スポークがない!?

 五月も半ばを過ぎました。このままいくと一年も半ばを迎えますよ? 早いモノですね。
 以前にも書きましたが、この5/18-19で『からだ会議』が開かれます。色々な療術に出会える機会ですので、興味のある方はぜひ。

 さて、定番の自転車ネタ。
 『スポークのない自転車』という記事を発見。
 自転車というのは、ホイールにタイヤがついたものが回転して進みます。このホイールの回転部分がハブと呼ばれる部品。
 そのハブとホイールを繋いでいるのがスポークと呼ばれる部品で細い鉄製(チタンとかカーボン製もある)の棒です。このスポークの太さや本数、張力の強さによってホイールの堅さ(頑丈さ)が決まってきます。
 ちなみに「自転車」「スポーク」とくれば、ある年代以上の人は『ブラックエンジェルズ』を思い出すんじゃないでしょうか(古いって)

 で、件の記事の自転車にはこのスポークがありません。詳しくはリンク先を参照してもらうとして、要は板状のバネ(このホイールではカーボン製)を使うことにより、サスペンションとホイールの機能を同居させようとしているわけですね。
 自転車のサスペンションと言えば、マウンテンバイクに代表されるフロントの大きなサスペンションが真っ先に思い浮かびます。ダウンヒルモデルはリアのサスペンションまでついているものも。
 更には、サスペンション機構を回転部品であるハブに持たせた製品も存在します。
 明らかなサスペンション機構がない場合でもフレームの素材云々で……というのがあるんですが、こちらは割愛。

 自転車にサスペンションがあると何がいいかってことなのですが、乗り心地がよくなります。長時間走っても疲れなかったり、舗装の悪い道路を走っても手が痛くならなかったりします。
 その反面、推力を伝えるためのパワーロスが起こることがあります。自転車を漕いだ時の力が、サスペンションによって僅かながら吸収されてしまうのです。
 自転車に限らず、乗り物は動力から生まれた力をいかに効率よく伝達するかが鍵ですよね。
 そんなわけでこの「Loopwheel」はどれくらいのパワーロスが起こるのか気になりますが、記事のような小径車(タイヤの小さい自転車)には大きな恩恵になりますね。
 小径車のサスペンションはモールトンやKHSの自転車なんかが有名なんですが、どちらもフレーム構造から考えられたサスペンション機構です。だからその自転車独自のもの。
 対して「Loopwheel」はこのホイールさえ用意すればどのタイプの車種にもサスペンション機構を持たせることができます。
 まだホイールは大きさが1種類だけのようですが、これからの開発が楽しみなパーツですね。リアハブは形状も含めもっとバリエーションが必要ですが、フロントはこのまま製品化してもいけると思うし。

 折りたたみ・小径車が好きな方。
 変わったパーツが好きな方。

 東広島道場でお待ちしております(笑)

 おまけのご近所さんシリーズ。
 プチバラ祭り状態です。
その他バラ


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━‥……・・・ ・ 
 
         腰痛肩こり関節痛には
        整体でもマッサージでもなく
          筋整流法 東広島道場

 ・ ・ ・・‥……━━━━━━━━━━━━━━━━

←ランキング参加しました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

KenbikiNeko

Author:KenbikiNeko
腰痛・肩こり・頭痛・関節痛なんでもござれ。
東広島の腱引き屋です。
猫が好き。自転車いじりが趣味。

ランキング参加しました。
カテゴリ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる