〝ひつよう〟と〝かち〟。

 みなさん恵方巻は食べました? 最近は色々なタイプの恵方巻がでてるんですね。
 巻き寿司というだけでなく、スイーツなタイプもあるとか。
 もともと「太巻き(巻き寿司)」を食べるのが良いとされていたはずですが、便乗商品で商魂たくま……ゲフンゲフン。色々と考えるものですね。
 丸ければなんだっていいのかもしれませんね(笑)

 さて腱引きの施術は少しだけ痛いというのは、ブログやコラムによく書いていることです。

 腱引きは痛い?
 実は……痛いんです。

 腱引きの痛みは瞬間的なものなのですが、なぜ痛いのはリンク先を読んでみてください。一つ言えるのは、施術の際の痛みというのは〝必要な痛み〟であるということです。
 意味もなく痛めつけようとして施術しているわけではありませんし、腱引きの施術が全て痛いわけでもありません。
 世の中には痛くない施術というのももちろん存在します。リンク先にも書いてあるように「痛くない」をウリにした整体などもたくさんあります。それを否定する気もサラサラありません。
 ただ、大事なのは「痛いか痛くないか」ではなく、それが施術を行う上で「必要か、必要じゃないのか」だと思うのです。

 この〝必要〟というのは痛みの話だけでなくこちらのブログ記事に書いたことにも言えます。
 この中で『起こってしまった筋紡錘・腱紡錘の余計な反射をいかに解くか。もしくはいかに筋紡錘・腱紡錘の必要な反射を引き出すか』と書いてますが、「余計な反射」と「必要な反射」というのがそれです。
 人間の体というのは常にバランスを取ろうとしています。表面的な筋肉による動作。そして生命維持をしていくための活動もバランスの上に成り立っています。良いときはもちろん、悪い時ですら体は常に頑張ってくれています。
 心と体。常にバランスです。『ベストキッド』のミヤギさんも言っています(笑)
 だから少しでも改善した際は「自分の体を信じてあげて下さい」とか「自分の体を気にするのがメンテナンスの一歩です」というのを書いてきました。信じることで、また気づくことで、よりよいバランスへと導いてくれます。
 そのために必要であれば痛みを伴う施術を行います。また不要であれば、筋紡錘・腱紡錘の反射を解くし、必要であれば逆に反射を起こさせます。

 ちなみに筋紡錘・腱紡錘の反射というのは、腱引き独自の話ではありません。ごくごく基本的な生理学的反応になります。ですから「筋紡錘・腱紡錘」という言葉は使わなくても、この反応に注目した療法というのはあると思います。
 「やってる事は違うけど目的は同じ」とか「考えは違うけど同じ結果になった」とか経験ありません?
 複雑な行為でも極限まで単純化してった場合、こうすれば必ずこうなるという必然が出てきます。その必然が含まれていた場合、見た目には違っても同じ結果が生まれるわけです。
 この必然を武術では〝理合〟と言います。そして理合を体現するために、技があります。
 それは療術でも一緒だと、自分は考えます。
 筋紡錘・腱紡錘の反射というごくごく基本的な反応を利用していれば。方法は違っても同じ結果を生むわけです。 
 また筋紡錘・腱紡錘とは関係ありませんが、理合いが合えばこんな場合こんな場合にも共通項が生まれるわけです。

 とか書くと「痛くない施術でも結果が一緒なら痛い施術は〝必要ない〟んじゃない?」という声が聞こえて来そうですね。
 痛みをまったく感じない施術で改善するならそれが一番でしょう。実際、腱引き師の中には「痛くない腱引き」目指している人もいます。逆に「痛い腱引き」というのを突き詰めている(?)人もいます。または独自のスタイルを貫く人もいます。ぞれぞれが良いと思った施術をしているのです。自分としては、必要な時以外には痛くない施術をしたいです。
 この辺は施術する側とされる側、それぞれが必要だと思うかどうかじゃないかと。意味もなく痛いのは絶対にダメですが。
 極論を言えば恵方巻と一緒で、なんだっていいのかもしれないですね(笑) 特に受ける側は。
 腱引きでなくっても良いし、もちろん腱引きであっても良いわけです。
 最終的に大事なのは理合じゃないの、と個人的には思いながらやってます。今の自分にとって理合を体現するための技が腱引きというだけで、探しているのは理合なわけです。

 あと療術に限ったことではないのでしょうが、色々なブログなどをみていると、希に「勝ち」「負け」にこだわる方がいらっしゃいます。特に他流との比較で。
 改善できたから「勝ち」、できないから「負け」と。もちろん改善できた方がいいに決まっています。でも、「勝ち」「負け」ってのはなんか違うんじゃないかなと思います。
 自分も「腱引きのここが優れていますよ」というのは良く書きます。だからと言って「勝っている」「負けている」とかは書いてはいません。それぞれに良いところがある。その中でも腱引きはこれがいいんだよ、と書いているわけです。
 それぞれを〝必要〟とする人がいるから〝価値〟はある。けど、療術に〝負け〟はないんじゃないの? と思うわけです。
 
 恵方巻はスイーツだったよ、という方。
 今年は「まるごといわし巻」だったよ、という方。

 東広島道場でお待ちしております(笑)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━

←ランキング参加しました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

KenbikiNeko

Author:KenbikiNeko
腰痛・肩こり・頭痛・関節痛なんでもござれ。
東広島の腱引き屋です。
猫が好き。自転車いじりが趣味。

ランキング参加しました。
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる