施術メモ:脚の痛み(臀部から大腿部外側に痛み)

【プロフィール】
 60代女性。

【来店理由】
 社交ダンスを習い始めてから左の臀部~大腿部にかけて痛みを感じる(動いたとき全般)ようになった。
 また腰も痛い時がある。

【施術内容】
一回目。
 痛みが出始めたのが「社交ダンスを習い始めてから」。踊るときの姿勢を見せてもらうと「左脚体重をかけ腰を反らすような姿勢」をしていた。
 この2点から、過度に左脚に体重をかけ腰を反らした状態を長く続けたために臀筋部を痛めたのだと推測。
 臀筋・大腿筋膜張筋などを主に調整。
 動くときの痛みはなくなったが(特定の姿勢をとると少し痛い)、様子をみてもらうことに。

二回目。
 施術翌日から二日連続で社交ダンスに。その後普段の動作でも痛みはなくなった。
 但し特定の動作(腰を捻った時)で痛みが出るのと、腰が時々ピキッと痛くなることがあるとのこと。
 痛みは相変わらず臀部から大腿部にかけてなので、臀筋よりも股関節の問題と推測して軸調整を行う。
 特定の動作でも痛みは出なくなってので様子をみてもらうことに。
 腰に関しては痛みを再現できないので腹筋を意識して行動してもらうように指示。

【運動指導】
 一回目、二回目共に脚挙げ腹筋と、歩き方を指導。

この方は、おそらく社交ダンスで慣れない姿勢を維持するため腰~軸脚に無駄な力が入ってしまっていたのだと思います。
またやや高齢(69歳)なのでダンスによる疲労からの回復が遅く、それでも使ってしまうために痛めてしまったのではないかと思います。
人の体というのは必ず治ろうとします。しかし無理を重ねた場合、回復の時間が与えられずに疲労が蓄積し故障してしまいます。
仕事などの事情により完全な休息が難しい場合でも、できるだけ故障箇所に負担のかからない状態を保つことが肝心です。
その際、腱引きで筋肉の位置などを整えておくと効果的です。


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━

←ランキング参加しました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

KenbikiNeko

Author:KenbikiNeko
腰痛・肩こり・頭痛・関節痛なんでもござれ。
東広島の腱引き屋です。
猫が好き。自転車いじりが趣味。

ランキング参加しました。
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる