動かせることに気づくと……。

 年末が近づいてきています。
 東広島道場年末年始の営業です。

  12/29  休業
  12/30 通常営業
  12/31 18:00まで
   1/1   休業
   1/2   休業
   1/3   休業
   1/4   休業
   1/5  18:00まで

 1/5は定休日の日曜ですが、18:00までの短縮営業をさせていただきます。
 正月休みの最後にリフレッシュして、仕事始めに望みませんか?

 さて、以前に「自分の体を気にしてみて下さい」という記事を書きました。

 気にする。気になる。
 体の〝今ここ〟

 二つ目の記事は、動かすときに気にしてみて下さいという内容。今回は〝動かせることに気づけていない〟というお話。

 腱引き療法では運動指導という形で、自分でできる予防や改善の運動を教えています。
 屈伸運動やバンザイ運動。スパイラル運動なんかは、本にも載っているのでご存じの方も多いかと思います。
 運動はどれも単純で簡単なものばかり。スパイラル運動に関しては、慣れていない人は最初だけ難しいかもしれませんが。
 こういった運動に加えて、東広島道場では「肘周り」「肩周り」の不調を抱えた方向けに〝肘の回内・回外運動〟をやってもらうようにしています。
 これはまず、

 ・床もしくは机に手のひらをついてもらい、手首から肩までを一直線(腕を伸ばした状態)にしてもらいます。
 ・その状態(腕を伸ばしたまま)で肘を、反時計回り・時計回りに回転させてもらいます。
 ※この時、肩が動かない(ブレない)事。手が肘の回転に合わせて動かない事。この二点をクリアしていればできているとします。

 これができていると何がいいのか?
 人間というのは直立歩行ができるようになった為、手で道具を扱うことを覚えました。人間の手(腕)はいくつもの筋肉から成り立っています。筋肉そのものは縮む・緩む(伸びる)という単純な行為しかできません。
 しかし、それが互いに連携して複雑な動きを生み出しているのです。
 上記の運動ができている場合、個人的には腕の筋肉の細分化ができていると言っています。
 ある動作をする際、筋肉には動くべき順番がありそれをファイアリングシークエンスと呼びます。
 正しい順序で筋肉が動作するとよいのですが、動作に必要な筋肉の一つに異常があれば、他の筋肉でカバーするか動作そのものが不可能になってしまいます。
 これと同じで、明確な不調がなくとも腕の細分化ができていないと、動かせるハズの筋肉を使わずに一定の動作をしていることになります。

 実は〝肘の回内・回外運動〟を教える際に、まず肘の動きの確認をしてもらっています。
 手の甲を上にして腕を前方水平に伸ばし、甲を翻さないで肘の裏側を上にできるか、というのをしてもらうのです。
 ここでまず、できる人とできない人に分かれます。自分の経験では8割~9割の人ができません。
 そしてできない人も二つに分かれます。
 一つは手の甲が翻ってしまう人。もう一つはそもそも動かす事ができない人。
 このどちらかによって、その人がどの部分まで細分化できていないかというのが分かります。
 機能的にできないのではなく、筋肉の細分化ができていないためその動作に必要な筋肉の使い方(動かすべき筋肉と動かさない筋肉の違い)が分からないのです。
 その証拠にこちらが手を動かないように固定してあげると、肘のみを回転することができます。但し、そもそも動かない人は、腕の細分化ができていないので動かせない場合もあります。ですが機能的にできなというわけではありません。
 この状態を神経回路ができていないと言う事もあります。動かすための伝達経路ができていないんですね。だから脳の動作プログラムが作れないのです。
 でも日常生活の範囲内で行う動作では、できていなくてもなんの不便もないわけです。
 しかし、一つの動作に多くの筋肉を連携できれば、筋肉ひとつ一つの負担というのは減ります。そして動作そのものが柔軟な動きになります。筋肉が柔らかいというより、動きが柔らかくなります。
 すると動作に無理がない分、故障が減ります。
 必要に応じて腕全体を使うことができれば、特に肘周りの故障が起こりにくくなります。肘というのは誰でも簡単に動かすことのできる間接です。簡単に動かせるということは、それに付随した筋肉の使い方に頼りがちなるということでもあります
 一定の筋肉の使い方しかできないと、時には無理をさせるということもあるんですね。
 動かせるはずの筋肉を使わないということは、実はもったいないことなのです。

 ちなみに最初から〝肘の回内・回外運動〟ができる人や、できるようになった人にはもう一歩進んで腕を動かす時に意識してもらうことがあります。
 それは腕の付け根。
 みなさんは、腕ってどこからどこまでだと思いますか?
 それは……次回のネタで(笑)

 ところで今回の記事を読んでるうちにピンと来た方。あなたはたぶん、私と同じものを見て(読んで)います。
 実はこれまでに書いたことは、8年ほど前に一部で話題になった身体操作法で言っていたことなのです。
 その頃に購入した本やDVDを見直していると、当時は「そういうものか」で済んでいたのが「そういうことか!」になったりすることも。
 全ては繋がっているんだなぁと、そして人間のからだって面白いと思うことしきり。

 バンザイ・スパイラルなどの運動が気になった方。
 その身体操作法知ってるよ、という方。

 東広島道場でお待ちしております。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
←ランキング参加しました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

KenbikiNeko

Author:KenbikiNeko
腰痛・肩こり・頭痛・関節痛なんでもござれ。
東広島の腱引き屋です。
猫が好き。自転車いじりが趣味。

ランキング参加しました。
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる