腱引き〝が〟痛い? 腱引き〝は〟痛い?

 地震、けっこう揺れ大きかったですね。というか、揺れてる時間が長かった。
 深夜でしたので、驚かれた方も多いと思います。
 地震に合われた地域の方、大丈夫ですか?

 さて、ここ最近ある検索ワードから東広島道場のホームページに来る方が増えています。
 そのワードは「腱引きが痛い」。あるいは「腱引き 痛い」です。
 この言葉だけ見ると「腱引き療法は施術が痛いのかどうか」を調べているようにも見えます。「腱引き 痛い」だと特に。
 しかし「腱引き〝が〟痛い」という接続詞から見て、この場合の「腱引き」とは腱引き療法のことではなく部位としての「腱引き」だろうと推測されます。
 いやまぁ、腱引き療法がちょっとだけ痛い施術であることは間違いないですが(笑)

 では部位でいう「腱引き」とはどこか?
 それは背中。しかも肩甲骨の横(背骨側)が「腱引き」と呼ばれる場所になります。
 或いは肩甲骨そのもの(というかその裏?)を「腱引き」と言っていた方もいらっしゃいました。
 「けんびき」(敢えてひらがなで書きます)は方言でもあって、山陰(鳥取?)や四国で使われたりします。
 広島の方でも年配の方は肩甲骨ないし、その横を「けんびき」と呼んでる人がたまにいらっしゃいます。
 特に四国出身の方だと「けんびき風邪」なんて言い方をご存じなんじゃないでしょうか?
 これは首~肩にかけて凝りが酷い状態になった時にでる風邪のような症状らしいです。だから「肩こり」を「けんびき」と言う場合もあるようです。
 なんだバラバラかよと思われるかもしれませんが、地方やその人の思いこみによって微妙に場所は違えど、肩~背中の辺りが「けんびき」という場所なのは理解できると思います。

 で、件のキーワードで調べている方の場合は、肩甲骨の横の痛みについて調べていると仮定します。
 なぜなら、「けんびき」を「肩こり」とした場合は「腱引きが痛い」ではなく「肩が痛い」もしくは「肩こり 痛い」で調べる人が圧倒的に多いと思われますので。
 実際うちに来られるお客さんでもこの「肩甲骨の横が痛い」という症状の方がけっこういらしゃいます(その場合はまんま「肩甲骨の横が痛い」という表現をされます)。
 腱引き療法は腱(筋肉)へアプローチする施術ですので、筋肉の調整でこの症状に対処します。またこういった症状の場合、僧帽筋や菱形筋よりも深い層にある筋肉が原因であることが多いです。 
 更にはこの辺りの筋肉は頭板状筋や頸板状筋のように首に繋がっている筋肉もあるので、原因が背中でない場合もあります。
 筋肉というのは層が重なって存在しているので、それぞれの筋肉が互いに影響を与えあっているのです。ですから原因に関しては、実際に施術をしてみるまでは仮説を立てることはできても断定はできないというのが正直なところ。
 「腱引きが痛い」でこのブログやホームページに辿り着かれた方は、一度、施術させていただければと思います。

 腱引き〝が〟痛いんだよね、という方。
 ひどい肩こりに悩まされているんだ、という方。

 東広島道場でお待ちしております。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━

←ランキング参加しました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

KenbikiNeko

Author:KenbikiNeko
腰痛・肩こり・頭痛・関節痛なんでもござれ。
東広島の腱引き屋です。
猫が好き。自転車いじりが趣味。

ランキング参加しました。
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる