施術メモ:肩の痛み(後ろに回すと痛い)

【プロフィール】
 30代男性。

【来店理由】
 肩の痛み(左肩)を感じ、他の整体院へ。
 四十肩ではないかと言われ通院するが改善具合が芳しくないので当店へ。

【施術内容】
 まず前提として「腕を伸ばしたまま後ろに回す(肩の伸展位)と痛い」「前方や横から腕を上げるなどの動作はできる」。
 そして「痛くなる前に、左側臥位で頭を腕で支える(いわゆる涅槃のポーズ)」をとって長時間タブレットを操作していた、があります。

一回目。
 腱引きの考える四十肩・五十肩のチェックポイントに引っかからなかったので、四十肩・五十肩ではないと推測。肩と体幹を連絡する筋肉(前方と後方の筋肉)を中心に調整。
 痛みは消えたので様子をみてもらうことに。

二回目。
 半月後に来店。前回の施術後、一週間はなんともなかったとのこと。
 その後、痛みが再発し始める。痛みの度合いが酷くなったので来店。
 前回は痛い動作をした時に全体的に痛いと感じていましたが、今回は後ろ側が主に痛いとのこと。
 触診で大円筋・広背筋の上腕骨に付着する辺りに強いつっぱりを感じたのと、痛みは肩の伸展位で出るためこの二つの筋肉を調整。また烏口腕筋に固さがあったので、その部分を調整。
 つっぱりも消え、痛みもなくなったので様子を見てもらうことに。

【運動指導】
 腋窩側の筋肉に対するセルフケアを指導。

前提にあるように通常動作は可能であることから、一般的に言われる四十肩や五十肩ではないと推測しました。
 腱引きには四十肩・五十肩と病院で診断された人に対して行う肩上げの施術があります。施術前の検査だけでなく、施術をする際も細部をチェックしながら行います。
 実際、このお客さんはそのチェック項目にも引っかからなかったので、一般的に言われる四十肩ではないと思います。
 今回の原因は涅槃のポーズを長く続けることによって、左腋窩の筋肉が伸ばされすぎてしまい常に筋肉が無駄に緊張していまった為ではないでしょうか。
 恐らく上記のポーズの時、肘をつく位置が通常よりも遠い位置にあったのだと推測されます。
 そうなることで上腕骨に付着する、体幹からの筋肉(今回は特に大円筋や広背筋)が必要以上に伸びまいと筋紡錘を働かせ、通常の長さにもどることができない(緊張したまま)状態になります。
 また大円筋や広背筋の上腕骨の付着部位の緊張が、筋肉全体というよりは細い筋のようなつっぱりだったので、筋肉というよりは筋外膜の緊張ではなかったのかと推測されます。
 筋外膜は筋肉を包む膜組織です。この膜は瞬間的な張力には強い抵抗を示します。しかし長時間、張力をかけ続けると変形してしまします。
 そして膜が強く引っ張られることによって中身の筋肉は動きを制限させられます。
 今回の場合で言えば、通常よりも肘位置の遠い状態で涅槃のポーズをとり続けたために筋膜の変形も起きたのでしょう。
 また大円筋や広背筋は、肩の伸展に関係する筋肉です。筋膜のつっぱりによって緊張方向に制限させられたため、肩の伸展で痛みが出たのだと思われます。
 この変形は可逆性なので、調整によって元の状態へ戻すことは可能です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
ランキング参加しました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

KenbikiNeko

Author:KenbikiNeko
腰痛・肩こり・頭痛・関節痛なんでもござれ。
東広島の腱引き屋です。
猫が好き。自転車いじりが趣味。

ランキング参加しました。
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる