腸が動くと温まる?

 なんかこの前からブログで寒い寒いばっかり言ってますが、ホントに寒くなりました。
 どれくらい寒さを実感しているかと言うと、布団の暖かさが心地よく感じるくらいに実感しています(笑)

 さて、このくらい寒くなってくると普段の生活でも体が縮こまって来ます。
 そうすると普段の動きが小さくなったりします。震えたりして伸び伸びと動けない。
 ちなみにこの寒くて震えるという動作は「ふるえ産熱」と言って筋肉が無意識に細かく振動することにより、熱を生み出しているのです。
 筋肉の発熱量はかなりのもので、横紋筋(いわゆる骨格筋)の産熱量は安静時では全体の約25%ですが、筋活動時では約75%にもなると言われています。
 だから運動すると体温が上昇するし、体温が上がりすぎると汗を出して気化熱で放熱します。寒いときは毛穴を閉じたりして放熱を防ぎます。
 産熱には他に「基礎代謝(最小限の生命維持活動)」「食事誘発性産熱反応(要するに食事後の消化活動)」「非ふるえ産熱(肝臓や褐色脂肪組織なの働きによる)」「ホルモンの作用」などがあるそうです。
 人間というのは産熱と放熱を使って、体温を一定に保つ為ようになっているんですね。

 ということは、冷え性の人は色々な原因があるとは思いますが、概して産熱と放熱のバランスが悪いからということになります。
 そんな方には、腸揉みがオススメです。
 腸揉みについてはこのブログでも何度か取り上げています。

 数日は体が温かかった。
 そこは我々が350年前に通った道だ!

 詳しくは上の二つの記事を読んでもらうとして、なぜ腸揉みをすることで暖かくなるのでしょうか?
 個人的には、理由は二つあると考えています。

 一つは腸揉みにより、腸の活動が活発になるということ。
 腸の活動というと真っ先に思いつくのはなんでしょか? 食物の消化と吸収? 排便?
 消化と吸収ということなら、先に挙げた「食事誘発性産熱反応」による産熱がありますね。
 また排便は腸が蠕動運動を行うことによって起こります。運動を行うとうことは、エネルギーを消費し熱が生まれるということです。便秘だとこれがない状態ということです。

 じゃあ、腸揉みによって食事しなくても消化活動が起こるのかというと……もちろんそんな訳はありません。便秘に関しては改善しますが。
 腸揉みを行うと何が起こるのかというと、刺激により活動を始めるということです。大事なのはこの〝活動を始める〟ということ。腸が活動するには当然エネルギーが必要になります。そしてエネルギーを消費することによって、熱が生まれるのです。
 逆に言えば、十分活動できていない腸は十分な熱を生み出さないということになります。
 人間には核心温度(深部温度)というのがあって、脳や臓器など重要な器官がある場所を一定の体温に保つようにできています。体表面ではなく、体の中心を優先して温めるようになっているのです。
 ちなみに直腸温は37.0~37.5℃に保つようにでいています。よくミステリなんかで監察医が検死の際に直腸温を調べてますが、この直腸温は生命活動の喪失によって時間と共に下がってきます。直腸温の下がり具合が死亡推定時刻を推理する目安になるわけですね。
 その核心温度を一定に保つために役立っているのが血流です。動脈によって送られた熱は深部の静脈と熱交換を行い、あるいは体表の静脈と熱交換を行い体全体を温めます。
 このとき腸が冷たければ、より多くの熱を腸に与えて温めることになります。ここでも熱交換がおこるわけですね。
 これが腸がしっかり活動していれば与える熱はより少なくて済み、体の他の部分へ回す熱が増えるということになります。
 体の末端にまで十分な熱を持った血液が巡りやすくなるわけです。

 二つ目の理由は、自律神経と腸の関係。
 自律神経の乱れというのは交感神経と副交感神経のバランスが崩れることで起こるのが有名です。
 ストレスなどにより交感神経が強く働く状態が続くと血管は収縮状態を続け、末端への血流が阻害されます。これは、手足に血液が熱を運んでくれない状態を作ります。
 逆に交感神経が強く働く状態が続くと、血管は拡張したままとなり表層の静脈との熱交換が必要以上に行われます。すると体温はどんどん放熱されます。さらには血圧も低くなるために、血液を循環させにくくなります。
 これってどちらの場合も、いわゆる冷え性の状態だと思いませんか?
 ちなみに体温の管理というのは脳によって行われます。脳の視床下部にある体温調節中枢がそれです。この体温調節中枢が体温を一定に保つための指令を出しているわけですね。そして体温調節中枢は自律神経系に属しています。
 自律神経が乱れると腸が働かなくなるわけですが、その逆も然り。自律神経失調症とまではいかなくても、腸が働いていないと自律神経にも影響がでているはずなのです。
 腸を活動させることにより、交感神経と副交感神経のバランスがとれるよう体を導いてあげるわけですね。そうすることにより自律神経もしっかり働くようになる。
 更には体温の調節もスムーズにいくようになる。

 寒くなって来たし、冷え性なのが心配なんだよねという方。
 自律神経失調症で悩まされている方。

 東広島道場でお待ちしております。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━

←ランキング参加しました。
関連記事
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

そこは我々が350年前に通った道だ!

 毎日毎日暑いですね。東広島道場は南向きに大きな窓が開いてます。  これだととんでもなく暑そうですが、案外そんなことなかったりします。この時期になると日が高くなるんで、うまい具合に日差しの入り込みが柔らかくなるんですね。  逆に冬時期は日が低くなるので日差しも良く入り込みます。晴れていれば結構暖かい。  そう言う意味では、非常にいい立地です。うちの道場。  さて、今回はラジオで面...

数日は体が温かかった。

 みなさん、GWはいかがでしたか?  休暇だった方も、仕事だった方も、お疲れでしたらぜひ腱引きを受けてみてください。  合い言葉は「五月病を吹き飛ばせ!」です。  腱引き療法の頭部調整で頭もすっきり。これはうつ病なんかにも有効だったりします。  うつ病対策として、もう一つ有効なのが腸を整えるということ。  腸が大事というのは常々このブログでも書いてます。  腸の働きが上がるこ...

コメント

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

KenbikiNeko

Author:KenbikiNeko
腰痛・肩こり・頭痛・関節痛なんでもござれ。
東広島の腱引き屋です。
猫が好き。自転車いじりが趣味。

ランキング参加しました。
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる