極論を言えば恵方巻と一緒で、なんだっていいのかもしれないですね(笑) 特に受ける側は。
 腱引きでなくっても良いし、もちろん腱引きであっても良いわけです。
 最終的に大事なのは理合じゃないの、と個人的には思いながらやってます。今の自分にとって理合を体現するための技が腱引きというだけで、探しているのは理合なわけです。

 あと療術に限ったことではないのでしょうが、色々なブログなどをみていると、希に「勝ち」「負け」にこだわる方がいらっしゃいます。特に他流との比較で。
 改善できたから「勝ち」、できないから「負け」と。もちろん改善できた方がいいに決まっています。でも、「勝ち」「負け」ってのはなんか違うんじゃないかなと思います。
 自分も「腱引きのここが優れていますよ」というのは良く書きます。だからと言って「勝っている」「負けている」とかは書いてはいません。それぞれに良いところがある。その中でも腱引きはこれがいいんだよ、と書いているわけです。
 それぞれを〝必要〟とする人がいるから〝価値〟はある。けど、療術に〝負け〟はないんじゃないの? と思うわけです。
 
 恵方巻はスイーツだったよ、という方。
 今年は「まるごといわし巻」だったよ、という方。

 東広島道場でお待ちしております(笑)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━

←ランキング参加しました。

臨時休業のお知らせ。

 曇るとまだまだ寒いですね。

 さて、誠に勝手ながら2/21(土)は臨時休業とさせていただきます。
 それ以外は、通常通りの日曜定休になります。
 ご迷惑をおかけいたしますm(_ _)m

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━

←ランキング参加しました。

検索フォーム
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

KenbikiNeko

Author:KenbikiNeko
腰痛・肩こり・頭痛・関節痛なんでもござれ。
東広島の腱引き屋です。
猫が好き。自転車いじりが趣味。

ランキング参加しました。
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる