施術メモ:臀部の痛み(坐骨神経痛)

【プロフィール】
 60代女性。

【来店理由】
 歩くときはもちろん、立っているときでも臀部から大腿部にかけて痛みがある。
 また下腿(膝より下)にも痺れや痛みが出ることがある。
 病院では脊柱管狭窄症が原因ではないかと言われる。

【施術内容】
一回目。
 症状としては坐骨神経痛。なので、臀筋を主に脚部までを念入りに調整。
 通常は臀筋を調整後に側臥位で梨状筋から遠位(足の方向)に伸びる坐骨神経ラインを調整するが、今回は腱引きで言うところの三本目の腱も調整。
 痛みもなく、歩くのに問題がなくなったので様子を見てもらうことに。

二回目。
 一回目の施術後に、犬の散歩をしていてまた痛みが出るように。但し、最初の頃のような痛みはなし。
 今回も臀部の坐骨神経ラインと三本目の腱を調整するが、前回ほどのズレはなし。
 痛みがなくなったのでまた様子をみてもらうことに。

三回目。
 同じく痛みはあるが、最初に比べてかなり軽い痛み。痛くとも普通に歩ける様子。
 今回も同じ調整を行い、痛みは消える。

四回目。
 しばらくは痛みもなく調子が良かったのだが、調子が良いので無理をして動き過ぎてまた痛みが再発。
 やはり同じ調整を行う。二回目に比べても腱のズレは少なくなっている。
 今回は本人に余裕が出てきたせいか、臀部よりも下腿部分の不調を強く訴える。
 下腿は神経痛ではなく浮腫みが原因。まず下腿を流し、腓骨回関係の調整を行う。
 坐骨神経痛と下腿の痛み(痺れ)が消えたので、また様子をみてもらうことに。

【運動指導】
 歩き方の指導。
 あと、脚が浮腫んできた場合のケアの方法を指導。

この方は脊柱管狭窄症と言われ手術をすることになっているが、手術を受けるまでが長いので少しでも痛みを和らげたいということでいらっしゃいました。
今回の症状は腰部の筋の状態が悪く、そこから梨状筋などの臀部の筋肉へと影響。坐骨神経痛の症状を誘発したのだと思います。
坐骨神経痛は今回のように何度も通っていただく場合と、一度の施術で改善される場合と両極端なケースに別れます。また、施術内容に書いてありますが同じ内容の調整を繰り返すことになります。これは施術が効かないというのではなく、坐骨神経に影響のない筋肉の構成になるよう各筋肉のバランスを体が模索しているからです。
腱引きによる調整によって坐骨神経に影響のない筋の位置というのは導き出せますが、様々な条件下でそれをキープできるかは本人の筋肉の状態(疲労具合や連携が上手くいくか)にかかっています。
一度で改善できた人は、筋肉の状態が比較的よかった方です。逆に筋肉の状態が良くないと、痛みの無い状況で筋肉の負担を減らし状態を良くしていく必要がでてきます。
この方の場合は三回目の時点でかなり症状は緩和されましたので、比較的早い段階で筋肉の状態が良くなったのだと思います。今後無理をしないようにしてもらえれば、近いうちに痛みは無くなると思います。
正直な話、この方の場合は手術をするまでもない症状だと思います。
整形外科的な疾患で本当に手術が必要かどうか悩まれた時は、いちど腱引きを受けてみてください。

※20160810追記
 この方は結局、手術はしませんでした。そしてその後も少しでも調子が悪いかなと思ったら、すぐに来てくださいます。
 お話を訊く限りだと、最初の頃の痛みはなく「あれはなんだったのか」と思われるそうです。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
←ランキング参加しました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

KenbikiNeko

Author:KenbikiNeko
腰痛・肩こり・頭痛・関節痛なんでもござれ。
東広島の腱引き屋です。
猫が好き。自転車いじりが趣味。

ランキング参加しました。
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる