主流と亜流。

 来月の7日に、東京で「伝統療法カンファレンス」というイベントが開催されます。
 色々な療術の団体が参加する体験型のイベントで、セミナーの他にも体験施術会があります。
 このイベントに『腱引き療法』も出展します。
 関東近郊の方でないと気軽に参加というわけにはいかないかもしれませんが、興味のある方はぜひ。

 さて、上に出てきた〝伝統療法〟と言う言葉。耳慣れないという方もいるんじゃないでしょうか?
 身も蓋もない言い方をすれば、伝統療法とは読んで字のごとし。昔から伝えられてきた療法のことを言います。
 腱引きは350年の歴史を持つ古武術の活法から来ていますので、伝統療法になりますね。
 似た言葉に〝伝統医学〟というのがありますが、こちらは国家的な広がりがあり、理論と体系を持った昔の医術(現代西洋医学が発達する以前に普及していた医術)になります。

 ところで伝統療法ではなく〝代替医療〟と言う言葉なら聞き覚えのある方も多いと思います。
 代替医療とはリンク先にもあるように〝通常医療(現代の西洋医学)の代わりに用いられる医療〟のこと示す用語で、現代西洋医学以外の療法や医学も含みます。
 補完医療とも言われますね。
 上に挙げた伝統医学はもちろん、民間療法や手技療法も代替医療にに含まれると、国立補完代替医療センター(海外の施設です)は分類しています。
 そして、伝統療法に分類されるものも、この代替医療に含まれるはず。
 というかベン図のように重なりあっているんでしょうね。

 この代替医療というのが、色々なところで見直されています。
 最近よく見かける『○○は自分で治せる』系の本なんかがそうですね。
 また、日本では西洋医学の視点から代替医療を検証しようとする動きがあり、団体もいくつか創設されているようです(Wikipediaの代替医療の項目より)

 実は伝統療法カンファレンスでも、現役医師2名による伝統療法に関する講演があります。
 その中には「なぜ腱引き療法が効果があるのか?」といった、西洋医学の視点から腱引きを説明した話もあると思います。
 その療法独自の解釈だけでなく、現代の主流である西洋医学での解釈もできるというのは、実は大きいです。
 それは誰もが知っている基本的な知識のレベルまで、解釈を落とし込める確率が格段に上がるからです。

 整体・カイロ・マッサージ。色々行ったけれど……という方。
 説明に納得できましたか?
 現役の医師には敵わないかもしれませんが、できるだけ馴染みのあるの言葉を使って、精一杯説明させていだだきます。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

KenbikiNeko

Author:KenbikiNeko
腰痛・肩こり・頭痛・関節痛なんでもござれ。
東広島の腱引き屋です。
猫が好き。自転車いじりが趣味。

ランキング参加しました。
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる