骨で動く。

 前回の続き。

 前の記事で「腕ってどこからどこまでだと思いますか?」という問いかけをしました。
 改めて聞いてみます。
 腕ってどこからどこまでだと思いますか?

 たぶん、多くの人が肩から指先までと答えると思います。
 もうちょっと体や運動について考えたことがある人は、肩甲骨から指先までと言うかもしれません。
 どちらも正解です。
 なぜならそれはその人が意識(認識)している腕の長さだからです。
 前回の記事で「機能的には動かせるけど、それが分かってないから動かせない」というのを書きました。それと同じで、改めて問いかけられた時に意識できる範囲でしか、人は動かせません。
 腕の長さが肩から指先までと意識している人は、肩~指先までの範囲でしか動作することができないのです。

 では自分が考える腕はどこからどこまでかというと、鎖骨から指先までです。
 もっと言うと、鎖骨の胸鎖関節側の付け根から指先までです。
 骨格模型なんかを見てもらえば分かると思うんですが、実は骨同士で体幹に繋がっているのは胸鎖関節の部分だけなんです。
 人間の関節というのは骨同士を靱帯という組織で繋ぎ、余計な動きができないようになっています。腕(上腕骨)は肩甲骨と繋がっており、肩甲骨は鎖骨と靱帯で繋がっています。そして鎖骨は胸骨と靱帯で繋がっています。
 更には胸骨は肋骨に繋がり、肋骨は胸椎(背骨)に繋がっている。
 もちろん骨というのはそれだけでは成り立ちません。靱帯で繋がっているだけではなく、筋肉によって人間の形というものを成り立たせています。
 ですから肩甲骨は筋肉組織で考えると頸椎や胸椎と言ったいわゆる背骨に繋がっています。筋肉によって維持しているからこそ、腱引きのように筋肉に対するアプローチが有効なのですが今回はそれは追求しません。
 今回はまず、指先から骨を追って行ったら鎖骨に繋がりそこから体幹に繋がると思って下さい。
 そして腕というのは鎖骨から始まっていると気づいてもらうために、試しに以下の動作をして見て下さい。

 右手でも左手でもいいです。どちらかの手で、反対の肩を触ってみてください。
 そこから鎖骨を辿って、首の方向へと進みます。すると出っ張りにぶつかると思います。
 その出っ張りに触ったまま、反対の腕(鎖骨を触っている側)を、ラジオ体操のように大きく振ってみてください。
 すると鎖骨の触っている部分が動くのが分かると思います。 
 動くのが分かると、今度は腕を垂らした時と水平まで挙げた時の違いを感じてみてください。
  
 「でも、腕を動かさなくても肩を回せば鎖骨の部分は動くんじゃ……」と思ったアナタ、さすがです。自分の体をよく観察してますね。
 確かにそうです。別に腕を上げたりしなくても鎖骨は動きます。でも大事なのは〝腕を動かしても鎖骨は動く〟ということです。
 デッサン人形のように腕を挙げるのに肩の部分だけでグルンと回るわけではないのです。腕を動かせばその一部として鎖骨も動くのです。
 だから腕というのは、手(指を含む)・前腕・上腕といったパーツで腕ではなく、手の骨(指を含む)・前腕の骨(尺骨と橈骨)・上腕骨・肩甲骨・鎖骨といった繋がりで腕だと思って下さい。その各骨のパーツは関節で繋がっており動くようになっていると。
 その全てが連携して動けば関節が多い分、柔軟な動きができるのです。
 じゃあ、自分は柔軟な動きになっているのかというと…………ごめんなさい、まだ修行中です(^^;)
 もし職場や学校などでラジオ体操をする機会があったら第一体操の1~5を、鎖骨(胸鎖関節)を意識してやってみてください。腕の振りが変わってきます。
 今まで隣とギリギリ当たらない距離でやっていたら、相手に手が当たってしまうかもしれません。

 では腕と似た構造を持つ脚はどうなのか……。この記事を読んで興味が出た方は調べてみてください。
 前回の記事にも書いたように、この考えの基本になっているのは8年ほど前に一部で話題になった身体操作法です。
 その操作法の名前は「体幹内躁法」と言います。
 体幹内躁法の発案者である栢野氏はDVDの中で、最終的には動きの起点は背骨になるんじゃないかと思っていると言ってます。
 この意見には自分も賛成で、動きというのはまず背骨というか体の中で処理するんじゃないかと思っていました。予備動作がない(表面にでない)動きというのは体の中ですでに準備ができているんじゃないかと。
 自分は体幹内躁法とは別の運動でこの考えが浮かんだのですが、それはまた機会があれば。

 ちなみにこの体幹内躁法にある基本動作は、これまた一部には有名な身体操作と同じことを言っています。
 その身体操法は「人間の動作はすべて三つの動作の組み合わせである」と言っています。
 体幹内躁法も人間の動きの中には基本となる動作(基本動作のⅠとⅡ。その組み合わせである二つの釣り合い歩行)が含まれているとしています。数こそ違いますが、動きの本質は同じだ感じました。
 世の中色々な身体操作法はあれど、突き詰めて行けばみな同じ境地にいくのかなと。
 それは、療術にも言えることなんでしょうけど。 

 動くということに関して興味があるんだ、という方。
 ラジオ体操で隣の人と腕が当たったよ、という方。

 東広島道場でお待ちしております。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
←ランキング参加しました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

KenbikiNeko

Author:KenbikiNeko
腰痛・肩こり・頭痛・関節痛なんでもござれ。
東広島の腱引き屋です。
猫が好き。自転車いじりが趣味。

ランキング参加しました。
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる