腸がいろいろ。

 暖冬と言われたお正月。そこからしばらくは、寒いと言っても本格的な寒さは感じませんでした。
 しかし先週半ばあたりからめっきり寒くなりましたね。
 今週は雨模様の週になりそうで、ようやく本格的に雪が降りそうです。

 さて、こんな本を読みました。

 『病気の8割は腸とミトコンドリアで治る!

 Amazonから直接貼り付けできなくなったんですね(^^;)
 田中保郎先生と西原克成先生の対談本です。
 西原先生についてはお恥ずかしながらこの本で初めて知りましたが、田中先生と言えばこのブログでも何度か取り上げています。

 腸は超大事!
 東西融合。

 腸が大事と訴える、現役の医師です。田中先生の提唱される「考根論」は個人的に納得できるものでもあります。
 また西原先生の提唱される話にも納得できるものがあります。西原先生はこの中で病気にならない三原則として「腸を冷やさない」「骨休めをする(睡眠をしっかり取る)」「口呼吸をやめる」を挙げています。
 特別なわけでも難しいことでもなく、非常にシンプルでよい三原則だと思います。
 所々お互い意見のくい違いはありますが〝治す〟ということに関してはお二人とも真摯に向き合った良い本でした(少々出版社側で扱っている商品の宣伝ぽい部分があるのが気になりましたが)

 と、昨日は腸に関する本を読んでいたわけですがその前日(土曜)にちょっと面白いメールがサイトの問い合わせから届きました。
 なんてことはない、ある手技療法のDVDを販売しているというただの営業(宣伝)メールでしたが、その内容が「腸」に関するものでした。
 要約すると「最近は腸内フローラや腸に関することが話題になっています。この手技は腸(おなか)に注目した調整法です。この手技を習得すれば腸○○という看板を出せるから儲かるよ」というものでした。
 もともと違う名前で商標を登録してあるようですが、腸が話題になっているので「腸」の文字を取り入れた名前にしたようでなんとも商魂たくま……ゲフンゲフン。

 で、このメールの何が面白いのかというと「腱引き」の看板を掲げているうちに送ってきたのが面白いなぁと思ったのです。
 腱引きには「腸もみ」という技術があります。それは昨日今日考えられたものではなく、昔から伝わっている手技です。
 そのあたりの事は少しだけこのブログでも取り上げています。

 そこは我々が350年前に通った道だ!

 腱引きと言えば「ぎっくり腰」や「五十肩」「捻挫」などが現在のイチオシ(?)になりますが、「腸もみ」という腸に関するアプローチも行っています。
 腱引きの腸もみを受けると何がいいかについてはブログの各記事を参考にしてみてください。

 しかしまぁ、現在は『腸関連のビジネスが日本中の熱い視線を浴び』『チラシに「腸」の文字を入れるだけで予約が増えてしまう時代』とは知りませんでした(笑)
 サイトに大きく「腸」の文字を入れてみようかしらん(笑)
 いや真面目な話、「腸」の時代なのかもしれないですね。

 「腸」の文字に反応した方。
 最近どうも体がだるくて……という方。

 東広島道場でお待ちしております。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
←ランキング参加しました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

KenbikiNeko

Author:KenbikiNeko
腰痛・肩こり・頭痛・関節痛なんでもござれ。
東広島の腱引き屋です。
猫が好き。自転車いじりが趣味。

ランキング参加しました。
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる