施術メモ:脚の痛み(長時間立てない・歩けない)

【プロフィール】
 70代女性。

【来店理由】
 長時間立つことができず、少しでも長く歩くと右脚(臀部~下腿)に痛み。
 病院にて脊柱管狭窄症と診断。手術をするが改善はせず。

【施術内容】
 左腰部の筋肉が固く、側湾の症状あり。

一回目。
 腰部の筋肉を柔らかくするための施術。右脚の股関節の軸調整と各関節部分の調整。
 浮腫みもみられたので、浮腫みの除去。
 痛みは消えて歩行の問題なくなったので様子をみてもらうことに。

二回目。
 約3週間後に来店。前回の施術の翌日から痛みの戻りはあり。
 今回の施術もほぼ前回と同じ。但し、施術をした感じでは脚の状態などは悪くない。
 痛みが消えたので、様子をみてもらうことに。

【運動指導】
 腰部の筋肉を柔らかくする運動。股関節の状態を保ってもらうための足踏み運動。
 浮腫みをとるためのセルフケア。側湾症に対するストレッチを指導。

この方の場合、脚の痛みの一番の原因は浮腫みではないかと思います。ですので脚の痛みのみを取り除くのであれば浮腫みの除去で事足ります。
つまり脊柱管狭窄症は直接の原因ではなかったと推測できます。実際、手術によって脚の痛みはなくなっていません。
しかしこの方は側湾の傾向にあり、左腰部の筋肉が固く、右腰部は若干の固さはあるが左よりは柔らかい状態です。
この側湾の症状が手術以前からなのかは分かりません。ですが筋肉の状態から腰による衝撃の吸収やバランスの維持が難しいため、腰より下の関節でバランスを取る必要があります。それは脚部で無理をしているということです。
この方の場合は、左脚よりも右脚で体を支え・歩くことが多かったので負担がかかり浮腫みが酷くなったのだと推測されます。
方針としては腰部の筋肉の柔軟性を取り戻し、少しでも脚部の負担を減らすことです。理想は側湾の改善を目指すことです。その為には施術に来ていただくのも大事ですが、指導した運動を少しずつでいいから続けていくことです。
それにより施術後の良い状態を維持できるようになります。
東広島道場ではお客さんと協力して早期の改善を目指していきます。


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
←ランキング参加しました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

KenbikiNeko

Author:KenbikiNeko
腰痛・肩こり・頭痛・関節痛なんでもござれ。
東広島の腱引き屋です。
猫が好き。自転車いじりが趣味。

ランキング参加しました。
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる