施術メモ:総合格闘技(練習中に肩から落下)

【プロフィール】
 20代男性。

【来店理由】
 総合格闘技の練習中に、投げられたさい左肩から落下。痛みで腕を自力で横から挙げることができなる。
 2週間経っても変わらないので来店。

【施術内容】
 腕を横から挙げる時は、水平より上に挙げられない。しかし正面から挙げる場合は痛みはあるが水平より上には挙がる。
 このことから、落下の衝撃により肩鎖関節部分の筋に捻れが生じたのだと推測。基本施術からの調整で、自力で挙げれるようになるがまだ痛みは残る。
 お客さんとの会話の中で、体を丸めた(肩を前方に丸めた)状態で落下したことを聴いていたので、肩甲骨前方の烏口突起ならびにそれに付随する上腕二頭筋の短頭の捻れを疑い調整。
 挙上して頭の後ろを触る際に肩甲骨の上部の痛みが残るのと、バンザイをする際に前側に痛みが残るとのこと。回旋筋腱板(ローテーター・カフ)の調整を行い、二頭筋長頭の調整も行う。
 どの方向から挙上しても、ほぼ痛みなしの状態まで改善。
 肩についての運動指導を行い、様子をみてもらうことに。

【運動指導】
 手のひらを上にして前方から挙上。その後、手のひらを返し降ろす運動を指導。
 これにより肩周りの筋肉(特に二頭筋長頭の位置)を自ら正常な位置へともってきてくれるようになります。

本来ならこういった原因があった場合、まず骨に異常がないかレントゲンを撮って確認をしてもらうのが理想です。安静状態で肩周りの骨に触れても痛みなどはなかったので今回は施術しましたが、状況によっては骨に異常がないと確認がとれるまで施術をお断りすることがあります。
肩の場合は前腕の捻れを見ながら調整をしていきますが、この方は前腕の捻れはほぼなし。なので単純に落下の衝撃による筋の捻れと推測しました。
総合格闘技を練習されているだけあって、筋肉量もあり足腰の筋肉は柔らかくて良い状態でしたが、上半身(特に左肩周り)の筋肉は固い状態でした。
衝撃から守るために、筋肉が緊張していたのだと想います。


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
←ランキング参加しました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

KenbikiNeko

Author:KenbikiNeko
腰痛・肩こり・頭痛・関節痛なんでもござれ。
東広島の腱引き屋です。
猫が好き。自転車いじりが趣味。

ランキング参加しました。
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる