施術メモ:肘の痛み。

【プロフィール】
 40代男性。

【来店理由】
 右肘を伸展させると痛みが出る。最近、仕事で重いものを持ち上げることが多かった。

【施術内容】
 一回目。
 まずは基本施術で手~肩の調整を行う。腱引き療法で注目するのは腕のの巻き。
 腕と脚は内側に。体幹前面は正中線。背面は背骨に向かって筋肉は〝捲いている〟と考えている。
 腕の場合は、この〝巻き〟が強い(回内方向)、或いは弱い(回外方向)が腕~肩の調子をみる判断基準の一つ。
 この男性の場合は巻きが強いと判断。恐らく重いものを持つことが多かったため(ちゃんと内巻きになっていると腕に力が入る。逆に言えば力を出す為に巻きを強くした)
 巻きも調整と、痛みのでる肘部位に繋がる筋肉を分ける。
 多少痛みが残るが、ゆっくり伸展させると問題がないところで終了。

 二回目。
 過伸展ぎみにすると痛みがあるが、前回のようにゆっくりでなくとも痛みは出ない。
 今回も巻きの調整。今回は筋肉だけでなく、前腕の尺骨と橈骨を意識して巻きの調整を行う。
 痛みが出なくなったのところで終了。

【運動指導】
 一回目の時に、肘の回内・回外運動を指導。
 これは手首を肩を動かさないようにして、肘の回内・回外を行ってもらうというもの。機能的には可能だが動かす神経回路が十分に発達していない人が多い運動。詳しくは他のブログ記事を参照。
 この運動をしてもらうことにより、腕を使う際の筋肉の動員率が変わります(これを腕が細分化できていると言います)。また、筋肉そのものが柔軟になるのではなく動きが柔らかくなります。
 特に腕を使うスポーツをされている方は、腕の細分化ができていると故障しにくくなります。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
←ランキング参加しました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

KenbikiNeko

Author:KenbikiNeko
腰痛・肩こり・頭痛・関節痛なんでもござれ。
東広島の腱引き屋です。
猫が好き。自転車いじりが趣味。

ランキング参加しました。
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる