施術メモ:膝の痛み(曲げた状態から伸ばすと痛い)

【プロフィール】
 50代女性。

【来店理由】
 膝を長時間曲げていると右膝に痛みがでる。
 家では正座中心の生活をしているのでつらい。

【施術内容】
 一回目。
 右膝の膝蓋骨の位置が変で動きが悪かったので、膝押しなど基本施術で動きを出す。
 動きが出たことにより痛みがほぼなくなったので、この時は終了。

 二回目。
 当日は良かったが、痛みがまた出る。膝蓋骨を確認するとまた動かなくなっている。
 今回も膝蓋骨の動きを出すことで改善。子供の頃から脚を伸ばした時に膝の皿がよく鳴っていたとのこと。
 この膝の鳴りを目安に(鳴らなくなった時に痛みが出るようになるはず)、様子を見てもらうことに。

 三回目。
 痛みは減ったが、まだ違和感が残るとのこと。膝の皿の動きはちゃんと出ている。
 今回は膝押し中に、下腿の骨(脛骨と腓骨)が前方に動く気配(前十字靱帯断裂のように実際に動くわけではない)があり、この調整で痛みが完全になくなる。
 このことから、膝が過伸展ぎみだったのではないかと推測。話してみると、実際立っていると膝が逆に曲がっているような感覚になることがあるとのこと。

【運動指導】
 立ち方と歩き方。
 立っている時には過伸展にならないように、軽く膝を曲げることを意識して貰う。
 歩いているときはつま先から着地することにより、膝を僅かに曲げて歩くようにしてもらう(踵着地だと膝を伸ばして歩くようになる)

※この方の場合は、長年膝関節の過伸展を続けたことにより膝周りの筋肉及び靱帯が必要以上に緊張(膝関節を守るため)し大腿骨と脛骨の関係が捻れてしまったのだと推測。それにより膝蓋骨の動きが悪くなり、膝の屈曲に影響がでたのだと思います。
また、三回目に大腿と下腿の位置関係が修正できたのは、二回目の施術後に膝蓋骨がちゃんと動く状態で日常生活を続けることができたので、靱帯及び筋肉に余裕ができた(過伸展から守るための緊張が解けた)為だと思われます。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
←ランキング参加しました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

KenbikiNeko

Author:KenbikiNeko
腰痛・肩こり・頭痛・関節痛なんでもござれ。
東広島の腱引き屋です。
猫が好き。自転車いじりが趣味。

ランキング参加しました。
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる