2014年7月の伝承会。

 7/27(日)は広島伝承会でした。
 次回は8/31(日)になります。場所は神崎会館を予定しています。
 参加希望の方や見学希望の方は本部広島道場広島むらもと道場東広島道場のいずれかへ問い合わせください。

 今月の伝承会で、広島伝承会も丸三年となりました。
201407広島伝承会

 開催当初に比べて、腱引きを取り巻く状況というのも変わってきています。一番大きいと思われるのが、徳島大学・モンゴル健康大学と共同で腱引きの研究が行われるというもの。 
 徳島大学にはコーディネーショントレーニングの荒木教授がおられますが、師匠と腱引きのことも含め運動学について色々お話していたとのこと。
 師匠はこの日は徳島~大阪~広島と西国遠征の最終日。お疲れの様子で、ヒーリングができる弟子が二人がかりでヒーリング。気持ちよさそうにされていました。
二人がかりでヒーリング

 そして広島伝承会の方は腱引き師が増えてきました。また現在の受講生も着々と腱引き師になってきています。
 腱引き師の数が増えるということは、それだけ腱引きが世に出てきたということです。
 そして研修生の数は現在、減っています。
 腱引きに興味がある方って、案外多いんですね。しかし、実際習うとなるとそこまで思い切れない方も多い。
 だから一定数いくと、習いたいという人たちも落ち着いてくる。今がその時期です。
 実は習うなら今がチャンスです。今ならほぼマンツーマンで腱引きが習えます。そしてなにより、今なら広島に師匠がきてくれます。

 自分があんまり言うと身内びいきになってしまうのですが、現在『腱引き療法』ほど理論の確立された民間療法はないと思います。
 各流派独自の理論というのは確かにどの療法にもあるし、確立されてもいるのでしょう。
 しかし現在主流となっている科学の分野から解説できる療法って、どれくらいありますか?
 実験結果のデータを持ち出して効果を証明している療法もたくさんあるでしょう。データを用いるのは確かに科学的ですし指標になります。実際、腱引き療法も科学的なデータから効果を検証しています。
 でも理論段階のから科学的な説明をしてくれる療法ってどれくらいありますか?
 腱引き療法というのは、当然のことながら伝統療法の考え方が根底にあります。誤解を恐れずに言ってしまえば〝古い体の考え方・捉え方〟を持っている療法です。
 しかしその〝古い体の考え方・捉え方〟を現代の解釈と照らし合わせてみると、非常に理にかなってる部分が多いのです。そして現代にはない、でも現代の言葉でちゃんと解説できる新たな解釈が腱引きにはあるのです。

 以前の記事にも書きましたが、東広島道場でとっているアンケートの中には「何が決め手となって腱引き療法を受けましたか?」という問いもあります。その中には以下のように回答されている方もいらっしゃいます。

CN回答

KK回答

MA回答

 腱引き療法で良くなるのにはちゃんとした理由があります。またなぜ不調は起きたのか、改善するために何をしたのか。予防するためには何をすればいいのか。それをきちんと説明します。
 最近来られたお客さんの中には腱引き療法の新刊を読まれ、また道場での説明を聞いて納得できたという方もいらっしゃいました。

 腱引きはこれから大きく羽ばたいていくと思います。
 療術に興味のある方や、すでにプロとして活躍している方。または医療関係者の方で今までとは違う何かが欲しいと思っている方。
 その一翼を担ってみませんか?

 広島伝承会でお待ちしております。

 そしてそこまで本格的に学んでみたいわけではないが、腱引き療法に興味があるという方。
 現在東広島道場では、サークル的な感じで腱引きとふれ合える場をつくろうと考えています。
 興味のある方は、ぜひお問い合わせください。問い合わせはメールでも受け付けております。

 東広島道場でお待ちしております。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
←ランキング参加しました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

KenbikiNeko

Author:KenbikiNeko
腰痛・肩こり・頭痛・関節痛なんでもござれ。
東広島の腱引き屋です。
猫が好き。自転車いじりが趣味。

ランキング参加しました。
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる