時代と共に変わってゆく。

 もうすぐ6月も終わります。
 一年の折り返し地点に来ました。もう半分……とか思うと、時が経つのが早く感じます。
 よく歳を重ねてくると時間が経つのが早く感じると言います。歳を重ねた分、新しい経験することが少なくなって来るからだ、と言うのは聞いたことがありますね。
 個人的には心のどこかで〝残りの時間〟と言うモノを意識し始めるからじゃないかな、と思ったりしています。

 さて、今回は自転車ネタ。
 こんな記事を発見。自転車免許です。各自治体や警察が独自発行するものなのでもちろん法的効力はありません。
 でも、自転車の交通ルールやマナーを学んでもらうという目的は十分に果たせてると思います。
 特に高校で発行し、この免許がないと自転車通学を許可しない。また特典もある……というのはいいですね。
 自転車に関する取り締まりも強化されてきてますので、キッチリルールを学ぶ機会があるのはいいと思います。

 自転車のルールと言えば、自分が小学生の頃は少し変わったルールがありました(今どうなってるのかは分かりません)。自分が通っていた小学校では低学年の時は道路で自転車を乗ってはいけない、というローカルルール(ハウスルール)です。
 ローカルルールですから当然、適用されるのはその小学校に通う生徒のみ。他の小学校(同じルールがあったかは覚えてないです)の生徒はもちろん、入学前の未就学児にも適用されません。
 そのため、ちょっと面白いことが起きます。自分が自転車に初めて乗ったのが5歳の時。まだ小学校入学前です。
 だから道路でも平気で自転車に乗ってました。でも入学した途端、低学年の間は道路で乗れなくなります。入学式の前日まで乗っていたのに(笑)
 小学校のローカルルールの意義は確か「小さな子供(主に10歳未満)が道路で自転車に乗るのは危ないから」だったような気がします(うろ覚え)。そうなると未就学児も当然駄目ななずですが、そこはローカルルール。
 法律ではないし、条例でもないのでこういう矛盾が出てきます。
 最近は法律で言えば13歳未満の子供にヘルメット着用の努力義務がありますね。これは努力義務なので、着用してる子供としない子供がいますがローカルルールのような矛盾は起きません。

 自転車免許も、それがないと自転車津学不可というのであればある意味ローカルルールです。
 でも今の自転車ブームが定着し、色々な問題が顕在化し始めると、こういったローカルルールや自転車に関する社会通念が条例化や法律化されていくのかもしれませんね。
 まぁその前に、現在の交通ルールをしっかり守りましょうという話もあるんですが。

 小学生の時に同じルールがあったよ、という方。
 自転車免許は持ってないけど「なめ猫」の免許はもってるよ、という方。

 東広島道場でお待ちしております(笑)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━

←ランキング参加しました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

KenbikiNeko

Author:KenbikiNeko
腰痛・肩こり・頭痛・関節痛なんでもござれ。
東広島の腱引き屋です。
猫が好き。自転車いじりが趣味。

ランキング参加しました。
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる