2015年5月の伝承会。

 5/31(日)は広島伝承会でした。
 次回は6/28(日)になります。場所は神崎会館を予定しています。
 参加希望の方や見学希望の方は本部広島道場広島むらもと道場東広島道場のいずれかへ問い合わせください。

 また、次回の伝承会での注意事項があります。
 次回(6/28)の広島伝承会に、師匠は来広しません。なので6/28(日)は小口昭宣の個人セッションは受けられませんのでご注意下さい。
 なお公認腱引き師による通常の体験施術は受けることができます。
 腱引き療法がどんなものか体験してみたい方は、ぜひお越し下さい。

 さて、受講生が少なくなってきた広島伝承会ですが、少ない分濃い伝承会になることがよくあります。
 今回は診断師コースの受講生を、なんと師匠みずから直伝で指導。接触診断の講義でした。
 膝を痛めている師匠自らの体を使っての講義です。
 そうなってくると当然、他の腱引き師達も興味津々なわけで……。

 腱引き療法では「検査・診断・施術」が大事だと言われています。これは単にこの三つが大事というだけでなく、この順番に行うのが大事ということでもあります。
 まず検査をしてどの動きでどのような障害が出るのかを確認する。この時に検査を受ける側が負担の少ないようにちゃんとサポートしていく。それを何度も行い、障害(今回の場合は痛み)が出る場合と出ない場合を洗い出し、どのこ筋肉(の筋紡錘や腱紡錘)に異常があるのかを絞り込んでいく。
 絞り込んで初めて腱引き的な診断(医療的な診断ではありません)を行い、診断を元に遠位からアプローチしていく。
 そして確認。
 確認後にまだ改善が見られなければ検査からやり直して更に細かく洗い出します。あるいは診断を見直します。
 師匠の指導の元、研修生の方は見事に膝を改善しました。

 接触診断に関しては動画を見ながらの解説を何度か受けているのですが(接触診断に関わらず、伝承会では最初に動画を見ながらの解説があります)、これをライブで見れたのは非常に大きいです。
 特に受講生の方は非常に良い経験をしたと思います。
 受講生の方は恐らく師匠の言っていたことの半分も理解できていないと思います。解剖学の知識がまだまだ少ないので、筋肉の名前を言われ、その働きを言われても理解できないところも多々あったでしょう。
 ただ言われた通りにやっただけなので、自分で改善した実感も少なかったんじゃないかと思います。
 でもそれは紛れもなくあなたの体験であり、経験となり、財産となります。
 そして経験の積み重ねが、一撃改善への道のりになります。

 かく言う自分もまだまだ経験が足りません。もっともっと経験を積み、一撃改善の域へと足を踏み入れたいと思います。

 療術に興味があり、今までと違う〝何か〟を求めてる方。
 色々な所に行ったけど、今の自分の症状は良くならないと思っている方。

 広島伝承会&体験会でお待ちしております。
 もちろん、東広島道場でもお待ちしております。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
←ランキング参加しました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

KenbikiNeko

Author:KenbikiNeko
腰痛・肩こり・頭痛・関節痛なんでもござれ。
東広島の腱引き屋です。
猫が好き。自転車いじりが趣味。

ランキング参加しました。
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる