施術メモ:腰痛(臀部付近の痛み)

【プロフィール】
 40代男性。

【来店理由】
 腰の左側に痛みがあり、色々な所へ行ったが改善しなかった。

【施術内容】
 一回目。
 詳しく聴いてみると、痛みは臀部寄りに出ている。
 臀部寄りの痛みということで腰の腱を入れ、臀筋調整まで行って確認。痛みは減少。
 今度は、前屈で痛みが発生するようになる。これは最初になかった痛み。
 そこで今度は大腰筋の検査と調整。すると二度目の検査(施術後の確認)の時に左の股関節に痛みが出る。
 これも最初の検査では出なかった痛み。さらに股関節(大腿骨頭側の調整)を行うと痛みは消失。
 左の大腿裏(ハムストリングス)と両脚の下腿が気になったので調整。特に下腿は巻きの状態が悪かった。
 最終的に腰~脚の調整が終わった時点で確認してもらうと、主訴であった腰の痛みもほぼ消失。敢えて気にするならというレベルまで減少。
 運動指導をして様子をみてもらうことに。

※調整していくごとに新しい痛みが出たり、痛みの場所が変わったのは施術によって筋バランスが変わっている証拠になります。それは施術の読みが当たっているということでもあります。腱引き療法は手順を追って施術を行う(アルゴリズムを考える)ことにより改善を目指します。

 二回目。
 痛みの方はなくなったが、左臀部にまだ違和感があるとのこと。
 座骨神経の位置が今一つだったので調整。脚の調整で膝押しというのがあるのだが、その時に左脚の反応が変だった(こっちの圧に対して痙攣っぽい反応を起こす)
 股関節に対する圧への反応なので、もう一度、大腿骨頭側を調整。
 歩いてもらって違和感もなくなったので終了。 

【運動指導】
 一回目の時に、ハの字屈伸運動を指導。これは足をスキーのボーゲンのようにして、両膝をくっつけるように屈伸するというもの。
 これにより拇指丘側に体重をかけるクセがつく。
 この方の場合、腰痛の原因は下腿の巻き状態が悪かったことから足の安定にあると推測。人間は二足歩行なので足裏がセンサーになり常に情報を脳に送っている。
 その情報を元に体全体のバランスをつくるので安定していないと足より上で調整をとろうとします。この方の場合はそれが腰だった(特に股関節)のでその箇所に無理が出てきていたと思われます。
 二回目に来られた時は、見本にしたいくらい仰向けのなった時の足がまっすぐになっていました。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
←ランキング参加しました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

KenbikiNeko

Author:KenbikiNeko
腰痛・肩こり・頭痛・関節痛なんでもござれ。
東広島の腱引き屋です。
猫が好き。自転車いじりが趣味。

ランキング参加しました。
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる